Profile
最近の日誌
月別日誌
カテゴリー
皆様の声
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2018.11.15 Thursday
11/23(金) 金沢市 beat hall「アコースティックライブぶり祭り」

 

 

※写真はイメージです

 

 

 

 

2018年11月23日(金)

「アコースティックライブぶり祭り」

 

開演:18:00

 

入場料:当日1,500円(1ドリンク付)

 

捜査現場:カフェビート 2F beat hall
     石川県 金沢市古府町西113
      ⇒ カフェビート 2F beat hall Facebookページ

 

出演
箱木笛音[はこぶね]
むらりん
第七警察

 

 

 

 

 

 

 

捜査終了後の打ち上げは

 

とり野菜鍋 と ぶり解体実演!!

 

参加費1,500円でなんと!
鍋とぶりのお刺身を堪能できます!

そちらだけでも楽しみにして、是非捜査協力をお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

捜査現場で待ち受ける

 

ぶりの解体事件予告!

 

第七警察は凄惨なぶりのさばきを

 

防ぐことができるのか...!?

 

(おそらく、できません。)

 

 

 

 

 

乞う、ご期待!

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査予定 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.11.12 Monday
冬支度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | MOKUSHIVISION・デジカメ刑事の撮影日誌 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.10.13 Saturday
It’s About Time / CHIC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CHIC

「It’s About Time」

(2018)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CHIC

「CHIC」

(1977)
| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.10.10 Wednesday
捜査日誌 10周年

 

 

 

 

 

                                   書:光誉祐華

 

 

 

 

 

本日2018年10月10日付けで

第七警察オフィシャルブログ「捜査日誌」は

10周年を迎えることができました。

 

 

 

 

これもひとえに日ごろから

捜査現場で

当捜査日誌上で

はたまた場所を変えてのSNS上で

第七警察を応援していただいている

捜査協力者の皆さんのお力添えに他なりません。

日誌上からではありますが

厚く、熱く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

捜査日誌10周年に続いて

来年はいよいよ捜査活動15周年を迎えます。

 

 

 

 

大きな節目を迎えるにあたって

全く画たるものはない現状でありますが

引き続き捜査協力者の皆さんの

温かいご支援を賜りたく

署員社員一同

(一人だろ、とかつっこんでください)

地道ながらも捜査活動に励んでまいりたいと思いますので

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

2018年10月10日

 

第七警察

 

 

 

 

 

 

 

 

当日誌10周年にあたり

かねてから信仰ならぬ親交のある

光誉祐華様から

記念の書を寄贈いただきました。

(本当は一方的にお願いしました。)

厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.28 Friday
calling...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影:→まさしさま←

 

 

 

 

 

 

→まさしさま←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | MOKUSHIVISION・デジカメ刑事の撮影日誌 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.23 Sunday
model 第七警察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデル・第七警察の写真が見られるのは

 

富山市ガラス美術館5Fで開催中の

 

「とやまポートレート展 vol.2」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お時間ある方は是非、足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.21 Friday
moss star

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | MOKUSHIVISION・デジカメ刑事の撮影日誌 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.20 Thursday
とやまポートレート展 vol.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしも足を運んでみます。

 

お時間ある方はぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | MOKUSHIVISION・デジカメ刑事の撮影日誌 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.19 Wednesday
楽曲で巡るYMOサウンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買いました。

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.18 Tuesday
cluster amaryllis

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | MOKUSHIVISION・デジカメ刑事の撮影日誌 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.07 Friday
明訓四天王よ、永遠なれ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドカベン」シリーズ最終巻発売記念

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.08.31 Friday
8/15(水) 名古屋市 DAYTRIVE 「ほがらか2018夏」【打上・観光編】

 

 

 

2018年夏、


ぼくたちは誰よりも

 

ほがらかだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の夏を締めくくる名古屋での管轄外捜査。

 

 

 

ほがらかな熱気に包まれ、無事終了した山本新主催の「ほがらか2018夏」

 

 

 

 

 

 

 

腰痛をおしての捜査だった第七警察、

大難なく捜査を終え、ホッと一息をつき後片付けもそこそこに済ませ、あとは打上げを待つばかりであった。

 

 

 

 

 

 

YAZROCKETTの2人とDJ Legi が翌日の予定もあり参加できないとのことで

山本新、お遊戯タイムズ、No.305、ユーキ、そして第七警察で打ち上げることとなった。

 

 

 

 

 

夜もふけ込んでいたため、捜査現場近所の居酒屋もラスタオーダー間近で断念、歩いてほど近い鳥貴族を会場に打上げる!

