Profile
最近の日誌
月別日誌
カテゴリー
皆様の声
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2019.05.16 Thursday
2019/6/29 七尾市 FREEDOM2「そらまんっでたのしいわいぶやわいね!!」

 

 

 

 

 

2019年6月29日(土)

「そらまんっでたのしいわいぶやわいね!!」

 

捜査現場:FREEDOM2

     926-0175 石川県七尾市和倉タ1−1

     TEL:0767-57-5781

     mail:basetofreedom2@gmail.com

     FB:https://www.facebook.com/pages/cafeGH-BASE-TO-FREEDOM/309215002423185

     amebablog:http://ameblo.jp/funnythings

     twitter:basetofreedom2

 

開場:18:00

開演:18:30

 

入場料:前売 ¥1,000 (+1ドリンクオーダー)

    当日 ¥1,500 (+1ドリンクオーダー)

 

出演

エイトMAN

HEARTBURNER 

第七警察

 

 

 

 

 

 

 

捜査活動15周年の年にこれまた縁のある七尾での久々の捜査!

 

 

 

 

オーナーとは十数年来の縁もある、捜査現場「FREEDOM2」。

 

 

 

共同捜査を行うのは、

金沢を中心に活躍中の新進気鋭のシンガー・エイトMAN!

https://ameblo.jp/raga8man/

https://www.facebook.com/88rcd/

 

 

同じく金沢の暴れん坊バンド・HEARTBURNER!

https://twitter.com/HEARTBURNER415

 

 

七尾の初夏の夜を熱く盛り上げるべく、

捜査協力よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査予定 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.05.06 Monday
令和初捜査 捜査協力御礼

 

 

 

 

昨夜は令和となっての初捜査、

金沢市のBESPAで開催された「BESPA GOLDEN LIVE」のトリを

務めさせていただきました。

いまさらながら恐れ多いブッキング、マスターありがとうございました!

 

 

 

温かく見守っていただいた出演者の皆さんと

捜査協力いただいた捜査協力者(=観客)の皆さんも

本当にありがとうございました。

 

 

 

令和初捜査、内容はまたもや捜査ミスが発生してしまい

口惜しい出だしとなってしまいましたが、気を取り直して

新時代も捜査を行っていきたいと思います。

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.05.04 Saturday
令和元年 初捜査

 

第七警察 捜査活動開始15周年 捜査第4弾は

令和元年初捜査です。

 

 

 

 

 

2019年5月5日(日)

「BESPA GOLDEN LIVE」

 

捜査現場:best style pub BESPA

                  CLICK HERE ⇒ best style pub BESPA

 

開場:18:00〜

 

入場料:¥1,500 (1ドリンク付)

 

出演

むろっきぃ

Sumi

クラーズ

YECCA VECCA

第七警察

(出演順不同)

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.05.02 Thursday
令和元年5月2日 神宮参詣・天岩戸

 

 

令和元年五月二日

 

 

神宮参詣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげ横丁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇大神宮

(内宮)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五十鈴川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奉祝舞楽

振鉾えんぶ萬代舞よろずよまい萬歳楽まんざいらく長慶子ちょうけいし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇治橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五十鈴川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猿田彦神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐瑠女神社

 

 

御祭神・天宇受売命(あめのうずめのみこと)は

天照大御神を「天の岩戸」から出そうと舞い踊ったとされる神様

芸能成就の神様として祭られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天の岩戸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.05.01 Wednesday
令和元年5月1日 神宮参詣

 

 

 

 

令和元年五月一日

 

神宮参詣

 

 

 

 

 

 

 

 

皇大神宮

(内宮)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊受大神宮

(外宮)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月夜見宮

(つきよみのみや)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倭姫宮

(やまとひめのみや)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月読宮

(つきよみのみや)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊雑宮

(いざわのみや)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀧原宮

(たきはらのみや)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | MOKUSHIVISION・デジカメ刑事の撮影日誌 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.04.30 Tuesday
サヨナラ、平成

 

 

 

