第七警察 OFFICIAL WEB

YouTube

Twitter

Facebook

最近の日誌
月別日誌
カテゴリー
皆様の声
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2020.09.16 Wednesday
白石神社

 

 

 

 

 

 

 

白石神社

(福井県小浜市)

 

 

 

若狭彦神社上社よりさらに南へ下った

“鵜の瀬”と呼ばれる神域そば、

遠敷川右岸・下根来白石の地に鎮座。

 

 

 

 

 

 

 

 

若狭彦神社の御祭神である

彦火火出見尊と豊玉姫命の両神が

この地に降臨したと伝えられていることから

同社は若狭彦神社の創祀の御社・元宮とされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

御祭神は

若狭彦神

(彦火火出見尊)

若狭姫神

(豊玉姫命)

 

 

 

両神を白石大神、鵜の瀬大神とたたえて奉祀。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにも拝殿跡と思しき礎石跡が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白石神社の前を流れる遠敷川。

その下流一帯が“鵜の瀬”と呼ばれる神域。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大寺の二月堂のお水取りと言う行事は元々、

鵜の瀬の水を東大寺の二月堂まで

運んで行っていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

若狭彦神社の境内飛地で

神域となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月1日

参拝

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 22:20 | comments(0) | - |
2020.09.15 Tuesday
若狭彦神社 上社

 

 

 

 

 

 

 

若狭國一ノ宮

若狭彦神社 上社

(福井県小浜市)

 

 

下社と趣の異なる

鎮守の杜に囲まれた境内。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二本の大杉は二の鳥居として

考えられているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫婦杉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫婦である

上社御祭神・彦火火出見尊

下社御祭神・豊玉姫命

を象徴しているかのような杉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神門

(隋神門)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭神は

彦火火出見尊

(ヒコホホデミノミコト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若宮神社

 

 

御祭神は

鸕鶿草葺不合尊

(ウガヤフキアエズノミコト)

 

 

 

上社御祭神・彦火火出見尊

下社御祭神・豊玉姫命

の子神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独特の雰囲気を感じさせる、

本殿前に残る拝殿跡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そばの木立の中にはかつての祭殿・境内社跡であろうか

礎石のような石が見られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月1日

参拝

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 18:39 | comments(0) | - |
2020.09.14 Monday
若狭彦神社 下社

 

 

 

 

 

 

 

若狭國一ノ宮

若狭彦神社 下社

(若狭姫神社)

(福井県小浜市)

 

 

 

一の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一の鳥居は現境内地前の

道路を挟んだ先の集落内に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史を感じるという表現を通り越す

出で立ちの狛犬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楼門

(随身門)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神門

 

 

御祭神は

豊玉姫命

(トヨタマヒメノミコト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千年杉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下社は古来、遠敷神社(遠敷(オニュウ)神社)とも呼ばれたそうで

楼門内には同社名の扁額が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若狭彦神社創祀の社・白石神社の遙拝所。

下社の鎮座する遠敷から

南へ下がった遠敷川沿いに同社は鎮座し、

若狭彦神社の境外社として祀られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月1日

参拝

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 23:06 | comments(0) | - |
2020.09.11 Friday
泉岡一言神社

 

 

 

 

 

 

 

泉岡一言神社​

(福井県三方上中郡若狭町)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細長い階段が続く参道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面を向く狛犬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御神木

夫婦杉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭神は

一言主大神

(ヒトコトヌシノオオカミ)

 

 

 

祠を作らないように

という一言主大神の言葉に従い、

社殿がない御社。

 

 

人の願い事の中で一番大切な事を

自分の業を神に打ち明け直心誠意を以って

「一言だけ」祈る時、

必ず霊験を授かるという。

 

 

背後にひかえる野木山山頂に

奥津宮が鎮座。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月1日

参拝

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 02:49 | comments(0) | - |
2020.09.10 Thursday
常神社

 

 

 

 

常神社​

(福井県三方上中郡若狭町)

 

 