 

 

 

 

 

ちなみにそこそこ疲れていて、とっとと酒にありつきたかったためここまでのくだりから鳥貴族店内での模様を記録した現場写真などは一切ない。ご容赦のほどを

 

 

 

 

 

打上げではおのずと音楽談義...いろいろ語り合ったが...

 

 

 

 

 

 

詳細は覚えていない(汗)。

だが、楽しかった!

それだけは確かなのだ!!

 

 

 

 

 

日本のミュージックシーンの未来を熱く語るうち(イメージ)に、時間はあっという間に過ぎ去り、鳥貴族をあとにしなければならないことに!

(店を変えようと誰かが提案したのか、はたまたラストオーダーを過ぎての退店だったのか、全く記憶にない。)

ユーキは一足はやく宿へ帰っていった。

 

 

 

 

 

 

 

こうなったらもう

 

朝までオレたち、

 

ミュージシャン!

 

 

 

 

 

 

などとは、誰一人叫んでいない。心意気を文章化したまでである。

 

 

 

 

 

そんなわけで

 

 

 

 

 

何年ぶりのカラオケへ。

 

 

帽子はお遊戯タイムズのおにいさんから拝借...。

時計の針は記憶定かではないが(コレばっか...苦笑)、すでに午前2時はまわっていたであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

時間なんか、気にすんでねえ!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ばかりに歌う!第七警察!!

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは挨拶がわりに、いきます。

 

 

 

 

 

 

WANDS 「時の扉」

(じ、自分で自分にウットリ...するなんて...)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時の扉叩いて、ここから今飛び出そう

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにもカッコよすぎて...見てくれ、コレ。

DJ り・ぼ・んもオレにメロメロさ。

(書いていて恥ずかしくないのかって?ちょっとだけ恥ずかしいよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、酒におぼれた末のカラオケではあったが、ひさびさのカラオケ、それも捜査後の共演者とのカラオケ(初めてかも)とあってテンションの高まる第七警察!

ここぞとばかりにウケ度外視の「唄う機会のなかった唄いたかった歌」「ここでちょっと唄えるかチェックしたい歌」を中心にオールディーズを唄いまくる。

 

 

 

顔は笑っているが目が死んでいる...醜い...。

 

 

 

 

 

楽しい時間はあっという間に...気がつけば朝方!!(笑)

眠気を知らないオレたち、気がつけば空は白み始めていた。

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ帰ろう。

 

 

 

 

 

 

 

遅すぎる帰巣本能に駆り立てられ、カラオケをあとにする。

B'zを唄えなかったことは残念だが、ステージ以外での共演者たちの歌声を聞けたのはなかなか貴重な体験だった。

長年付き合いのある山本新のカラオケを耳にできる機会も今後あるかどうかわからない。

楽しくも貴重なひと時であった。

 

 

 

 

 

 

推定、明け方5時台。

宿に到着。

こんなにすがすがしく、眠いことはかつてあっただろうか?

いや、あったかもしれない。

とにかく明日...じゃない今日、あと3時間ほどでまた起きなければならない現実に恐怖を覚えながらも「3時間も眠れる。」とポジティブシンキングするまでもなく泥のように眠る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月16日 8:00ごろ起床

 

 

 

 

 

 

 

 

夜更かしをしても

 

寝覚めがすっきり

 

早起きがオレの自慢

 

(オッサン刑事のテーマ「オッサンノヴァ」より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい。

 

この日はなんぼなんでも

 

ねむい。

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、山本新からのモーニングコールがオレを覚醒へと導く。

 

 

 

 

 

 

「大須観音、行っこうずぇーい、イェイ」

 (当時の私のテンションをかなり脚色したイメージです。)

 

 

 

 

 

 

 

あの山本新の誘いとあらば、断るわけにはいかない。

身支度を整え、ほど近い山本新の宿へと向かう。

(実際は、前日に大須観音観光を山本新にほのめかしていたためであった。)

 

 

 

 

 

 

 

 

マイカーで名古屋入りしていた山本新!

霊験あらたか(?)新(あらた)カーに乗り込み、いざ大須観音へ向かう!

 

 

 

 

 

 

 

昨夜の捜査現場「DAYTRIVE」近所の謎の鳥獣店を激写!