今日、“平成”が終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分にとって

愛すべき“音楽”と出会い、

そして自分自身も“音楽活動”を始めた時代が

終わりを迎える、と思うと

多少なりとも感慨深くなるもので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“音楽”ができたという贅沢

 

 

 

 

“教授”こと坂本龍一氏がガンを患い、

復帰を果たした際のインタビューで

「音楽ができるというのは余裕があること」

と語っていたことを時々、思い出す。

 

 

 

 

同氏が“死”というものを意識し、

病床で考えたことは“音楽”のことではなかったそうだ。

おいしい食べ物、(死ぬまでに)読んでおきたい本...

 

 

 

明日も知れぬ命を思った時、

(そうでなくても常々)

“音楽”はなくてはならないものではない、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に置き換えれば

20代半ばから始めた“音楽”、

稚拙な趣味程度であれど

“音楽”ができたことは何よりも

贅沢なことであって

感謝すべきことだったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和や平成黎明期は

ごくごく限られた場所でしか

自己表現ができなかったアーティスト達。

 

 

 

 

 

それが今ではSNSに動画サイトと

活動の場は飛躍的に広がり、平成はまさに

アーティストたちの“承認欲求”が肥大化した時代。

 

 

 

 

 

ブログも、Facebook、インスタグラムもこんな風に

自宅に居なくとも、どこでも、だれにでも

24時間情報発信できる。

万人が自分のアカウントの“主役”

 

 

 

 

 

 

これからの“音楽表現のかたち”は

どうなっていくのだろう?

興味は持ちつつも

(恐らくついていけない。)

“便利さが不便利”にも感じる今の世の中、

あまり深入りせずに散歩していこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“言葉”で救われた。続けられた。

 

 

 

第七警察の初披露は

今から約15年前、

場所は今は無き石川県金沢市の

ライブハウス「ミニケルズカフェ」

 

 

 

まだ黒電話も無く、

今のスタイルには遠く及ばないものだったが

稚拙な“一人芝居”だけはこの頃から取り入れていた。

 

 

 

だが、正直な話

コントや漫才ほどもおもしろくもない一人芝居、

真剣にライブをしている他の共演者に怒られるのではないかと

戦々恐々としていた。

 

 

 

 

“やってよかったのか”

ライブ後(この頃はまだ“捜査”とは言っていなかった)

なんとも言えない気持ちのまま

楽屋で後片付けをしていると、

上下革ジャンのおじさんバンドの一人が歩み寄ってきた。

 

 

 

 

“怒られる”

 

 

 

 

萎縮した私。

 

 

 

 

だが、おじさんの口から出た言葉はひと言、

 

“おもしろかったよ”

 

と。

 

 

 

 

安堵と呆気が

同時に降ってきた。

ほどなく、

“ああ、やっていいんだ”

と、目の前の靄が吹き飛んだ瞬間だった。

 

 

 

 

 

あの時、

革ジャンの

“キャロル”のようなバンドの

ちょっと怖いおじさんの

“赦し”がなかったら

第七警察は存在していなかった

かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

オレは、赦されたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

その日から

“かっこいい”

よりも

“おもしろい”

という言葉を欲する

第七警察の捜査活動が始まった。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

その現場となった「ミニケルズカフェ」の

初代マスター・酒井氏は

第七警察の前身時代、初めて“サイン”を求められ人物。

しがないアマチュアミュージシャン(今も)だったが

それはもうとても嬉しかった。

絶対に忘れない。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“音楽”を通じていろいろな人に出会えた。

 

 

 

 

いまだに頑張っている人(おまえもな)、

最近どうしているのかわからない人、

いろいろあるが、とにかく出会った人々に感謝。

 

 

 

 

 

音楽をやっていなかったら、

きっと出会っていなかった。

そう思える人たちがいることが何よりの宝であり

これまでの自分の人生の肯定理由ともなる。

(一方的感謝で情けない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉はいらない、

見つめ合うだけで、理解しあえるのは

ドラマや映画の世界。

 言葉を交わさない交流ツール全盛の時代だからこそ

人との出会いと、そこで交わす言葉を

大切にできるように

ありたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

時に楽しくもあり、

時に苦しめられたりもした

“音楽”と共に生きた

“平成”