三方五湖で知られる福井県若狭町。

同湖の北西に位置する、

日本海に突き出す常神半島に鎮座。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二の鳥居

 

 

ここしばらくは参拝者の足も途絶えているのか、

一の鳥居から二の鳥居に至る参道は

カーペットのような厚い苔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥居の先に階段の参道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段を上るとすぐに拝殿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 拝殿・本殿は原生林に囲まれ、

岩山を切り開いたような

高台に鎮座。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴には

賽銭箱に被さるように布の束が。

請願の文言か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭神は

神功皇后


若狭彦神


若狭姫神


鸕鷀草葺不合尊

(ウガヤフキアエズノミコト)

 

 

 

 

ほか多くの御祭神を合祀。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二の鳥居背後

三の鳥居のようにも映る

二本の杉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内の由緒書や神社庁にも由緒の記述が見られず、

先人の参拝記録などを拝見すると

元は常神半島先端に浮かぶ御神島(おんがみじま)に

鎮座していたとのこと。

御神島は常神社の御神島でもある、

という記述も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月1日

参拝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御神島

 

 

中央の御神島。

その右が常神半島。

 

 

常神半島の海岸沿いからは御神島は

同半島山稜に隠れて全貌を見ることができず、

常神から南に下がった岬から望む。

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 22:02 | comments(0) | - |
2020.09.09 Wednesday
闇見神社

 

 

 

 

 

 

 

闇見神社​

(福井県三方上中郡若狭町)

 

 

参道の起点は境内から西側の

倉見地内の集落が起点。

 

 

背後に見えるのが

三十三間山。

 

 

諸説あるそうだが

京都市の三十三間堂創建の際の棟木を

同山から切り出したことが名前の由来だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御神木

 

 

幹の空洞が目立つが

それが荒々しくも映る巨木。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿

 

 

一見すると

舞殿(神楽殿)のようにも見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

御祭神は

沙本大闇見戸賣命

(サホノオオクラミトメノミコト)


菅原道眞公

 

天照大神

 

 

 

ほか多くの御祭神を合祀。

 

 

 

 

 

闇見(くらみ)という社名の由来は

その昔、日話の嶺という山の麓の大池に大蛇が住み着き、

周辺の住民に大きな厄災をもたらしていたところ、

素盞嗚尊と奇稲田姫神の化身と名乗る2人の老人が現れ、

見事大蛇を退治した。

神剣で真っ二つに切られた大蛇は

美濃と若狭に分かれ飛び散り、

若狭の地では三十三間山の西麓の池に落ち、

辺り一面が暗闇になったという故事から祠を祭り

闇見神社と呼ぶようになった、とのこと。

また御祭神の御名前に由来するとも云われ、

社名の由来には諸説あり。

 

 

 

 

 

4月に執り行われる例祭神事は

福井県無形文化財に指定されている

由緒ある神事とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿は素朴な佇まいだが

屋根に施されている彫刻などは

生命力にあふれており

質実剛健に映る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若狭・闇見神社から近江・酒波寺岩剣神社の間を

人馬が往来した近江坂古道の起点(終点)だったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月1日

参拝

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 23:46 | comments(0) | - |
2020.09.08 Tuesday
Set you Free(Video Edit)

 

 

 

 

 

電気グルーヴ

「Set you Free」

 

Set you Free

はじめから

Set you Free

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 23:04 | comments(0) | - |
2020.09.06 Sunday
須波阿須疑神社

 

 

 

 

 

須波阿湏疑神社​

(福井県池田町)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉並木の長い参道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楼門

(赤山門)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤山門と呼ばれている楼門の扁額は

池田総社。

池田町内48ヶ村の総社を示す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石段を登ると

すぐに拝殿が鎮座。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿の背後の石段から本殿へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭神は

右殿

建御名方命

(タケミナカタノミコト)


正殿

倉稻魂命

(ウカノミタマノミコト)


左殿

大野手比賣命

(オオヌテヒメノミコト)

 

 

太田命、大己貴命を配祀。

 

 

社名の須波阿湏疑(スワアヅキ)は

創建時に観請した諏訪大社御分霊と

その後、合祀された小豆島の神である大野手比売命の二神、

スワの神とアヅキ(小豆)の神に由来しているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿は覆屋に守られ鎮座。

国指定重要文化財。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿の斜め後方には境内社。

秋葉神社、祖霊社、市杵島姫神社が鎮座する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿背後の山中にある大杉へと向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲荷の大杉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

由緒不明の木兎。

境内に住んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月18日

参拝

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 22:59 | comments(0) | - |
2020.09.06 Sunday
紙祖神岡太神社・大瀧神社 奥の院

 

 

 

 

 

紙祖神岡太神社・大瀧神社

奥の院

(福井県越前市​)

 

 

岡太神社・大瀧神社の奥の院が

境内背後の権現山(大徳山)に

鎮座しているとのことで参拝。

 二の鳥居横の道路より参道口へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整備はされているとはいえ

かなりの勾配。

文化部あがりには非常に厳しい登山道。

“心臓発作”が頭をよぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すわ、頂上か...

と胸躍るも、すぐに落胆。

まだまだ上りが続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中道鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

み火焚き所跡

 

 

かつての神事の際

かがり火を焚いていたのであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恍惚としながら進む参道。

ようやく平坦に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡太神社・大瀧神社

奥の院

 

 

右から

岡太神社奥の院

大瀧神社奥の院

八幡宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大瀧神社

奥の院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡太神社

奥の院

 

 

 

 

 

 

 

 

八幡宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平泉寺と同じく、

泰澄大師によって開かれた大瀧寺にはじまり、

平安期は平泉寺の末寺として栄えていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

神事で使うのであろうか、

奥の院そばのひじり堂の壁面にかけられた面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月18日

参拝

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 16:40 | comments(0) | - |
2020.09.06 Sunday
紙祖神岡太神社・大瀧神社

 

 

 

 

 

 

紙祖神岡太神社・大瀧神社

(福井県越前市​)

 

 

一の鳥居

 

 

岡太(おかもと)神社と大瀧神社、

下宮は両社の里宮。

下宮背後にひかえる権現山(大徳山)

山頂付近に鎮座する上宮(奥の院)には

両社の本殿が並ぶ。

 

 

かつては別当時・大瀧寺を中心に

白山信仰の霊場として栄えたが

織田信長勢による一向宗討伐の際の焼討ちや

明治期の廃仏毀釈を経て、現在に至る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一の鳥居の扁額は

 岡太神社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二の鳥居の扁額には両社が並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内は木々に囲まれているが広けており、

清清しい解放感。

社殿の建立されている石垣、

その前に立ち並ぶ石灯籠が壮観。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天保年間に建立された拝殿と本殿。

拝殿屋根と本殿屋根が複雑に連なっており、

国内の寺社建築の中でも

類を見ない見事な複合社殿。

拝殿・本殿ともに国指定重要文化財。

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿・本殿の造りにも増して素晴らしいのが

屋根、社殿全面を飾る彫刻。

中国の故事に由来しているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越前藩・松平氏の庇護の下での建立(再建)もあってか

屋根には三つ葉葵の御紋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大瀧神社 御祭神は

国常立尊

(クニトコタチノミコト)

伊弉諾尊

(イザナギノミコト)

 

 

 

岡太神社 御祭神は

紙祖神・川上御前

(シソシン カワカミゴゼン)

 

今から1500年ほど前にこの地に

紙漉きの業を伝えた女神を祀る。

 

大正年間に大蔵省印刷部に川上御前の分霊が奉祀され、

岡太神社は全国紙業界の総鎮守となった。

 

同社でいただいた資料によると

日本で初のお札を漉いたのは福井藩。

その後の明治新政府の官札を漉いたのも

この地・五箇の職人だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内には二の鳥居のほか

南側(手前)と東側(奥)にも鳥居。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東側参道の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東側の鳥居からの参道には石灯籠が立ち並ぶ。

 

おそらく神事やお祭りの際、

この参道を通って上宮へ参る道筋で

あるためと考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月18日

参拝

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 15:09 | comments(0) | - |
2020.09.06 Sunday
乗るメガネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗るメガネ?

輪っかボディのEV原付 折り畳んでリュックにすっぽり

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 12:54 | comments(0) | - |
2020.09.05 Saturday
MEGANE

 

 

 

 

 

オレ好みの車を見つけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MEGANE

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

フロントフェイスが

全然メガネらしくないので

いらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 20:41 | comments(0) | - |
2020.08.31 Monday
世界一神社

 

 

 

 

 

世界一神社

(新潟県三条市)

 

 

 

新潟県三条市の山中に世界一神社という

稀な御社名の神社があることを知り、

この夏、一年発起して参拝を決意。

 

 

先人の参拝記録などを調べ、同社に至るには

“旭隧道(あさひずいどう)”というトンネル、

...そのトンネル内は照明が全くない阿鼻叫喚の

暗闇の中を約800m進まなければ辿り着けないという。

 

 

しかも

軽四自動車がギリギリ通れるほどしかない幅の

トンネルだそうだ。

 

 

隧道とは反対側(山側)の

山中の林道から進み入る道も確認したのだが、

最短距離を優先し、旭隧道踏破を決める。

 

 

先人の旭隧道踏破の記録なども入念に調べ、

隧道内での事故を避ける意味も含めて

車ではなく徒歩での隧道踏破を決意。

隧道内を照らすLEDヘッドライトを装備し、

旭隧道を目指す。

 

 

 

世界一神社の鎮座する山中の麓の集落・吉野屋から

狭い林道を抜け旭隧道を目指す。

 

 

その道中、神々しい光景を目にし

勇気をいただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集落を離れ、しばらく進むと

来るものを飲み込まんとばかりに

漆黒の闇の口が立ちはだかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旭隧道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麓集落側の入口

入口から数メートル先からは漆黒の闇が続き

得も言われぬ空気を感じる。

 

 

一歩を踏み出す勇気を奮い立たせるまで

さすがに時間がかかったが

暗闇を照らすヘッドライトの力強い灯りに

全幅の信頼を寄せ、いよいよ隧道内へ。

およそ800mの暗闇の中を進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明がない隧道内。

しかし、ヘッドライトの光のおかげで

絶望的な恐怖感はない。

 

 

足元は進行方向(山側)から流水。

隧道底の両側を自然水路の様相を呈しており

ところによってくるぶし位置までの水深がある。

したがって長靴などがなければ踏破はかなり厳しい。

 

 

隧道内面...

補強工事がなされている区間は

コンクリートの成型断面を成しており

不安を覚えることは少ない。

しかし、岩肌がむき出しの素掘り区間(幅も狭い)は

自動車での走行は神経を使うことになるうえに

ところどころ風化や流水による浸食崩壊も見られ、

決して安全を保障された場所ではないことを痛感する。

 

 

 

 

 

 

 

 

徒歩にして約20分程度、

暗闇を抜け、ようやく出口(山側)へ。

生きた心地とはこのことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

山側の隧道入口。

草が覆いかぶさり、得体の知れぬ恐怖は

麓側より強く感じるが、

周辺は空が開けており、麓側よりもむしろ清清しい。

 

 

 

世界一神社参拝の最初にして最大の難所・旭隧道を

見事に踏破し、心なしか力強い足取りで御社を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旭隧道から先は林道。

轍があることから宮司様、あるいは林業関係者の

日常的な往来はあることがわかる。

人の気配を感じられるだけでも

不思議と安心感が湧く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林道を進み、20分程度であろうか、

社務所と思しき家屋を過ぎた先、

ついに世界一神社境内に至る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一神社

鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉林の中の小高い高台に御社が鎮座。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わった配置の参道階段に囲まれ鎮座する御社。

雪深い北陸ゆえに拝殿・本殿とも雪囲いで覆われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿

 

 

御祭神は不明。

 

 

同社のホームページにある

 

世界で唯の存在であるあなたをお守りする神社

 

の一文が示すように

世界一神社は頂点を目指すために祈りを捧げるのではなく、

参拝者自身の唯一性を守り、尊重せんとする祈りを捧げる神域

なのかもしれない。

 

 

この点については参拝者の心ひとつで

いかようにも捉えることができると思うので

思い思いの祈願を奉じれば良いのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿内

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内社と思しき参道があったが、

その先は草が生い茂り立ち入りが困難。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内社(?)の祠の“月”の文様が

社務所(?)の屋根の鬼瓦にもあり、

何かの由緒があるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿前、狛犬が鎮座するここは

 祭壇あるいは舞台のようでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人知れぬ山中に鎮座する世界一神社。

 

 

この世界で唯一の存在である

数多の参拝者たちを

これからも静かに待ち続けるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月12日

参拝

 

 

 

 

 

 

 

【参拝後記】

掲載写真にもあるように

旭隧道は道路規制上は

一般車両通行止めのトンネル。

 

充分な準備と注意、

そして自己責任の下で

通行されたし。

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 21:55 | comments(0) | - |
2020.08.30 Sunday
高龍神社 奥の院

 

 

 

 

高龍神社

奥の院

(新潟県長岡市)

 

 

長岡市蓮平町内の山中に鎮座するという

高龍神社・奥の院へ参拝。

 

 

 

高龍神社から車で数分下った蓮平町から

林道に進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林道の分岐点などには奥の院の道案内があり、

迷うことはないが、

なにぶんすれ違いのできない林道を車で進む時間が長い。

先人の参拝記録ではあまり記載されていないが

かなりの不安感を覚える距離(時間)の林道を進む。

 

 

 

すれ違いできる箇所は多少あり、

急カーブの拡幅部分でもすれ違いはできるが、

奥の院参拝から下山してくる車と出合い頭になると

どちらかがすれ違いできる場所までバックするなり

道を譲らないといけない...という強迫感・不安感が甚だしい。

(個人的所感としては下り優先・上り車両が譲る、が鉄則かと。)

 

 

 

また冬期間は奥の院への参拝は不可能とのこと。

さもありなん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中の院

 

 

林道に忽然と鎮座する中の院(中社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪囲いに覆われており、窓を開けての参拝。

高龍大神の使いである白蛇を祀っているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中の院を後にしてからも

再びかなりの距離の林道を進む。

前方から下山の車がやって来ないことを

祈りながら進むという参道移動中も

ある意味での“祈願”が必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林道の舗装区間が続いた後、

ようやくたどり着いた高龍神社・奥の院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高龍神社

奥の院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭神・高龍大神を祀る。

 

 

 

御社内にある御札を手にし、

先に参拝した下社にて

高龍神社・奥の院の御朱印をいただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月14日

参拝

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 23:57 | comments(0) | - |
2020.08.30 Sunday
高龍神社

 

 

 

 

 

高龍神社

(新潟県長岡市)

 

 

 

 

 

一の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太田川上流の蓬平(よもぎひら)地内にある高龍神社。

 

 

 

 

 

 

 

 

トンネル横・太田川蛇行部を

回り込むような参道入口。

 

 

 

かなり人工的な印象を受けるが、

震災で被災した参道を復旧したためとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参道入口

 

 

右側の階段奥にはエレベーター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御祭神である高龍大神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高龍神社で名高い急な石段。

登りやすく、先も見えるので

いつまでの続くのか...というような不安感はないが

高齢の方には厳しい石段。

一番厳しく映るこの石段はエレベーター利用がおすすめか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手水舎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿

 

 

拝殿前が広くはないこともあってか、

一般参拝も拝殿の中で行えるという

御祭神を間近で感じることができる参拝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 御祭神は、

高龍大神

 

 

 

商売繁盛、諸願成就の神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿などの社殿は大正年間の建立。

社殿の歴史は近年だが

地域には古くから龍神信仰があり、

御祭神の龍神の使い・白蛇も祀っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おみくじを奉納する龍神塔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月14日

参拝

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 神社刑事の参拝日誌 | 23:54 | comments(0) | - |