 

 

伝書鳩だと思われる鳩を取り扱っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やって参りました、大須観音

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは間違いなく霊験あらたかな大須観音を拝観。

お線香も灯し、あとにする。

 

 

 

 

 

 

その後は商店街をいろいろ散策。

活気ある商店街は眺め歩くだけでも十分楽しめるのである。

 

 

 

 

 

DJとして覚醒した山本新、中古CD&レコードショップのチェックに余念がなく、この日は商店街で見つけた中古CD&レコードショップを3、4軒ハシゴ。

第七警察もつられてお宝CDを漁る。いや、実は自分も入りたかったんです、ハイ。

 

 

 

 

 

 

なんだかすごい、都会のお寺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰得?何目的?の防弾コーティング!?

 

 

 

 

 

 

 

都会はスゲーなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

条件反射です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいですね、落ち着きます。

こういう味のあるお店(これはおもちゃ屋さん)は逆に地方では消えつつあります。残念なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

とまあ、ぶらぶら商店街散策するうちに時計の針も進み、お昼。

第七警察は午後早々に金沢へ発つため、駆け込みの昼食(ラーメン!)をとってから駅前のバスターミナルへと山本カーで送ってもらう。

 

 

 

 

 

 

 

名残惜しくも、駆け足気味で山本新と別れる。

いずれ、また会う日まで。

 

 

 

 

 

 

帰りのバス車内で気になるのはやはり甲子園。

隣県・富山代表の高岡商業高校が大阪桐蔭高校と熱戦を繰り広げている様子をスマホでチェックしながらの道程。

結果は惜しくも高岡商業の敗退であった...残念!

 

 

 

 

 

 

金沢中心市街地に到着したのは19時ごろであったであろうか。

捜査本部(=自宅)で夕食を準備する気力もないので、「宇宙軒」で夕食。

 

この日の気分は野菜炒め定食。

ご飯はもちろん大盛だ。

 

 

 

 

 

 

 

甲子園観戦と間をおかずの捜査であったが、懸念された腰の不具合もさしてなく無事に名古屋の管轄外捜査終了。

今回の捜査も良き音楽仲間と知り合えたことが何よりの収穫。

 

 

 

 

 

 

過去の事件簿にまたひとつの記録。

 

 

 

2018年、ほがらかな夏の日の出来事。

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.08.31 Friday
8/15(水) 名古屋市 DAYTRIVE 「ほがらか2018夏」【捜査編】

 

酷暑甚だしい2018年夏、

巷のうだるような熱気とはちぐはぐなタイトルのイベント。

 

 

呼ばれて参上、第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

出動!!

(ひそかに腰痛です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

3月の金沢捜査から5ヶ月ぶりの捜査。

今回もお世話様の山本新の出動要請を受けての管轄外捜査。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても5ヶ月間、一体なにをしていたのか...?

 

 

 

 

 

 

 

やかましいわ!

(特にボケも見つからず)

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけでここ最近多い関西の管轄外捜査から

うってかわっての約10年ぶり(後述)の東海は名古屋での捜査。

 

 

 

 

 

 

 

電車だと乗り継ぎが面倒そうなので、直通でサクッと向かえる

高速バスで名古屋へ。

 

 

街中のバス乗場から現場へ向かうのは初めてではなかろうか。

少々の新鮮味を感じつつ、朝8:00台のバスに乗車。

まったく混んでいない、快適でよい。

 

 

 

 

 

 

 

お盆終盤ではあったがほとんど渋滞もなく、昼には名古屋入り。

 

 

 

 

 

 

 

腰痛を抱えながら、何を考えたか名古屋駅前から捜査現場の新栄まで徒歩で移動。

時間も余裕があったので...45分なら歩く。コレ基本。

(しかしながら、腰痛です。)

 

 

 

 

 

無礼千万な主観を語ると、名古屋の街はどうもシティナイズされすぎているというか、シュッとしたビジネス街然しているように感じていて物見遊山(目移りする景色)好きの第七警察としてはあまり琴線に触れない街なのである。

ユーキさんに怒られそう。

 

 

 

 

メインストリートの街並みよりも枝道(?)の商店街がいろいろ個性的。

 

 

う〜ん

 

 

 

 

 

 

絶対こうなるよな。

(脳内フラッシュバック)

 

ちなみに球体は博物館のプラネタリウムらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ...

 

 

 

 

 

 

 

もう、ユーキしか連想しない...。

(後述します。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻の手羽先の世界のやまちゃんにあちらこちらで遭遇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう有名みたいですね。(ノングルメの第七警察。)

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなのでテレビ塔だけはパチリと。

(構図づくりに気持ちがこもっていません。)

 

 

 

 

 

 

 

この日の宿にチェックイン、とルート検索していると前述した

10年前の捜査現場「TIGHT ROPE」を見つけ、せっかくなので

思い出にひたるべき寄ってみることに。

 

ピンクの文字の看板ですね。

 

 

 

 

うわ〜、なっつかし〜

...とかはなく...。

昼間だったせいと、エントランスが地味にスラム(失礼!汗)な感じで感傷にふけることもなく過ぎ去る。

ちなみにほぼほぼ10年前の捜査の模様はコチラ

→ 10/17(金) 名古屋 栄 タイトロープ 「魔ゼルな規犬企画」

 

記念すべき(?)、本日誌の「過去の事件簿」第1号の捜査でありました。

 

 

 

 

 

 

と、いろいろ立ち寄りつつも時間をもてあまし、名古屋にやってきてもBOOK OFFで中古CDを漁る第七警察。

特にうれしい押収品も得られぬまま宿へ。

 

 

 

 

 

 

宿の真横にホストクラブ。

都会はさすがに違う。

 

 

 

 

 

宿にて休憩し、いよいよこの日の捜査現場「DAYTRIVE」へ!

 

 

 

 

 

 

よい意味での荒々しい雑雑しいエントランスを抜け、ホールへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既に会場入りしていた山本新、ユーキ、YAZROCKETTと久々の再開、熱い抱擁を交わす。

(イメージです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

リハーサル・顔合わせも済ませ、いよいよ始まる...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほがらかな、夏。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ほがらかにまいりましょう。

 

 

 

 

 

 

18:00開場、すでに数名の来場客が開場を待ちかまえている。

 

 

 

 

 

 

開演までのDJはこの男、DJ山本新。

 

この日デビュー(だったか?)のDJ山本新。

初めてとは思えぬ手つきでスピンし、モニタリング。

オレだって、いつかはDJ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほがらかな夏の先陣を切るのはこの男。

 

No.305

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビート主体の打ち込みトラックをバックに、日常のあんな事や巷にあふれるあの言葉をストレートにストイックに、そしてコンパクトに容赦なくたたみかける超絶独特なライブ!

公序と良俗のギリギリを、エッジを利かせ、歌を聞かせるNo.305(なんばーさんまるご)。

善意が大半を占める第七警察には冷や汗ギリギリもんの言葉の狂喜乱舞にこの時また思う、

「世の中は広い、いろんな人がいる」と。

 

 

 

 

 

 

良くも悪くも、ほがらかさゼロのNo.305に続くのが...

 

 

 

 

 

 

お遊戯タイムズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お遊戯タイムズとは、たなか(おねえさん)、せきね(おにいさん)からなる、日本のお遊戯ユニットである。

(お遊戯タイムズ YouTube説明文より勝手に抜粋。)

 

ポップなエレクトロサウンドと動画をシンクロさせた新感覚ユニット。

80・90年代のオマージュを感じる世界観、

おにいさんの嬉々迫るハイテンション感、

おねえさんのキュートな親近感がカラフルにせめぎ合う。

今度会うときのステージ衣装はブルーとピンクのスモック姿を是非に希望する。

あと、どうしても脳内で赤ちゃんプレイする二人(ないしは自分)を妄想していたことをここに記しておく。

もちろん、実際はそんなプレイはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまたせしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうぜす、あざすぜす。

(変なおじさん風。)

 

 

 

 

 

 

 

第七警察!

 

 

山本新のツイッターつながりだというカメラマンを心の中で勝手に鑑識課に任命、激写していただいた現場写真を列挙。

 

 

 

 

 

DJ・山本新のTMN「LOVE TRAIN」に送り出され、10年ぶりの名古屋管轄外捜査開始!

 

 

 

 

 

 

カメラ目線ですね、さすがですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

黒電話が鳴りました。これはヤバイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

デスメガネですね。ここでも出ましたね。

10年ぶりの登場にお客さん、怖がって泣いていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように捜査を行ったものの...

 

 

 

 

 

 

 

この日、ボクは腰痛だったんだ。

(今もね。)

 

 

と、宣言すると腰を気にしながら弱弱しくも力強く熱唱するこのおじさんを応援したくもなるよね?

これからもよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛、はやく治そ!

 

 

 

 

 

 

 

 

腰に抱えた爆弾をなんとか不発のまま捜査をやり過ごした第七警察を待ち受けていたのは...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信濃の電気巨人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーキ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のっけから中毒性高し。

 

 

 

 

 

 

 

 

キラリ光る汗が、まぶしいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾張七代藩主・徳川宗春

(※注 曲名です。)

 

 

 

 

 

 

 

とぉおくぅ

 

 

 

 

がぁあわぁ

 

 

 

ん...

 

 

とくがわむねはるっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申し訳ないですが、

わかる人だけが楽しめる世界が、あります。

 

 

 

 

 

 

 

必死のラテンナンバー「おやきサンバ」

 

 

 

どこまでもほがらかに

 

 

 

ユーキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の上昇しきった心拍数を下げんとばかりに会場の雰囲気をガラリと変える、

DJり・ぼ・ん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワシもあまり聞かないP-MODELとか、80'sレトロテクノPOPを流すDJり・ぼ・ん。

プレイ中の曲もハイテクに誇示する。

おっさんはもう、ついていけないよ。

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに、ステージに組み上げられたツインシンセ...

 

 

 

 

 

 

 

となれば登場するのはこの二人...

 

 

 

 

 

 

YAZROCKETT

 

 

 

 

 

 

Yaz

 

 

 

HIGHRA

 

の、二人からなるエレクトロニックロックユニット・YAZROCKETT!

 

 

 

 

 

 

この日も壮大かつ幻想的な映像をバックに二人の奏でるツインKROSS&ボーカルが冴える!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイポジションのトリル×唸るピッチベンド!

 

 

 

 

 

 

 

映像と演奏が合まって客席のボルテージも高まる!

洗練かつツボをおさえた楽曲とそれを支える確かなプレイ!

私も15年前にこうしたプレイスタイルに開眼すべきだったのだ。

だが、時すでに遅し!

しかし、後悔は...少しだけあるが、それほどはしていない!

 

 

 

 

 

 

 

 

ほがらかな夏は、まだ終わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほがらかにトリを努めるのはこの男...

 

 

 

 

 

 

 

山本新

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「tion tion」ではハーモニカも披露の山本新!

 

 

 

 

 

新曲「ほがらか大根」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イソフラボカーン

 

 

 

 

 

 

 

「ほがらか2018夏」の主催者であり、この日堂々のトリを努めた山本新。

彼の類まれなる運動量のステージを見て第七警察はあらためて思った。

 

 

 

 

腰って、大事だわ。

 

 

 

 

会場のボルテージをギリギリまで引き上げながら、さらなるアンコールに応える山本新!!

アンコールでは、なんとお遊戯タイムズの二人が加勢しての「ジンジャークラスター」!

 

 

GIN!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくたちのほがらかな夏は

 

おわったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ後は販売ブースが賑わいました。

 

 

 

 

 

 

ライブ終了後、まだ余熱のあるフロアを冷ますまいとナイスな曲で温めるのはDJ Legi。

 

 

この日はフライヤーの写真とはルックスが全く違っており、最初は気づきませんでした。すみませんでした。

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに、一人、また一人と来場客も帰り

 

 

 

 

 

 

DAYTRIVEは静寂に包まれた

 

 

 

 

 

 

「ほがらか 2018夏」はひっそりと幕を下ろし、この事件簿は...

 

 

 

 

 

 

 

「ほがらか2018夏」

 

【打上・観光編】

 

 

 

 

 

 

へと続く...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.08.30 Thursday
WHITE LACOSTE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.08.23 Thursday
大甲子園

 

小学生のころに出会った水島新司著の野球漫画「ドカベン」、

そしてその後、知ることになった水島野球漫画の集大成的作品「大甲子園」

 

 

 

本格的なスポーツに打ち込むこともなかった私だったが、

「ドカベン」「大甲子園」という作品を通じて野球(漫画)のおもしろさを

知ったことは間違いない。

そして、「甲子園」という高校野球の頂点たる舞台を

自分には縁遠い存在とは思いつつ、いつかは行ってみたい聖地のように

思い続けていた。

 

 

 

 

そして時は流れ、齢を重ねた今年、2018年。

夏の甲子園こと「全国高校野球選手権大会」は第100回という記念すべき年を

迎えたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

また今度でもいい...。

 

 

 

 

 

 

なら、いまでいい!