 

 

 

 

 

 

 

代え難い楽しさと

 

なんともいえない虚しさを

 

胸に抱きつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サヨナラ、平成

 

 

 

 

明日からは令和

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新時代もまた平和な世でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.04.27 Saturday
2019/5/5(日) 金沢市 BESPA 「BESPA GOLDEN LIVE」

 

 

 

 

 

 

 

 

CLICK HERE ⇒ best style pub BESPA

 

 

 

| 第七警察 | 捜査予定 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.04.17 Wednesday
shower of cherry blossoms

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | MOKUSHIVISION・デジカメ刑事の撮影日誌 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.04.14 Sunday
THE RISE OF SKYWALKER

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青ロゴ...

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.04.01 Monday
新時代の幕開け

 

こんばんは、第七警察です。

 

 

 

 

 

本日、ついに発表された新元号“令和”

 

 

 

 

 

しっくりこなさは最初だけで、どんな元号でも同じでしょうね。

 

 

 

 

最近はなんでも第七警察捜査活動15周年に絡めるクセがありますが、

今回も例外ではなく(苦笑)、第七警察の節目となる年に

ひとつの時代の終わりと新しい時代の幕開けが訪れたこと、

これままさに...

 

 

 

 

 

単なる偶然。

(笑)

 

 

 

 

 

...と、吐き捨てたいことですが狙ってもできないことですので

署員一同、勝手に感慨深く思う次第であります。

 

 

 

 

 

15周年目の捜査活動もおかげさまでお声がけをいただいており、

こちらは人の繋がり冥利に尽きるなとつくづく思う次第であります。

 

 

 

 

 

夏には企画捜査も予定しています!

(!)

 

 

 

 

皆さんのお力添えで、第七警察捜査活動15周年が盛り上がることを

署員一同切に願っています!

(最後まで他力本願!)

 

  

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.03.31 Sunday
3/23 白山市 ライブスポット夕焼け 「A-Band with 紫乃のコラボナイト」【後編】

 

 

 

約10年ぶりのひょんなことがきっかけのA Bandの二人との再会を機に

捜査出動することになった第七警察!

 

出動した先は、現在はA Band with 紫乃 としてホストを務めている

マンスリーライブ企画「コラボナイト」!

 

プレイヤーとしても、シンガーとしても卓越したスキルを誇る三人に対し、格別の才もなく、一人よがって生きてきた第七警察!!

 

しかもこのイベントはホスト(つまりA Band with 紫乃)とゲスト(すなわち第七警察)とがコラボレーション(無論、音楽的に)をしなければならないという鉄の掟があったのだ!!

 

自ら楽器を奏でることができない第七警察に残されたコラボの術とは...!?

 

第七警察の心配をよそに始まる「コラボナイト」、

明らかに空気感の違いすぎるA Band with 紫乃 のステージが終わり、

ついに、第七警察がその登場の時を迎える!!

 

絶対的多数のA Band with 紫乃 のファンを前に、第七警察の捜査が、今始まる!!

 

 

 

 

 

A Band のキーボード・アズサの衝撃のパフォーマンス(前編参照)を目にし、

うろたえる第七警察を尻目にサクサクっとステージを降りてゆく三人!

 

 

 

 

「次は第七警察でーす。」

 

 

 

 

転換のBGMなどもなく、サラッと入れ替わりを図られ、焦る第七警察!

捜査現場(=会場)のA Band with 紫乃 ファンの不思議な視線が痛い!

いや...心地よい!?

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで始まった第七警察の捜査...

 

 

 

 

 

が、何を思ったのか(もう覚えてない)、

 

 

 

 

 

 

 

いきなり5分越え(だったと思う)の前説

 

...というか、ただ言いたいことをしゃべり放題しだす

 

第七警察!!

 

 

 

 

 

どうでもいいトークに耳を傾け、視線を送ってくれた

A Band with 紫乃 ファンの皆さんの寛容な対応に

胸を勝手に熱くする第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

やりきった感(もうすでに)を胸に、いよいよ捜査開始!!

 

 

 

 

 

スーツの、

 

 

 

 

 

メガネの、

 

 

 

 

 

おじさんのショーが

 

 

 

 

 

始まった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は約1年ぶり...かさえ忘れたくらいに登場!!

 

ケミカル刑事!!

 

 

この日もイカしたダンスチューン「マッドサイエンディスコ」を

熱唱!!

 

 

 

 

 

 

そして...

 

 

 

 

 

 

年始から吹き荒れる

 

第七警察 殉職の嵐!!

 

 

 

 

 

 

 

この日も、こちらも数年ぶりの登場、

第七警察イチの野生児・キリマンジャロ刑事が、

またもや宿敵デスメガネの狡猾な罠に陥り、

致死量の大量のカカオを含んでいるという

デスメガネ特製の缶コーヒー“デスプレッソ”を

美味しく飲み干してしまい...

 

 

 

 

 

 

 

キリマンジャロ刑事、

 

殉職!!!!

 

(あまりにも衝撃的すぎて、捜査協力者撮影の現場写真も無し。おーこわ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリマンジャロ刑事の鎮魂となるべく、

第七警察イチのベテラン・オッサン刑事が

自らのテーマ「オッサンノヴァ」を歌い上げる。

 

 

 

そんな悲しみの第七警察をよそに

捜査現場にまたもや無情の電話のベルが響き、

予定調査の恐怖・デスメガネも登場!!

 

 

 

捜査現場(=会場)のA Band with 紫乃 ファンも恐怖のあまり

声すら出せずにいたとか...

笑っていたように見えたが、あれはたぶん恐ろしすぎて

感情が180度ひっくり返ってしまったのだろう...おーこわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの日は今年に入ってからの過去2回の捜査で

ことごとく失敗を重ねた“KEEP OUT”テープも無事に張れ、

捜査最大の見せ曲「今夜はKEEP OUT」を高らかに歌い上げたのであった!!

あーよかった。

 

 

 

 

 

 

万感の思いを胸に、第七警察の捜査は終わった...

(↑もちろん、第七警察だけ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに、その時が訪れる...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A Band with 紫乃 が北陸をはじめとした

 

名だたるミュージシャンたちと

 

繰り広げてきたコラボタイムに...

 

ミュージシャンとは名ばかりの

 

第七警察がその傷跡を残す...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラボタイムにお送りするのは...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A Band with 紫乃 × 第七警察

 

 

 

オッサン刑事のテーマ「オッサンノヴァ」

 

捜査のテーマ「今夜はKEEP OUT」

 

 

 

 

 

コラボをするにあたって、

この日の2週間ほど前にA Band のトモさん、アズサさんとはミーティングを行い、

第七警察の上記2曲でコラボをすることになった。

 

 

 

 

 

 

打ち込みベースのトラック作りのため音源のみ、コード譜もなにもないところから

A Band with 紫乃 の3人は目を見張るべきアレンジワークとコーラスワークで

「オッサンノヴァ」「今夜はKEEP OUT」は普段の第七警察からは想像できない

楽曲へと変貌を遂げたのであった!

 

 

 

 

 

 

そして、この日の前日にはA Bandスタジオで4人でリハを。

(自分以外の)素晴らしい仕上がりにただただ感動した夜。

詳しくはコチラ ⇒ トモさんのブログ コシペ通信「捜査会議」

 

 

 

 

 

 

 

第七警察自らの力だけではまず成し得ないであろう、

みずみずしく、そして躍動感のあふれるサウンドに生まれ変わったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察は、思った。

 

 

 

 

この日のことを思えば

 

15年間、

 

一人で捜査活動を続けていて

 

それはそれでよかったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

この日の感動は

そんな思いを起こさせるのには

充分すぎた。

 

 

 

 

 

 

 

最高のアレンジ、最高の演奏、

そして最高のコーラスを背に歌うことができた

この日を忘れることは決してない。

 

 

 

 

 

 

 

アンコールの「もう恋なんてしない」(槙原敬之)も

高らかに歌い上げ、今度こそ正真正銘の万感の思いで

捜査を終えたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、

 

オレは一人じゃない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A Band with 紫乃 の皆さん、

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、捜査協力いただいた捜査現場の皆さん、

夕焼けのマスター・ノッポさん、スタッフの皆さんも

本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

物販もおかげさまで大盛況!(泣)

CDをお買い上げいただいた皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

あ、

 

 

物販のお手伝いをしていただいた紫乃さんのお母様も

重ねてありがとうございました!!

 

 

 

 

 

この日の模様を別の切り口で語っていただいた、トモさんのブログも

是非チェックを!

 トモさんのブログ コシペ通信「コラボナイト 第七警察」

 

 

 

 

 

 

 

最高の気分で迎えた打ち上げ、ノンアルコールビールもいつになく美味い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてA Band with 紫乃 と第七警察の

 

熱い熱いコラボナイトは幕を静かに下ろしたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜未明、

 

捜査現場の夕焼けに

 

ケミカル刑事の着用していた白衣が

 

遺留品として残されていたことが判明。

 

ケミカル刑事は

 

「着ていたことは間違いない。」と

 

一部事実は認めるものの曖昧な発言が多く、

 

署内では引き続き原因の究明に当たっている。

 

 

 

 

 

2019年に入ってから失態続きの第七警察、

 

その存続を危ぶむ声が...

 

 

 

聞こえてくることは、ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は第七警察捜査活動15周年、

これからもよろしくお願いいたします。

 

第七警察署員一同

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.03.31 Sunday
3/23 白山市 ライブスポット夕焼け 「A-Band with 紫乃のコラボナイト」【前編】

 

どうして呼ばれた、コラボナイト!

 

 

 

 

と、いうわけでひょんなきっかけから約10年ぶりに再会を果たした

A Bandのお二人からの出動依頼で、現在はA Band with 紫乃として

ホストを務めている「コラボナイト」で捜査を行うことに!

 

 

 

ジャンルというものにこだわれば縁のないA Bandのトモさん、アズサさんの

二人なのだが、金沢管轄だった以前には当時の共同捜査(=共演)がきっかけで

捜査協力もいただいていたり...お世話になっていたのであった。

 

 

 

 

その共同捜査はいつだったかと過去の事件簿をめくるも...

 

 

ない...(あっれ〜?)

 

 

というわけで、第七警察サイバー班が電脳捜査を行った結果、

こちらもお世話になっているユニット「らせん」のブログで発見!

↓コチラ参照。

 らせん歌、聞いてみ〜石川県金沢発ダークホース音楽ユニット〜

:オールウェイ新年会:石川県金沢市

 

 

 

2010年1月に初共同捜査...9年前のことですか...

いや、時間の経つのは早いと思いつつも遠い昔のことのようでもあり。

 

 

 

 

今年に入ってからの約10年ぶりの再会でありながら

二つ言葉で「コラボナイト」への出動依頼をいただいたトモさん・アズサさんには

感謝の至りであります!

 

 

 

 

 

そんな今回のコラボナイトの最大の課題(苦笑)は、

A Band with 紫乃 とゲストがコラボライブを行う、という点...(汗)

 

A Band with 紫乃は金沢を中心に活躍中の

ギター・トモ、キーボード・アズサとメインボーカル&パーカッション・紫乃の
三人からなるアコースティック・ポップユニット...である。

 

 

その

 

 

 

アコースティック美麗ユニット

 

A Band with 紫乃 と

 

クラブミュージック大好き

 

楽器弾けないひとりユニット(メガネ)

 

第七警察

 

 

 

が、どのように打ち解け合えるのか!?

 

 

 

 

 

という一点が唯一にして最大の課題だったのだが...

 

 

 

 

 

それは後述するとする...

 

 

 

 

 

 

そんなわけで紆余曲折(特にないけど)を経て、

やってまいりました「コラボナイト」当日。

 

 

 

 

 

 

 

向かうは初捜査現場「ライブスポット溜まりBAR 夕焼け」

 

 

ちょうど夕焼けどき、ええ按配の頃合に現場入り。

 

 

 

 

 

 

目耳にしたことのある音楽スポット(?)が軒並みひしめく、

白山市の音楽発信基地といったところか...

 

看板の空いているところに第七警察白山署を入れてください!

とは思っても言わない。(ここに書いたけど)

 

 

 

 

現場にはA Bandのトモさん・アズサさんが既に。

マスターのノッポさんとこれまた十に近い数年ぶりの再会。

久しぶりすぎて声のイメージが脳内で一致せず、

ひとりうろたえたりする...(汗)

 

 

 

 

 

身軽な第七警察がお先にリハ。

持ち込み機材も楽器ではない、という毎度のことながら

本当にこれでどうやってコラボを...

いや、オレには声(歌)がある!!

 

 

 

 

 

紫乃さんを迎えて、A Band with 紫乃

 

 

確かな演奏スキルと卓越した歌唱力・ハーモニー...

これが、これこそがほんまもんのライブや...!(汗)

 

 

わいはふと思ったんや..

 

このような方々と肩を並べて捜査(=ライブ)をしてええのか?

 

このような方々のファンの前で本当に捜査(=ライブ)をしてええのか?

 

うさんくさい関西弁はやめて、

とにかく疑念をいだくも、ただただ自問するだけで誰も(自分ですら)

答えを教えてはくれなかったので、そのうち考えるのをやめた。

いや、考えてなかったと思う。

 

 

 

 

そして、コラボのリハも無事終了!!

 

 

 

ええんやないかい?

う、うまくいくんとちゃいますの!?(汗)

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

コラボの練習は

 

前夜にA Bandスタジオで

 

1回しただけだぜ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

リハも終わり、ついに開場。

 

 

 

 

 

 

 

物販コーナーの毛色のコントラストがなかなか...。

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに、夕焼けから夜の帳も下り、

A Band with 紫乃 ファンと思しきお客様が続々やってくる。

第七警察...大丈夫かなあ(自他、2つの意味で)

 

 

 

 

 

 

いよいよ始まる...コラボナイト!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日トップはなぜだ..!!.

 

A Band with 紫乃!

 

 

こ、このままでは第七警察捜査後からのコラボの流れ必至!

喉が大丈夫なのか!? 心配いっぱいの第七警察をよそに...

A Band with 紫乃の美しいハーモニーが会場を包み込む。

 

 

 

 

 

 

 

メンバー自身はもとより、歌詞・メロディー・歌声(演奏)もまた三位一体。

 

 

 

 

胸を打つなあ...

第七警察が何度転生しようがたどり着けない極上のポップス。

時にやさしく、時に切ないそんなA Band with 紫乃のサウンド...

 

 

 

 

 

 

から一転の、この後の第七警察の捜査を思うとやはり身悶えるのであった。

 

 

 

 

 

 

この日は A Band with 紫乃の応援団長さんの誕生日ということで、

バースデータイムも!

 

 

 

 

 

ほっこりした気分の中、クライマックスに...

 

 

 

 

 

アップテンポのアンコール曲になるや...

 

 

 

 

 

第七警察の目の前で

 

想像を絶する光景が....!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

踊り狂い出す、A Band・あずさ(key) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客席を蹂躙する、A Band・あずさ(key) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビでも見ないよ、そんなポーズ...!!(汗) 

 

を決める、A Band・あずさ(key) 

 

 

 

 

 

 

ステージの奥でバンドサウンドを奥ゆかしく支えていた

A Band with 紫乃のキーボード・あずさが、突如として

 

ステージ上で踊り出し、

 

客席を走り出し、

 

そして、そして...あの第七警察でさえ捜査でしたことがないような

ポージングを決めたのだった!!

 

 

 

 

 

 

なんなんだ!?

 

 

 

 

 

 

いつもなの!?

 

 

 

 

 

 

 

たまたま今回だけなの!?

 

 

 

 

 

 

どうなの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

激しく狼狽する第七警察をよそに、A Band with 紫乃のステージ、終了!!

 

 

 

 

 

 

 

 

え!?

 

 

 

 

 

 

 

 

次は第七警察ですよ。

 

 

 

 

 

後編へ続く...。

   

    

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.03.25 Monday
捜査協力御礼

 

一昨日に白山市「溜まりBAR 夕焼け」で開催された

A-Band with 紫乃のマンスリーライブ「コラボナイト」に

お越しいただいた皆様、捜査協力ありがとうございました!

 

 

 

なんといってもこの夜は

A-Band with 紫乃の御三方の強力な支援(?)のおかげで

かつてない共同捜査(=コラボ)となりました!!

本当に感謝が尽きません!

ありがとうございました!

 

 

 

そんな尽きない感謝が満載(?)な「コラボナイト」の

捜査模様はまたこの捜査日誌の「過去の事件簿」コーナーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.03.23 Saturday
今夜はコラボナイト

 

さあ、今夜はいよいよ「コラボナイト」です。

 

 

 

A-Band with 紫乃がホストとなり、毎回ゲストを迎え、

ゲストとのコラボライブを行うライブイベントになぜか(恐縮)、

第七警察が出動!

 

 

 

 

今夜しか見られない(可能性が高い)、かつてない共同捜査(=共演)が

見られること、間違いなし!!

 

 

 

今夜は、コラボナイト!

 

 

 

お時間ある方、お待ちしています!!

 

 

 

 

 

 

2019年3月23日(土)

「A-Band with 紫乃のコラボナイト」

 

捜査現場:ライブスポット夕焼け

 

開場:19:00

開演:19:30

 

入場料:¥1,000 (1ドリンク付)

 

出演

A-Band with 紫乃 

第七警察

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.03.22 Friday
野球選手イチロー

 

メジャーリーグ・マリナーズのイチロー選手が

昨夜、引退を表明しました。

 

 

 

引退会見は途中、後半少ししか見られませんでしたが

イチロー選手の、質問に対して上から過ぎる目線でもなく茶化しすぎているわけでもない、

時折黙り込みながらも言葉を丁寧に選んで話すイチロー選手が印象的でした。

 

 

 

 

ある記者から「メジャーリーグ引退後は(身の振り方を)どのように考えてますか?」

というよくある質問があった際、イチロー選手は

 

「野球(選手)をやっているでしょうね。」

 

と即答、続けて...

 

「草野球かもしれない、でも真剣に草野球をやっているでしょう。」

 

と語っていました。

(言い回しは多少違っていたと思いますが。)

 

 

 

 

 

場所は変われど、自分が大好きな野球をやり続ける。

 

 

 

 

好きだから、やり続けられる。

 

 

 

 

イチロー選手のシンプルな、そして揺るぎない信条。

素晴らしいと思いました。

 

 

 

 

会見では「後悔はない」とも語っていましたが、

そりゃそうでしょう。

 

 

 

 

イチロー選手はまだまだ野球を続けるのだから。

 

 

 

 

 

メジャーリーグ通算3,000本安打を達成した際の

イチロー選手の言葉です。

 

 

 

 

「3,000という数字よりも僕が何かをすることで

 僕以外の人たちが喜んでくれた。

 今の僕にとって何より大事なことだと再認識した

 瞬間でした。」

 

 

 

 

この言葉と同じような感情が昨夜のイチロー選手の胸に

きっと湧き上がっていたんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

私が一番シビれたのはなんといっても

2009年WBC決勝戦、手に汗握る韓国戦での決勝打!

これに尽きます!

 

 

 

 

場所は変わっても、またファンを熱く沸かせてくれる

素晴らしいプレーを見せてくれるに違いない!

 

 

 

 

イチロー選手の次なる活躍に期待は高まります。

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |