Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2017.12.18 Monday
Music Sounds Better With You

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心温まる

ええ話

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.17 Sunday
ASYNC - REMODELS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.16 Saturday
スター・ウォーズ 最初から強い

 

 

 

 

 

スター・ウォーズ

エピソード 最後のジェダイ

がついに公開!

の話題でもちきりですが

 

 

 

 

 

 

 

 

このシリーズに対する

拭えない違和感を感じる点を

あらたに認識しました。

(悪役がなっていないのは既知。)

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公

 

最初から強い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“最後のジェダイ”

よろしく

“最初から強い”

 です。

 

 

 

 

 

 

 

(女だけど)

主人公のレイ、

前作「フォースの覚醒」のサブタイトル通り

フォースに目覚めるのはよいのですが

唐突も唐突、

敵に捕まっている状態で

ちょっと精神統一して

「拘束具外しなさい」と

一言発するにフォース発動(笑)

ストームトルーパー(敵歩兵)をフォースで操り、

見事脱出!

すごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

...じゃねえよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このインスタント感

 

こそ違和感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“修行”がないんじゃい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧3部作の主人公

ルーク・スカイウィオーカーが

ヨーダのもとで修行し、

さらにその後は自己鍛錬を重ねてフォースを高め

いよいよ宿敵(=父)・ダース・ベイダーと対決する...

その成長過程があったからこそ

ベイダーとの最終決戦は熱くこみ上げるものが

あったのです。

(なんといっても一度は敗れていますし。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが今3部作では...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり強いんだもん、この人。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、

話がウマすぎてさ、なんつうか、

フォースってそんなもんなの?って、

フォース使えない地球人のやっかみにも似た

残念な気持ちになるんですよ。

正直。

 

 

 

 

 

 

努力の末に勝ち取ったものにこそ

純粋な価値を見出せる。

 

 

 

 

 

 

やっぱ“過程”って、

けっこう大事なんですわ。

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.15 Friday
fitting

 

 

 

 

 

 

 

J!NS

めがねコレクション

バーチャル試着

をためしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも

ぜひバーチャル試着を

おためしください。

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.15 Friday
Star Wars The Last Jedi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観てきました

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

 

 

 

 

もうずいぶんたくさんの人が

観てしまったでしょうが

みなさんも誰も観たことがない衝撃を

いまから味わってきてください。

 

 

 

 

感想?

 

 

 

 

おもしろかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.14 Thursday
もうすぐ最後のジェダイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tomorrow at last!

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.13 Wednesday
Lift Every Voice

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

basememt boysプロデュースに

ハズれなし

 

 

 

神がかり的に良し

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.12 Tuesday
vocal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永遠のPOP KIDS

PET SHOP BOYSのサウンドは

新しさを感じさせながらも

安心して聞くことのできるアーティストの一人(一組)。

 

 

 

 

2013年のアルバム「ELECTRIC」の

ラストを飾るこの「VOCAL」は

同アルバムの中でも僕の一番のお気に入りなのだが、

上モノのシンセサイザーの音色が

今どき寄りのエッジの効いたハイファイサウンドでありながら

EDMがしっくりこない僕でも

実にしっくりくるのはベースやリズムの音色なんかが

まだ昔寄りだからだろうか。

(CD音源はこのYou Tube動画よりもっとシンセの音が立っている。)

 

 

 

 

 

ベースの音がこの感じよりも

さらにブリッ・ジャリッとしてしまうと

僕の耳はもうダメだと思う(苦笑)

 

 

 

 

 

ハイレゾ音源なども登場して

ソフトの高音質化は進んでいるのだけど

最近の若い人たちのリスニング環境は

パソコンやイヤホン中心だろうから

実のところ言うほど贅沢な

リスニング環境ではないんじゃないかな。

 

 

 

 

CDラジカセやミニコンポは

もはや過去の遺物となりつつあるけれど

あの時代のオーディオの音の再現性のほうが

今よりずっとよかった気がするわけで。

 

 

 

 

実際、捜査本部(=自宅)には

CDラジカセがいまだに現役なわけだが

当然ながらその音の迫力は

家電量販店で売っているような

パソコン周辺機器のスピーカーとは

雲泥の差であることは言うまでもない。

書いたけど。

 

 

 

 

 

一時期、パソコンのスピーカーでしか

ソフトを聞けない時期があって

そこからある日、前述のCDラジカセに

リスニング環境が変わったわけだが

もう、その出音の違いにショック...

というかパソコンのスピーカーで音を聞いていたことが

いかに勿体無かったか、と愕然としたものだ。

(CDラジカセも原音の低音強調したりと味付けできますが

そういうオーディオマニア的な厳しい比較は抜きで)

 

 

 

 

 

You Tubeの出現で

音楽表現におけるビジュアル面のウェイトは

ますます大きく、広がっているのだけれど

肝心のリスナーに届く“音”そのものは

実はどんどん縮小...というか

劣化傾向にあるのかな、と。

 

 

 

 

 

毒づいた物言いの締めとしては

音楽を愛するなら

 

ソフトを買って

 

良いスピーカーで聞いて

 

生のライブを体感しろ

 

ということかな。

 

 

 

 

 

アナログはデジタルの母

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.12 Tuesday
12.15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.12 Tuesday
It Always Comes As A Surprise

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I don't know why
it always comes as a surprise
to find I'm here with you
You smile and I am rubbing my eyes
at a dream come true

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) |