 

 

 

 

 

 

というわけで、長年温めてきた聖地への発作的衝動に駆り立てられ、

(第100回だから、というミーハー的動機が多分に。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察、甲子園へ!!

 

カキーン! ズワァァァァァァ

(↑効果音(打撃音&歓声))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで、

まいりましょうか、熱く、そして長い甲子園への道を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園へ向かったのは12日(日)

郷里石川県代表の星稜高校の2回戦が開催されるとあって、

この日に行かずして、なんとすると息巻く。

 

 

 

 

 

 

 

昨今の甲子園の盛況(混雑)ぶりはかねてより耳にしており、

この日もお盆ど真ん中・日曜日という当り日程の予感。

 

 

 

甲子園の混雑予想...と

この記事掲載時に気づいたが、よく見ると「甲子園」ではなく

「甲子園駅」の混雑予想...。

後述するが、甲子園そのものの現場はこの“やや混雑”どころではない様相であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園の入場に至るまでの混雑の模様だが、

ネットによれば地元の人が始発電車で甲子園に向かっても

入場できない日もあるとかいう、にわか客泣かせな情報も...。

だが、私は泣かずに覚悟を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

夜中から並ぼう。

 

 

 

 

 

 

 

独り身の軽々しさを最大限に活用。

そうと決めこんでの道程は、というと...

 

 

 

 

 

 

車で現地入りすれば駐車料金の高騰が目に見えているのと

運転疲れが予想されたので、ここは公共交通機関で。

 

 

 

 

 

 

 

2018年夏、

私が選択した甲子園への道、最良手は...

 

 

 

 

金沢駅発(ローカル線)

  ↓

加賀温泉駅発(バス)

  ↓

天王寺着・夕食

  ↓

JR西宮駅前漫画喫茶 泊

  ↓

午前4時 甲子園球場到着

 

 

 

 

 

どうだ!!!!

 

 

 

 

 

 

これならイケる。

絶対、入れる。

このときの私は大差の得点で九回裏を迎える守備側野球部監督のような

勝利を確信していた。

(だが、その確信は一転、逆転ミラクルな絶望にも近い恐怖に変わるのであった...)

 

 

 

 

 

 

 

いざ、甲子園へ。

 

 

およそスポーティ感ゼロのルックス、意気だけ揚々。

(いちおう陽射し対策でオフホワイト仕様)

 

 

 

 

 

 

金沢駅発のローカル線に揺られること約1時間、

生まれて初めての加賀温泉駅で下車。

その後、高速バスに乗り込む。

 

 

 

 

 

 

お盆真っ只中とはいえ格別の渋滞もなく大阪は天王寺へ到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月11日(土) 20:30

天王寺

 

 

 

 

ここで腹ごしらえと通天閣でお馴染みの新世界へ。

 

 

 

グルメの聖地(と思いこんでいた)・新天地

わたしの空腹を満たす、明日への活力へとつながる

美味いラーメン屋を...

探せど、探せど、あるのは

 

 

 

 

 

串カツ屋、串カツ屋、串カツ屋!!!

(バース・掛布・岡田、風...意味わからない人はすみません。)

 

 

 

 

 

 

 

これでもかと、串カツ屋!

大阪の人はどれだけ串カツを消費しているのか?

串カツシンパシーゼロの私にとっては賑やかな生き○獄の様相。

(その後、不承不承入ったひなびた場末の中華屋で不本意なラーメンを食す...泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園以外眼中にない私、

この日はいかなる観光名物ランドマークも単なる建造物。

アベノハルカスを横目に西宮へ向かう!

 

 

 

 

 

 

 

 

西野宮駅に無事到着。

事前に調べておいた駅前の漫画喫茶で仮眠をとるべく

ドラッグストアでアルコールを仕入れ、

人生2回目の漫画喫茶へ、いざ!

 

 

 

 

 

 

 

個室、まさかの満席!

 

 

 

苦渋の選択で一般シート席で睡眠導入剤(=アルコール)を注入!

だが、興奮しているのか、眠れない(笑)!

 

 

 

しかし、漫画喫茶。

私が入店してから以降も続々と来店し、空いていた席もあっという間に満席に。

お金を払って漫画を読むという暇つぶしが日常生活にない私には驚きの実態。

 

 

 

 

23時過ぎから都合、3時間少々...

結局寝付けずに漫画喫茶を出て西宮をあとにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は

8月12日(日) 2:30 

(ぐらいだったと記憶する。)

 

 

 

 

 

 

いざ、甲子園球場へ!!!!

 

 

 

 

 

距離感のわかる人にはアホの極みだと思うが、

何を血迷ったか西宮駅から甲子園まで徒歩で向かう。

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、45分ほどの道程...

辛抱たまらない、というほどではないと判断。

(腰痛を抱えつつ...汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

寝静まりかえった真夜中の住宅街をひた歩く。

少々蒸し暑いが、時折吹く夜風が心地よく。

 

 

 

 

 

 

そして、ついに到着...!

 

 

 

 

 

 

 

 

阪神甲子園球場!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

そのとき、信じられない光景が....!!!!

 

 

 

 

 

 

 

眼前に広がる、

阿鼻叫喚の○獄絵図!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月12日(日) 3:30

阪神甲子園球場前 

 

 

 

 

 

 

あんたら、

 

いつから居んの?!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

予想を凌駕する当日入場券待ちの列(大汗)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとまて、

今、夜中の3:30ですよ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

地元衆が始発で向かっても間に合わないよ、どころじゃないこの様相!!

確かに、この12日は広陵高校、仙台育英高校など有名校のカードが軒並みであったが...

 

 

 

 

 

 

 

正直、着いた!という感動より

「やばくない?」という驚愕にも似た焦りで狼狽するニワカ田舎野球観戦者、オレ。

 

 

 

 

 

 

気分を落ち着かせるため球場を巡回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち着きをとりもどしたつもりで、もう恥じも外聞もなく警備員に内野自由席の列の場所を聞き、向かう。

 

 

 

 

 

案内された15番ゲート付近、順番待ちの列最後尾付近で警備員が叫ぶ...

 

 

 

 

 

「えー、ここに今から並んでも入場できないつもりでお並びくださーい。」

 

 

 

 

 

 

 

え?

(注:私以外の人もみんな(苦笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警備員、

 

アタマ、イッっちゃってる?

(注:これは私だけ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自問自答して言い聞かせる。

「まてまてまて、入場できない“つもり”で、って言ってたよな?ウン。“つもり”ってことは、つまり、その“できないこともあり得る”って解釈ができるよな?可能性ゼロ、じゃないよな?そうだよな?」

 

 

 

 

 

 

と、いうような言い気かせを自らに課し、私も含めたここの人々は並んだに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにもビビりすぎて暇つぶしに持ってきた本を読書する余裕すらなく、刻々と時間が過ぎていく...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして空も白みかけ、6:30近くだったであろうか...

ついに列が動き出した!!

 

 

 

 

い、いけんじゃあないのか?

 

 

 

 

徐々に正面の当日券発売所のほうへ進むにつれ、警備員のアナウンスが。

どうやら7:00すぎから当日券を発売開始するらしい。

 

 

 

 

 

 

高速道路下をくぐり、ようやく甲子園駅前まで。

このあと、向こう側で折り返して球場側(背中側)へ!(泣)

列は、たしかに進んでいる!進んでいるんだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに入場券販売窓口が見えるところへ!!

 

 

 

 

 

 

いけるだろ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおお!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、

 

ウソでしょおおおおお(泣)!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬおおおおおおおお(号泣)!!!!!

 

 

 

 

齢四十を越え、ついに憧れの大甲子園への切符を手にした私。

(注:観客として、です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校球児たちの熱き闘いの大舞台へついに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の第3試合、星陵高校 対 済美高校。

劇的な試合展開の連続。

同点延長のタイブレークの末、済美高校が逆転満塁ホームランで勝利。

地元・星陵高校が敗れたことは残念だったが、

両校の歴史的な名試合を間近で観ることができた、このうえない一日となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の頃から夢見ていた甲子園。

一度でいいから足を運んでみたい、その夢をようやく叶えることができた。

 

 

 

目の前で繰り広げられる球児たちの熱いプレーはもちろんだが、

その背景に広がる、本当に美しい芝生、澄んだ青空、真っ白な入道雲、吹き抜ける浜風、

すべてを体感したこの日、甲子園、高校野球が人々の心を掴んでやまない理由が確かにわかったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

球けがれなく

 

道けわし

 

 

 

 

 

高校球児たちの闘いはこれからも続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |