Profile
最近の日誌
月別日誌
カテゴリー
皆様の声
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2019.03.31 Sunday
3/23 白山市 ライブスポット夕焼け 「A-Band with 紫乃のコラボナイト」【後編】

 

 

 

約10年ぶりのひょんなことがきっかけのA Bandの二人との再会を機に

捜査出動することになった第七警察!

 

出動した先は、現在はA Band with 紫乃 としてホストを務めている

マンスリーライブ企画「コラボナイト」!

 

プレイヤーとしても、シンガーとしても卓越したスキルを誇る三人に対し、格別の才もなく、一人よがって生きてきた第七警察!!

 

しかもこのイベントはホスト(つまりA Band with 紫乃)とゲスト(すなわち第七警察)とがコラボレーション(無論、音楽的に)をしなければならないという鉄の掟があったのだ!!

 

自ら楽器を奏でることができない第七警察に残されたコラボの術とは...!?

 

第七警察の心配をよそに始まる「コラボナイト」、

明らかに空気感の違いすぎるA Band with 紫乃 のステージが終わり、

ついに、第七警察がその登場の時を迎える!!

 

絶対的多数のA Band with 紫乃 のファンを前に、第七警察の捜査が、今始まる!!

 

 

 

 

 

A Band のキーボード・アズサの衝撃のパフォーマンス(前編参照)を目にし、

うろたえる第七警察を尻目にサクサクっとステージを降りてゆく三人!

 

 

 

 

「次は第七警察でーす。」

 

 

 

 

転換のBGMなどもなく、サラッと入れ替わりを図られ、焦る第七警察!

捜査現場(=会場)のA Band with 紫乃 ファンの不思議な視線が痛い!

いや...心地よい!?

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで始まった第七警察の捜査...

 

 

 

 

 

が、何を思ったのか(もう覚えてない)、

 

 

 

 

 

 

 

いきなり5分越え(だったと思う)の前説

 

...というか、ただ言いたいことをしゃべり放題しだす

 

第七警察!!

 

 

 

 

 

どうでもいいトークに耳を傾け、視線を送ってくれた

A Band with 紫乃 ファンの皆さんの寛容な対応に

胸を勝手に熱くする第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

やりきった感(もうすでに)を胸に、いよいよ捜査開始!!

 

 

 

 

 

スーツの、

 

 

 

 

 

メガネの、

 

 

 

 

 

おじさんのショーが

 

 

 

 

 

始まった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は約1年ぶり...かさえ忘れたくらいに登場!!

 

ケミカル刑事!!

 

 

この日もイカしたダンスチューン「マッドサイエンディスコ」を

熱唱!!

 

 

 

 

 

 

そして...

 

 

 

 

 

 

年始から吹き荒れる

 

第七警察 殉職の嵐!!

 

 

 

 

 

 

 

この日も、こちらも数年ぶりの登場、

第七警察イチの野生児・キリマンジャロ刑事が、

またもや宿敵デスメガネの狡猾な罠に陥り、

致死量の大量のカカオを含んでいるという

デスメガネ特製の缶コーヒー“デスプレッソ”を

美味しく飲み干してしまい...

 

 

 

 

 

 

 

キリマンジャロ刑事、

 

殉職!!!!

 

(あまりにも衝撃的すぎて、捜査協力者撮影の現場写真も無し。おーこわ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリマンジャロ刑事の鎮魂となるべく、

第七警察イチのベテラン・オッサン刑事が

自らのテーマ「オッサンノヴァ」を歌い上げる。

 

 

 

そんな悲しみの第七警察をよそに

捜査現場にまたもや無情の電話のベルが響き、

予定調査の恐怖・デスメガネも登場!!

 

 

 

捜査現場(=会場)のA Band with 紫乃 ファンも恐怖のあまり

声すら出せずにいたとか...

笑っていたように見えたが、あれはたぶん恐ろしすぎて

感情が180度ひっくり返ってしまったのだろう...おーこわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの日は今年に入ってからの過去2回の捜査で

ことごとく失敗を重ねた“KEEP OUT”テープも無事に張れ、

捜査最大の見せ曲「今夜はKEEP OUT」を高らかに歌い上げたのであった!!

あーよかった。

 

 

 

 

 

 

万感の思いを胸に、第七警察の捜査は終わった...

(↑もちろん、第七警察だけ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに、その時が訪れる...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A Band with 紫乃 が北陸をはじめとした

 

名だたるミュージシャンたちと

 

繰り広げてきたコラボタイムに...

 

ミュージシャンとは名ばかりの

 

第七警察がその傷跡を残す...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラボタイムにお送りするのは...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A Band with 紫乃 × 第七警察

 

 

 

オッサン刑事のテーマ「オッサンノヴァ」

 

捜査のテーマ「今夜はKEEP OUT」

 

 

 

 

 

コラボをするにあたって、

この日の2週間ほど前にA Band のトモさん、アズサさんとはミーティングを行い、

第七警察の上記2曲でコラボをすることになった。

 

 

 

 

 

 

打ち込みベースのトラック作りのため音源のみ、コード譜もなにもないところから

A Band with 紫乃 の3人は目を見張るべきアレンジワークとコーラスワークで

「オッサンノヴァ」「今夜はKEEP OUT」は普段の第七警察からは想像できない

楽曲へと変貌を遂げたのであった!

 

 

 

 

 

 

そして、この日の前日にはA Bandスタジオで4人でリハを。

(自分以外の)素晴らしい仕上がりにただただ感動した夜。

詳しくはコチラ ⇒ トモさんのブログ コシペ通信「捜査会議」

 

 

 

 

 

 

 

第七警察自らの力だけではまず成し得ないであろう、

みずみずしく、そして躍動感のあふれるサウンドに生まれ変わったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察は、思った。

 

 

 

 

この日のことを思えば

 

15年間、

 

一人で捜査活動を続けていて

 

それはそれでよかったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

この日の感動は

そんな思いを起こさせるのには

充分すぎた。

 

 

 

 

 

 

 

最高のアレンジ、最高の演奏、

そして最高のコーラスを背に歌うことができた

この日を忘れることは決してない。

 

 

 

 

 

 

 

アンコールの「もう恋なんてしない」(槙原敬之)も

高らかに歌い上げ、今度こそ正真正銘の万感の思いで

捜査を終えたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、

 

オレは一人じゃない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A Band with 紫乃 の皆さん、

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、捜査協力いただいた捜査現場の皆さん、

夕焼けのマスター・ノッポさん、スタッフの皆さんも

本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

物販もおかげさまで大盛況!(泣)

CDをお買い上げいただいた皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

あ、

 

 

物販のお手伝いをしていただいた紫乃さんのお母様も

重ねてありがとうございました!!

 

 

 

 

 

この日の模様を別の切り口で語っていただいた、トモさんのブログも

是非チェックを!

 トモさんのブログ コシペ通信「コラボナイト 第七警察」

 

 

 

 

 

 

 

最高の気分で迎えた打ち上げ、ノンアルコールビールもいつになく美味い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてA Band with 紫乃 と第七警察の

 

熱い熱いコラボナイトは幕を静かに下ろしたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜未明、

 

捜査現場の夕焼けに

 

ケミカル刑事の着用していた白衣が

 

遺留品として残されていたことが判明。

 

ケミカル刑事は

 

「着ていたことは間違いない。」と

 

一部事実は認めるものの曖昧な発言が多く、

 

署内では引き続き原因の究明に当たっている。

 

 

 

 

 

2019年に入ってから失態続きの第七警察、

 

その存続を危ぶむ声が...

 

 

 

聞こえてくることは、ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は第七警察捜査活動15周年、

これからもよろしくお願いいたします。

 

第七警察署員一同

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.03.31 Sunday
3/23 白山市 ライブスポット夕焼け 「A-Band with 紫乃のコラボナイト」【前編】

 

どうして呼ばれた、コラボナイト!

 

 

 

 

と、いうわけでひょんなきっかけから約10年ぶりに再会を果たした

A Bandのお二人からの出動依頼で、現在はA Band with 紫乃として

ホストを務めている「コラボナイト」で捜査を行うことに!

 

 

 

ジャンルというものにこだわれば縁のないA Bandのトモさん、アズサさんの

二人なのだが、金沢管轄だった以前には当時の共同捜査(=共演)がきっかけで

捜査協力もいただいていたり...お世話になっていたのであった。

 

 

 

 

その共同捜査はいつだったかと過去の事件簿をめくるも...

 

 

ない...(あっれ〜?)

 

 

というわけで、第七警察サイバー班が電脳捜査を行った結果、

こちらもお世話になっているユニット「らせん」のブログで発見!

↓コチラ参照。

 らせん歌、聞いてみ〜石川県金沢発ダークホース音楽ユニット〜

:オールウェイ新年会:石川県金沢市

 

 

 

2010年1月に初共同捜査...9年前のことですか...

いや、時間の経つのは早いと思いつつも遠い昔のことのようでもあり。

 

 

 

 

今年に入ってからの約10年ぶりの再会でありながら

二つ言葉で「コラボナイト」への出動依頼をいただいたトモさん・アズサさんには

感謝の至りであります!

 

 

 

 

 

そんな今回のコラボナイトの最大の課題(苦笑)は、

A Band with 紫乃 とゲストがコラボライブを行う、という点...(汗)

 

A Band with 紫乃は金沢を中心に活躍中の

ギター・トモ、キーボード・アズサとメインボーカル&パーカッション・紫乃の
三人からなるアコースティック・ポップユニット...である。

 

 

その

 

 

 

アコースティック美麗ユニット

 

A Band with 紫乃 と

 

クラブミュージック大好き

 

楽器弾けないひとりユニット(メガネ)

 

第七警察

 

 

 

が、どのように打ち解け合えるのか!?

 

 

 

 

 

という一点が唯一にして最大の課題だったのだが...

 

 

 

 

 

それは後述するとする...

 

 

 

 

 

 

そんなわけで紆余曲折(特にないけど)を経て、

やってまいりました「コラボナイト」当日。

 

 

 

 

 

 

 

向かうは初捜査現場「ライブスポット溜まりBAR 夕焼け」

 

 

ちょうど夕焼けどき、ええ按配の頃合に現場入り。

 

 

 

 

 

 

目耳にしたことのある音楽スポット(?)が軒並みひしめく、

白山市の音楽発信基地といったところか...

 

看板の空いているところに第七警察白山署を入れてください!

とは思っても言わない。(ここに書いたけど)

 

 

 

 

現場にはA Bandのトモさん・アズサさんが既に。

マスターのノッポさんとこれまた十に近い数年ぶりの再会。

久しぶりすぎて声のイメージが脳内で一致せず、

ひとりうろたえたりする...(汗)

 

 

 

 

 

身軽な第七警察がお先にリハ。

持ち込み機材も楽器ではない、という毎度のことながら

本当にこれでどうやってコラボを...

いや、オレには声(歌)がある!!

 

 

 

 

 

紫乃さんを迎えて、A Band with 紫乃

 

 

確かな演奏スキルと卓越した歌唱力・ハーモニー...

これが、これこそがほんまもんのライブや...!(汗)

 

 

わいはふと思ったんや..

 

このような方々と肩を並べて捜査(=ライブ)をしてええのか?

 

このような方々のファンの前で本当に捜査(=ライブ)をしてええのか?

 

うさんくさい関西弁はやめて、

とにかく疑念をいだくも、ただただ自問するだけで誰も(自分ですら)

答えを教えてはくれなかったので、そのうち考えるのをやめた。

いや、考えてなかったと思う。

 

 

 

 

そして、コラボのリハも無事終了!!

 

 

 

ええんやないかい?

う、うまくいくんとちゃいますの!?(汗)

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

コラボの練習は

 

前夜にA Bandスタジオで

 

1回しただけだぜ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

リハも終わり、ついに開場。

 

 

 

 

 

 

 

物販コーナーの毛色のコントラストがなかなか...。

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに、夕焼けから夜の帳も下り、

A Band with 紫乃 ファンと思しきお客様が続々やってくる。

第七警察...大丈夫かなあ(自他、2つの意味で)

 

 

 

 

 

 

いよいよ始まる...コラボナイト!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日トップはなぜだ..!!.

 

A Band with 紫乃!

 

 

こ、このままでは第七警察捜査後からのコラボの流れ必至!

喉が大丈夫なのか!? 心配いっぱいの第七警察をよそに...

A Band with 紫乃の美しいハーモニーが会場を包み込む。

 

 

 

 

 

 

 

メンバー自身はもとより、歌詞・メロディー・歌声(演奏)もまた三位一体。

 

 

 

 

胸を打つなあ...

第七警察が何度転生しようがたどり着けない極上のポップス。

時にやさしく、時に切ないそんなA Band with 紫乃のサウンド...

 

 

 

 

 

 

から一転の、この後の第七警察の捜査を思うとやはり身悶えるのであった。

 

 

 

 

 

 

この日は A Band with 紫乃の応援団長さんの誕生日ということで、

バースデータイムも!

 

 

 

 

 

ほっこりした気分の中、クライマックスに...

 

 

 

 

 

アップテンポのアンコール曲になるや...

 

 

 

 

 

第七警察の目の前で

 

想像を絶する光景が....!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

踊り狂い出す、A Band・あずさ(key) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客席を蹂躙する、A Band・あずさ(key) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビでも見ないよ、そんなポーズ...!!(汗) 

 

を決める、A Band・あずさ(key) 

 

 

 

 

 

 

ステージの奥でバンドサウンドを奥ゆかしく支えていた

A Band with 紫乃のキーボード・あずさが、突如として

 

ステージ上で踊り出し、

 

客席を走り出し、

 

そして、そして...あの第七警察でさえ捜査でしたことがないような

ポージングを決めたのだった!!

 

 

 

 

 

 

なんなんだ!?

 

 

 

 

 

 

いつもなの!?

 

 

 

 

 

 

 

たまたま今回だけなの!?

 

 

 

 

 

 

どうなの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

激しく狼狽する第七警察をよそに、A Band with 紫乃のステージ、終了!!

 

 

 

 

 

 

 

 

え!?

 

 

 

 

 

 

 

 

次は第七警察ですよ。

 

 

 

 

 

後編へ続く...。

   

    

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.02.18 Monday
2/3(日) 金沢市 beathall「節分アコライ みんなで作ろう恵方巻き」

 

第七警察捜査活動15周年

捜査第2弾!!!
    
   
   
   
   

第七警察節分特別捜査

 

「恵方より愛を込めて」

          
      
 
   
 
  
  
 
  
  
先月の新年会に続いて、節分の日に捜査!!
(...メインは恵方巻きだが...)
  
   
  
  
  
またしても(ありがとうございます)、金沢市のライブハウス「beathall」
マスターの出動要請により、“アコースティック”をイベントタイトルに
冠しているのもおかまいなしに出動の第七警察!!
  
      

 

 

 

 

 

恵方巻きという文化にまったく触れずに、かつ興味もなく生きてきた

第七警察、今宵はついに恵方に思いをはせて巻き寿司を食すのか!?

 

 

 

 

 

 

 

もはや心はライブ終了後の恵方巻き作りに...

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで恵方への熱い思いを胸に始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップはこの方、

 

よっつん

 

 

 

 

 

 

カバーとオリジナルの歌い分けが妙(?)!

(ご自身でもおっしゃっておりました)

この夜も日々の仕事で感じる思いのたけを咆哮!

ストレスはライブで解消...!いいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては。

 

ちゃお

 

 

 

 

 

 

ワイルドな風貌とは裏腹の芯のあるクリアな歌声!

...うまい。

声を武器にと日々鍛錬している、そんな気迫すら感じるステージ!

後半はついに(?)ギターを手放し、ボーカルに徹する!

 

 

 

 

 

イベントの趣向として100%正しいよっつん、ちゃお両氏のステージを見て

このあとの自身の甚だしい場違い感を想像し、「ま、いっか。」と開き直る第七警察。

 

 

 

 

 

 

階下の控え室で捜査準備に...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

第七警察がみたものとは...!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、これは...!!!

 

 

酢飯!!!!

 

 

 

 

 

...もう...冷たい...

 

こいつは仕込んでから相当時間が経過している...!!

 

調理者はもう遠くに...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とかなんとか刑事ドラマの1シーン風脳内フラッシュバックを勝手にし、

いよいよ捜査へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人(ホシ)は外

 

 

刑事(デカ)は内

 

 

 

 

 

 

 

おまたせしました、

 

第七警察節分特別捜査

 

「恵方より愛を込めて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察

 

※第七警察は演歌歌手ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日、初登場の銀シャリ刑事!!

 

 

 

握るのはスシだけじゃない、

 

捜査のカギだって握る!

 

 

 

 

 

 

 

第七警察いちの江戸っ子、銀シャリ刑事!

 

恵方に向かって巻き寿司をむさぼる!!!!

 

 

 

 

 

 

 

あっさり食べきるのをあきらめる。

 

※第七警察は恵方巻きにシンパシーがありません。不用な食材投棄反対。

 

 

 

だが...

茶を飲んで一服する銀シャリ刑事に異変が...!!

 

 

 

 

 

突然、苦しみ出す銀シャリ刑事!!

 

そして突然鳴り響く電話のベル!!

 

 

 

 

 

 

 

 

デスメガネだ!!!!

キャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しみながら受話器をとる銀シャリ刑事を受話器の向こう側からあざわらう

第七警察最大の敵・デスメガネ。
デスメガネがひそかに丹念に巻いた
致死量のワサビのはいった巻き寿司、
“デス巻き寿司”を食べたしまった銀シャリ刑事...

 

 

 

 

 

 

恵方への願いは届かず...

 

 

 

 

 

 

銀シャリ刑事、殉職!!

 

※あまりの衝撃シーンのため写真提供なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀シャリ刑事を失い、悲しみにくれる第七警察。

あとを引き継いだオッサン刑事が鎮魂の「オッサンノヴァ」を歌う。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、またもや登場の宿敵・デスメガネ!

捜査現場を恐怖のドン底に叩き落し、去っていった。

捜査協力者はあまりの恐怖の末、失笑ぎみだったとか...。

 

 

 

 

 

 

 

 

デスメガネをまたもや取り逃がし、屈辱の中、

この日の捜査を締めるべくテンションを上げていく...

 

 

 

 

 

 

 

第七警察・捜査のテーマ

「今夜はKEEP OUT」

 

 

 

 

 

 

前回の捜査では同曲での最大(?)の見せ場(?)である

“KEEP OUTテープ”の展開にあえなく失敗し、幸先の悪い捜査を
行ってしまった第七警察!
同じ過ちは繰り返さない!

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、思ったはずだった...

(思っただけなのね)

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日もまた

 

KEEP OUTテープが

 

足りない・張れない、

 

衝撃の事態が

 

待っていたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

 


 

メガネと経験値はダテじゃない!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、そばにあったマイクスタンドを柱代わりにと取り寄せ、

KEEP OUTテープを貼り付けたのであった!!

恐るべき危機回避スキルに自分勝手に脱帽気味の第七警察!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして

 

またしても

 

失態を重ね、

 

捜査は終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査後、放心状態の第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

恐るべし、恵方巻きの不利益...であった。

(食べるのを途中で止めたので...)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察のあとに続くは

 

お茶の間サウンド

 

 

 

 

 

 

 

 

名前からユニットないしグループと勝手に思い込んでいたところ

お一人の弾き語り!!

 

 

 

 

この日は「レコード大賞受賞曲特集」のラインナップ。

お茶の間サウンドの名のとおり懐かしくキャッチーな選曲で

お茶の間ならぬ、第七警察でいうところの捜査現場(=会場)を盛り上げる!

 

 

 

踊り出すアベック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんしんおーるないっ!

by もんた&ブラザーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、そしてトリを務めるのは...

 

sumi&チャック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sumiのソロに始まり、途中からチャック氏のベースが加わる!

 

 

 

 

実は、チャック氏とは第七警察黎明期からの縁でこの日は10数年ぶりの再会。

おひさしぶり&おたがいようやってるな、的な対面を果たす。

チャック氏曰く、
「10年前と全然変わっていない。SEの音も。
 進化していないとも言える。が、
 逆に10年間続けていることが、すごい。」
   
     
  
  
  
  
誉められているのか...?

 

 

 

 

...ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sumiとチャックの現場写真をおさえていると...

 

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!

現場写真撮影中の第七警察の眼前に悪びれることもなく割り込むこの男、

トップバッターで登場した、よっつんではないか!!
 
 
 
 
     
よっつん、公務執行妨害!!

↑言ってみたかっただけ。よっつんさん、すみません。

  

 

   

   

 

   

 

 

 

後半につれ、盛り上がるオーディエンス!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに応えて客席に乱入するチャック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージに帰るチャック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが弾き語り仲間の連帯感なのかッ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた踊り出す、アベック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに踊り出す、    

 

お茶の間サウンドとよっつん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、

 

“あんまりよく知らないアーティストのコンサートに行って

 周りの古参ファンたちの息の合ったフリについていけない”

 

状態である(笑)。

 

 

 

 

なす術もなくこの様相を見守る第七警察...

 

 

 

 

 

そのとき...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

遺失物発見!!!!

 

 

遺失物(いしつぶつ)とは、占有者の意思によらずにその所持を離れた物[1]

誤って占有した他人の物、他人の置き去った物及び逸走した家畜は、準遺失物という(遺失物法2条1項参照)[1]

一般的には、忘れ物落し物といい、遺失物を拾った者を拾得者(しゅうとくしゃ)、

拾われた物を拾得物(しゅうとくぶつ)という。なお、所有者から盗まれたもの(盗品)は遺失物とはならない[1]

 (Wikipediaより)

 

 

 

 

 

sumi&チャックにあおられた客席のちゃおが

不覚にも落とした手袋であった!!

 

 

 

 

 

 

思った瞬間に体が動く男、第七警察。

 

 

 

 

 

 

気づいたときには手袋をすばやく拾い、

ちゃおにやさしくささやいた。

 

 

 

 

 

 

「ちゃおさん、

 

 手袋、落としていますよ。」

 

 

 

 

 

ちゃおは「あざっす」と会釈した。

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察はその胸に、ひとすじの清涼感を感じながら

この日のライブを見届けたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ終了後。

 

 

 

 

第七警察の...いや、この日の出演者の心はもうすでに会場にはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

恵方巻きを巻くために集った。

 

恵方巻きを食うために歌った。

 

 

 

 

 

 

 

 

出演者皆の心がひとつになりつつあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査現場のbeathall1階にはすでに来るべきそのときを迎える準備が

整っていた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻かせていただきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つの意味で巻き寿司はまかせて!(巻かせて・任せて)

というbeathallマスターの指導のもと、参加者一同は即席巻き寿司職人に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおおおおおお!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※beathallマスターの指導の下、真面目に恵方巻きをつくっていたため

 製作途中の写真という無粋なものはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵方巻き!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これこそが

 

“第七警察オリジナル恵方巻き”や!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、言葉はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、恵方巻きを堪能したあとはなぜかダーツ大会が開催された。

 

 

マスターの構え方...素人じゃねえ...。

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察もマネしてやってみました〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察のハイスコア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、

第七警察の捜査人生も含めた

人生初の“恵方巻き”体験は終わった。

 

 

 

 

 

 

 

おっと、忘れていたので載せておきます、

 

 

 

 

 

 

 

みんなで恵方!!!!

 

 

2019年の恵方は“東北東”

 

 

 

 

 

みなに、幸あれ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.01.31 Thursday
1/13(日) 京都市 AFTER BEAT 「アフタービートDE新年会 3」後編

 

 

第七警察捜査活動15周年のトップを飾る捜査、

「アフタービート DE 新年会3」

 

 

記念すべき捜査活動15周年の年を迎え、

心機一転、捜査活動の無事の成就を願うも

またもや突如現れる宿敵・デスメガネの狡猾な罠にはまり

ワンカップ刑事、オッサン刑事が立て続けに殉職...

 

 

 

さらに唯一の決め所であった「今夜はKEEP OUT」での

おなじみのKEEP OUTテープの展開にも失敗するなど

幸先の悪い捜査を終えた第七警察であった...

 

 

 

 

 

意気消沈(いうほどではない)する第七警察。

あとは残りの出演者を楽しむ気力しか残っていなかった。

 

 

 

 

 

 

そんな第七警察に続き登場するのは、この男...

 

 

 

 

 

信州が誇る伝説の巨人...

(↑勝手に命名の枕詞)

 

 

 

 

 

ユーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去においても何度も共同捜査(=共演)を行ってきたユーキ。

幾度となく共同捜査を行ってきた中で第七警察の署内満場一致での結論が、

 

 

 

 

 

ユーキのあとはやだ。

(おいおい、笑。)

 

 

 

 

 

である。

 

 

 

 

 

あの(?)、第七警察さえ恐れる...いや、なにか大切なものをそがれるような

気分にさせられてしまうユーキの壮絶なパフォーマンス...

身も心も奪われ、やせ細る気分に(笑)

 

 

 

 

言葉では表現できない。

もはや人類が有する表現手法では伝えることはできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とおくうがあわあ 

 

 

 

むうねえはあるう〜...

 

 

 

 

 

 

読者の皆さん、おいてけぼりにしてすみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

2曲続けて、と言っておきながら曲間で水分補給に行くユーキ。

 

 

ほどなく、2曲目のバックトラックが流れ出し、とり乱れるユーキ。

ユーキもいつになく、おもしろい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最新(?)のキラー・チューン「おやきサンバ」

もはや説明不要を通り越し、説明できないこの魅力。

 

 

 

 

 

この日も最前列アリーナ席の一部からは笑いが絶えることがなかった...

 

 

 

 

 

恐るべし、ユーキ。

そして、うらやましい。

 

 

 

 

 

 

異様な雰囲気を残され、次に登場するのは...

 

 

 

 

 

 

ピンク・バロン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーカル・菅王、ギター・かわむらいだーのバンド、ピンク・バロン。

ベースの方が急逝され、いまの編成に。

打ち込みのリズムトラックをバックに耳心地のよい歌謡テイストのロック!

特注のピンクのつなぎ、胸にはピンク・バロンの刺繍が光る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイボール?を片手に歌うボーカル・菅王。

こんな風に歌ってみたい...

 

 

 

 

 

 

軽快に、しかし確かなテクニックでギターを奏でるカワムライダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

MCはボケとツッコミありきの関西系。

 

 

 

 

 

 

 

アンコールを幾度か繰り返し(笑)、桃色の男爵たちはステージをあとに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

桃色に染まったステージは一転、清廉な空気へと...

 

 

 

 

 

 

 

 

光誉祐華

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浄土宗の僧侶でもある光誉祐華(こうよゆうか)。

仏教の教えを現代の若年層(ボクも含めて...)に親しんでもらうべく

オリジナルソングに仏教の教えにまつわる詞をのせて唄う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌の合間には法話も。

キーワード掲示はシャッターチャンスらしいです。

(撮りました。)

 

 

 

 

 

 

そして、この日は先ほど登場したピンク・バロンと共演!

ピンク・バロン・菅王とのツインボーカル、カワムライダーのギターで

「爪上の土」を披露!!

 

 

 

 

 

 

 

 

華やかな盛り上がりを見せ、いよいよ新年会も佳境に...!!

 

 

 

 

 

 

 

そして迎えるは...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膀胱チョップ!!!!

 

 

その衝撃度はユーキと双璧...いや、それ以上!?

膀胱チョップねえさん(二人)。

...こ、これは...もはや...漫才!?...コント!?...新感覚エンタテインメント!?

 

 

 

領域(カテゴリー)、境界線(ボーダーライン)を一切無視した驚愕の

めくるめくパフォーマンス...が今、目の前で繰り広げられていく...!!

(自分で書いていて意味不明。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前で展開されていた事の次第をわかりやすく文章にしようとしたが、

数年後読み返してもまったくわからない気がするので、

やがて書くことをやめた第七警察。

(オイ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※橋本真也

 

 

 

 

 

 

※ジャイアント馬場

 

 

 

 

 

 

 

もはや、言葉で伝えることができないおもしろさ故、

並大抵の語彙力をもってしては膀胱チョップを語ることは不可能と悟った。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして...

 

 

 

 

 

 

「アフタービート DE 新年会3」は

ほろ苦い捜査で幕をあけ、新たな衝撃との出会いで幕を閉じたのであった...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年会を彩った面々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察捜査開始15周年は

はじまったばかり...!!

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019.01.28 Monday
1/13(日) 京都市 AFTER BEAT 「アフタービートDE新年会 3」前編

 

第七警察 捜査活動15周年

捜査第1弾!!!! 

 

 

 

 

「アフタービート DE 新年会3」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうことで、

昨年春もお世話になりました光誉祐華(こうよゆうか)からの

捜査依頼を受け朝一番、一路京都へ。

 

 

 

 

心地よい冬晴れにめぐまれ道中はストレスフリー。

 

 

相も変わらず駅前の新名所(?)、鼓門は観光客のインスタ映えスポット。

生粋の金沢人(途中ブランク多々ありだが)としては、歴史の奥深さを微塵も感じない

このような今時建造物に、なに萌えてんだ?と新年早々撮影にいそしむ観光客に

心の中で悪態をついてホームへ向かう。

決してアベック(死語)をおもしろく思っていないわけ...ではない。たぶん。

 

 

 

 

 

 

 

 

道中も車窓からの日差しが眩しすぎる清清しさ。

 

 

 

 

琵琶湖西岸の山々を望みつつ京都へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金をはたいて急いで行く理由もなかったので、ちまちまと在来線を乗り継ぎ

昼には京都へ。

 

 

 

 

 

と、まあ、いつもなら名勝を闊歩する第七警察であったが...

 

 

 

 

 

 

 

数多の管轄外捜査(京都・奈良)のたびに

主要名勝を巡りに巡り、もはや見たい所が

ほとんどなくなっていたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

次はどこへ行こうか、と観光名所をマッピングしていたあの頃が

懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都駅から地下鉄に乗り換え、京都御所近くで下車、

歩いて向かうは本日の捜査現場「AFTER BEAT」

 

 

 

「AFTER BEAT」、この移転後の場所での捜査は初めて。

以前の「AFTER BEAT」での捜査も早や8年前とは...

               ⇒「AFTER BEAT」初捜査の模様

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼を承知で書くと、

正直な話、「スタジオなつめろ」が激しく気になる。

どんな店やねん。

 

 

 

 

 

 

 

本日のラインナップ。

Bugって花井、ユーキ、光誉祐華以外、ピンク・バロンと膀胱チョップは

初共同捜査(=初共演)。

 

 

 

 

 

 

到着するとすでにリハーサル中。

ユーキ、光誉祐華、ピンク・バロンにご挨拶。

 

 

 

 

 

 

楽屋トークでは世代少し上のピンク・バロンのお二人と

なつかし機材ネタや昭和サブカルチャーネタで小盛上がり、

緊張をほぐす第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでははじまります、新年会。

 

 

 

 

 

 

 

捜査現場(=会場)はすでに満員!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年会のオープニングアクトは、

 

Bugって花井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガマウスザメ(気になる人は勝手にウィキペディア。)の啓蒙活動の一環?

として数多のアーティスト活動を行う、海鮮系アイドル。(←怒られるのかな?)

頭部のサメメット(略してサメット。←勝手に略名して怒られるかなあ。)も
以前の共同捜査の頃よりも小型にアップデート。機動力アップが図られている。

 

 

 

どこかのテレビゲームでお馴染みのタコ&イカも登場するんだぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は弾語り(だったかな...)も。

多彩なパフォーマンスを披露するBugって花井。

ちなみにBugって花井というそのアーティストネームは高橋名人公認だそうだ。

その辺の脈絡などは....
面倒くさいので調べたい人は勝手にウィキペディア。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

最後はメガシャークに呑み込まれていくのであった....。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きていた。

(ハァ、ドキドキ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念にタコとイカを物的証拠として撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、目のサメるようなBugって花井のステージに続くのは...

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、あの男...

 

 

 

 

 

 

 

 

今年2019年に

 

活動15周年を華々しく迎える

 

北陸唯一の刑事テクノユニット。

 

 

ある時はメガネ、

 

またある時もメガネ、

 

メガネを愛し、愛され続けて15年。

 

捜査協力者のハートとメガネを片時も離さない...!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察

 

 

背中で何かを語る第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演歌歌手ではない第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の捜査は新年最初の捜査。

捜査の神様「刑事神(デカガミ)様」に今年一年の捜査の無事を祈願する

ワンカップ刑事(交通課)が登場。

 

 

 

 

だが、

 

 

 

 

 

祈祷を終えてお神酒を口にしたワンカップ刑事に突如異変が!!

 
 
 
 
お腹が...お腹が...痛い!!

 

 

突如苦しみだすワンカップ刑事!!

そして同じく突如鳴り響く電話のベル...!!

 

 

 

 

デスメガネ...!!!! (キャー)

 

 

 

 

 

 

なんと...!!

ワンカップ刑事が呑んだお神酒はデスメガネが密かに仕込んだ

幻の銘酒「刑事殺し」だったのだ!!

 

 

 

 

 

苦痛に顔を歪め、悶絶の末...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンカップ刑事、殉職。

(オイ...)

 

 

 

 

※あまりにもショッキングなシーンだったため、記録写真なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワンカップ刑事!! 

 

 なんで死んじまったんだ!!」

 

 

 

 

同僚のオッサン刑事の悲痛な叫びが捜査現場に鳴り響く。

 

 

 

 

 

ワンカップ刑事よ安らかに。

 

おまえの仇は、残ったオレたちが必ずとってみせる。

 

 

 

 

 

 

悲しみを振り払い、新たな決意を胸に秘めるオッサン刑事。

 

 

 

 

 

 

闘志を燃やしながら傍らにあった缶コーヒーを口にしたオッサン刑事に

突如異変が...!!

 

 

 

 

 

 

お腹が...お腹が...痛い!!

 

 

突如苦しみだすオッサン刑事!!

そして同じく突如鳴り響く電話のベル...!!

 

 

 

 

 

 

 

またしても、デスメガネ...!!!! (キャー)

 

 

 

 

 

 

なんと...!!

オッサン刑事が呑んだ缶コーヒーはデスメガネが密かに仕込んだ

致死量のカカオを含む缶コーヒー「デスプレッソ」だったのだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦痛に顔を歪め、悶絶するオッサン刑事...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

オッサン刑事、殉職。

 

 

 

 

捜査活動15周年の初捜査において

 

殉職者2名というかつてない事態を招いてしまった

 

第七警察!!

 

 

 

 

 

 

 

二人のベテラン刑事を失い悲しみにくれるテクノ刑事...

追い討ちをかけるように、またしても非情な電話ベルの音が鳴り響く!!

 

 

 

 

 

 

 

 

恐怖のとばりに捜査現場が包まれたその時、

ヤツは現れる...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

デスメガネ のおじさんだ!!

 

 

 

 

 

謎の怪事件「メガネ狩り」(発生からだいたい13年で未だに未解決)の首謀者、

デスメガネ!!

捜査現場に居合わせた捜査協力者(=来場客)は、そのあまりの禍々しさに

終始顔を歪めざるを得なかったとか、そうでなかったとか...

 

 

 

 

 

 

 

よどんだ空気感を残し、デスメガネは去って行ったのであった...

(お〜こわ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

デスメガネが現れ、恐怖に包まれた捜査現場を救えるのは...

もうオレたちしかいない!

 

 

 

 

 

 

 

第七警察だ!!

 

 

 

 

 

 

 

捜査を締めるのはこの曲!

 

 

 

 

第七警察・捜査のテーマ

 

「今夜はKEEP OUT」

 

 

 

 

 

KEEP OUTテープ展開!!!!!

 

ちょっとユルんでるけど...い、いきますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今 夜 は...

 

 

 

 

 

 

 

 

...!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

だが...!!!!

 

やりきる!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきらめない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、いい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年、平成最後となる“初捜査”。

 

第七警察は2名の殉職者という、

 

捜査史上において例のない損害に加え、

 

捜査の随一の決め所でKEEP OUTテープ脱落という

 

あってはならない事態を招き、その捜査記録に大きな

 

爪痕を残すこととなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査後、放心状態の第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査をスベって...

もとい、すべて終えた第七警察。

 

 

 

 

あとはただただ新年会を楽しむだけであった...。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の事件簿「アフタービート DE 新年会3」後編へ続く...!!

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.11.27 Tuesday
11/23(金) 金沢市 beat hall「アコースティックライブぶりまつり」

 

呼ばれて出動、第七警察。

 

 

8月の捜査以来の捜査依頼で出動!!

 

 

久しぶりのbeat hallでぶりの殺人(殺魚?)予告!

未然に防ぐことも、犯人を捕まえる気も一切なく、

もとより事件性の有無すら関係なく出動!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共同捜査(=共演)の皆さんは初めての方々ばかり。

リハーサルの段階でアコースティック感皆無の第七警察、心苦しくはある!

 

 

当たり前に第七警察以外は純粋にして正統なアコースティックサウンドの

皆さん。

今日は趣向にそぐわない者が一人混ざってしまったが、よろしくお願いします。

(ちなみにbeat hallマスターからの捜査依頼です。主催者公認です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刻一刻と迫る「アコースティックぶりまつり」

心はすでにイベント終了後のぶり解体ショー!

待っていろ、ぶり!おいしくいただいてやるからな!

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで「アコースティックぶりまつり」の開幕である。

 

 

 

 

 

第七警察、捜査開始!!

 

 

 

その前に一人淋しく自撮り。

 

 

いや、しかしこのオーダースーツ、通称“セブンケイサスーツ”

いいですねえ。

自画自賛するのかよって?

 

 

 

 

するよ。

 

 

 

 

 

スーツは肩で着る、

なんて言うけれどドンピシャのサイジング、最高だね!

ほんとスーツのマルヨネさんの仕立ては最高!

リクルートスーツ購入予定の若人諸君!(誰もこの日誌読んじゃいねーよ)

洋服の○山や紳士服ア○キに行くくらいなら、ちょっと奮発して
オーダースーツを仕立てることをオススメする!
仕事ができなくても...できる男に、見てもらえるかも、しれないから!
 
 
 
 
 
さて、第七警察はトップで捜査。

 

 

 

 

今回、悲しいかな捜査の模様を撮影していただけるような

既知の捜査協力者がおりませんで、beat hallマスターの撮影した
写真と記録用動画からキャプチャしたものだけ。

                            撮影:beat hallマスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまの安定の捜査でございました。

以降の二組のお客様には門外はなはだしいお耳汚しだったかもしれません、

ご清聴いただき...とは言いづらい耐え難きを耐えていただいた30分間の捜査、

ご協力の程ありがとうございました。

 

 

いや、しかしド派手なムービング(照明)が似合いますねえ!

自分で言うのかって?

 

 

 

言うよ。

 

 

 

 

 

ここからが本当の「アコースティックぶりまつり」

続いては、村りん

 

 

第七警察の捜査演出のムービングがきらめいたまま...汗

マスター!この演出はあかんです!汗

 

 

 

 

 

ほどなく、過剰な演出はおさまり歌と相まったステージに...

 

 

これぞ、アコースティック!いぶし銀のアコギ弾き語り。

“ザ・アコースティック”(キン肉マンの超人で出てきそう)と呼びたくなる
情熱と哀愁の交錯する男の弾き語り。
ご自身の人生を語る歌など、深みのある歌を唄いあげる。
このような己の生き様と音楽が一つとなったステージを見ると
つくづく自分が...
でもやっぱ、好っきゃねん...第七警察

 

 

 

 

 

 

そして、「アコースティックぶりまつり」のトリを務める、

箱笛音(はこぶね)

 

 

フルート、アコギ、カホンのトリオアンサンブル。

 

 

 

 

 

 

リバーヴのかかったフルートの旋律がbeat hallに心地よく響く。

三人で音合わせはあまりしていないそうだが、そんな事情は

どこ吹く風のアンサンブル。

 

 

曲はクラシック、ボサノヴァ、タンゴ...などを軽快に。

惜しむらくはトークに曲&アーティスト愛が垣間見えて欲しかったかな。

サラリと曲紹介...が少し残念。

というのも、ピアソラの「リベルタンゴ」はやっぱ気持ちが入るのでね!

(わたしのね)

 

 

 

で、久々にピアソラを思い出して変化球ぎみのオマージュはやっぱコレ、

映画「12モンキーズ」のテーマ。

 

 

いいですねえ。

ま、ピアソラのタンゴ=バンドネオンの固定概念甚だしいだけだが(苦笑)

個人的には古いCMでも流れていたヨー・ヨー・マ(ビオラ)のリベルタンゴ、

乙な一品だと思うのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、「アコースティックぶりまつり」。

演目のほうは全て終了し...

 

 

 

 

 

 

 

ついに、そのときが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶり解体事件(ショー)

の幕開けじゃい!

 

 

 

 

 

 

 

 

惨劇(?)の舞台は、beat hall1階ロビー。

 

 

 

 

 

 

会場にはすでに...あれ?

鍋が...

 

 

 

.

 

巷を騒がせているアツアツ鍋に顔面を突っ込まされるという

アレな事件を連想したとか、しないとか...。

と、とにかく、ぶり解体の前に我々を待ち受けていたのは

とり鍋だった!!

 

 

 

 

 

 

季節は秋(晩秋です)!

そそる食欲が、本能が、行動に直結する!
ぶりのことをしばし忘れ、とり鍋に舌鼓を打っていると
どこからともなく生々しい生臭い香りが...
 
 
 
 
 
 
!!
マ-ス-ター!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解体事件が、すでに

 

はじまっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージと、

 

なんかちがいませんか、

 

マスター。

 

 

 

 

 

 

 

 

(う...うまい...(さばくのが))

 

 

 

 

 

 

第七警察の心の内なる戸惑いをよそに

ぶりは解体されていった...

第七警察はそれをただただ見つめるばかりであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

美味そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実に、

 

 

 

 

 

 

 

美味そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お頭なんか、なくたっていい。

 

身があればいい。

 

だって僕は身の程を知っているから。

 

by 第七警察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、

 

ぶりまつり

 

 

 

 

 

こうして...

 

 

 

 

 

いまだかつてない、

本来の捜査よりも打ち上げの模様の方が事細かく報告されたという、

「過去の事件簿」コーナー史上類を見ない事件簿はこれにて終了。

 

 

 

 

 

 

そうそう、

 

 

 

 

 

捜査終了後に来場客の方から「10年くらい前に見たことあります。」

と、うれしいお声がけをいただきました。

捜査冥利に尽きるとはまさにこのこと、

10年経っても(二つの意味で)忘れられない男・第七警察、でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.21 Wednesday
3/18(日) 金沢市 beat hall 「MIKI pole dance show」

 

 

ようせい世界の住人・山本新を知っているか?

 ⇒ 山本新のwebsite

 

 

京都の管轄外捜査では毎度お世話になりっぱなしの山本新!

いつもお世話になっております!

 

 

 

富山でのライブショーを画策中に某ライブハウスのスケジュールに載っている第七警察に

目を留めていただいたことがきっかけで、共演。

その後は山本新の地元・京都での捜査に度々誘っていただくなど、多大な恩恵を一方的に受けていた第七警察!

 

 

 

オレもいつか山本新を地元・金沢に呼ぶんだ!

と息巻こうと思案(...思案だけ...)していた矢先、山本新から「金沢でライブできませんか?」と打診を受け、急遽実現!

結局受身形(泣)!

 

 

 

   
経緯はどうあれ、

 

 

 

山本新、初来沢である。

 

 

 

 

 

 

山本新からの打診がきっかけとはいえ、地元金沢で山本新を迎えることになった第七警察。

気持ちは高ぶる。

 

 

 

 

 

山本新、前日の高岡ライブから1日置いての金沢入りとのこと。

金沢駅前で迎える第七警察。

 

 

 

 

 

 

せっかくの金沢、ホストとして恥ずかしくないもてなしを...と
何処か行きたい場所があるかと尋ねれば、
「白山比弯声劼帽圓辰討澆燭ぁ」

 

 

 

渋い。

そして、若干遠い。

 

 

 

 

 

 

だが、ホストとして恥ずかしくないおもてなしを心に誓った第七警察。

なんなく山本新を白山比弯声劼慙行する。

(所要時間が意外と短かった。)

 

 

 

 

 

 

参道

 

 

社にて本日のライブの成功祈願を行った。

 

 

 

 

 

 

 

ホストに徹するあまり写真をほとんど撮らずに

同神社を後にする。

実際はご近所のお寺も巡回したりと男二人渋めの探索を敢行したのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は金沢名物(?)ゴーゴーカレー

 

 

 

 

 

 

空腹を満たし、いよいよ本日の捜査現場「beat hall」へ。

第七警察にとっても初捜査現場である。

 

 

 

 

 

 

 

ビミョーな距離感をとって甘えてくるノラがお出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日共演のDIP PAPPLEさんにご挨拶。

リハーサルが始まる。

 

 

 

 

 

第七警察のセッティングは前回捜査の桃色祭と同じく。

顕微鏡はわかりにくいので、なしに...。

 

 

手際よくリハーサルを終え、しばしの休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の帳もおり、いよいよライブの幕開け!

 

 

この日はライブショーの後にMIKIさんによるポールダンスショーが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

 

 

 

 

またまたトップで捜査、

 

私、第七警察です。

 

 

 

後光さす第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

またまた登場の、新刑事・ケミカル刑事。

性懲りもなく、人間の恋愛感情を支配する“LOVE細胞”発見の記者会見を開く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初捜査現場、ツメの甘さを露呈するKEEP OUTテープ展開ミス...。

何年やってるんだ...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査終了。

捜査協力いただいた会場の皆様、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

さあ!

 

 

 

 

 

 

 

ついに登場!

 

 

 

 

 

 

 

 

山本新!!!

 

 

 

 

金沢がようせい世界に包まれる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーフ!

 

ポーク!!

 

チキン! チキン!! チキン!!

 

 

「けものたちに感謝」!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、打ち上げで出演者たちは“けものたちに感謝”することになろうとはこのとき予想だにしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このハイテンション!!!

 

 

 

 

 

 

 

この日も余すことなく、たべものシリーズのキラーチューンを連発!

興奮と黄緑の羽毛を巻き散らかし、ようせい世界へと帰っていった...。

 

 

山本新!

また、金沢に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブショーの、トリを飾るのは...

 

 

 

 

 

 

 

DIP PAPPLE


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いぶし銀のロックサウンドが会場全体に響く!!

客席でギターバトルを展開するなど見せる演出も!!

こんな風に歳を重ねたいぜ!!

 

 

 

 

 

 

徐々に盛り上がりを見せたところで一転、怪しげな雰囲気に包まれる会場...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dancer MIKI

 

pole dance SHOW!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれて初めて見るポールダンス。

艶かしい妖しさ。

 

 

それ以上に鍛錬されたボディが生み出す力強く、しなやかな動き!

ため息の出るひとときであった!

 

 

 

 

 

 

MAKIさん、山本新、第七警察で記念写真(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ポールに興味を示す山本新。

今後の山本新のライブショーでポールが登場する日があるのだろうか。

(いや、ない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブショー出演者の打ち上げは...

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!!

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉!!

 

 

 

 

 

 

 

 

けものたちに感謝。

(by 山本新)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスター「ごはんもあるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察の何かが弾けた。

 

 

 

 

 

 

第七警察

「ごはん、ください。」

 

マスター

「はーい。」

 

 

 

第七警察

「ごはん、おかわり!」

 

マスター

「は、はーい。」

 

 

 

 

 

第七警察

「ごはん、おかわり!!」

 

マスター

「レンジでチンするから、待って...(泣)」

 

 

 

 

 

 

 

今夜の格言

 

過ぎたるは 及ばざるが如し。

 

 

 

 

 

 

 

 

心もお腹も満たされ、

私服ならぬ、至福刑事!

 

 

 

 

 

山本新、DIP PAPPLEの皆さん、

beat hallマスター、

そして、捜査協力いただいた皆さん、

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました!!

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.21 Wednesday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【巡回編(複路)】

 

3/3(土)に奈良県は五條市で開催された「大和の國 桃色祭」。

無事、捜査を終えた第七警察は今回も例に漏れずに

奈良県各所で管轄を越えた巡回パトロール(観光)を行い、

その帰路についたのであった。

 

 

 

 

3/4(日)から明けて5日(月)、天候は前日とはうってかわっての

あいにくの雨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少々滅入りながらも捜査車両に乗り込み、帰路を急ぐ...

 

 

 

 

 

 

 

ことなく、道中の巡回を愉しむ第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

 

意図せず、側を通ることとなったので...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降りしきる雨の中、平等院へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ、観光パンフレット・ホームページなどでは見ることのない、

一般的観光目線では残念な平等院ではあったが、そこにこそ価値を見出す第七警察。
雨の日の平等院、そうそう見ることは...ない!
(強がりでは...ない...と思う。)

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
  
 
屋根に鎮座する金色に輝く鳳凰よりも鬼瓦に惹かれる第七警察。
目のつけどころがいちいち渋い。
(自分で言う...。)
 
 
 
 
 
 
 
平等院の鬼瓦にうっとりした後、隣接する最勝院で思わぬものを発見。
 
桃の鬼瓦?いや、ズバリ“桃瓦”!
 
 
 
 
これはあまり見たことのない造形の瓦。
桃は魔除けの意味合いもあるらしいので、
ここにあるのもさもありなん。
 
 
 
 
 
 
と、あとあと見てみると平等院の屋根にも...
 
 
桃瓦が。
 
 
 
 
 
 
皆さんも平等院に足を運ぶ機会があったら、是非屋根の上にご注目を。
 
 
 
 
 
 
 
隣接のミュージアム内で見た雲上菩薩の造形も素晴らしく、
思わずポストカードを購入。
平等院を後にする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ時間に余裕があったので、足を向けたのが...
 
 
 
 
 
三千院である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どんだけ満喫してるんだ、と。
 
 
  
  
 
 
 
 
 
自分にツッコミを入れつつ、ひた走る三千院への道のり。
 
 
 
 
 
  
 
ふもとの駐車場に捜査車両を停め、近道と書いてあった看板を
鵜呑みにして進む。
いわれのない不安感が先立つ近道である。

 

 

 

 

橋を発見...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うそでしょ?

 

 

もう、思わず一休さんの「この橋渡るべからず」を思い浮かべる。

いや、この橋、端しかないです、ハイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

えもいわれぬ不安が恐怖に変わりつつも先を進むと、

ようやく構造上間違いない橋を発見、安堵する。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日の月曜日。

土産店も店じまいである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ名勝、こんな日でも観光客の姿はちらほら。

 

 

 

 

 

 

三千院

 

 

 

 

 

 

 

三千院の見どころのひとつ、

わらべ地蔵。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光サイトでよく見る、“できた写真”がいかにズームを利かせたスナップであることかがわかり、一気にやる気を無くしたデジカメ刑事。(デジカメ刑事のカメラにはズーム機能がない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齢を重ねた今となっては雨煙る庭園に趣を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨露に輝く草木の葉もまた一興。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日だったからこそ味わえる風情を噛み締めながら三千院を後に。

 

 

 

 

 

道すがら、目に飛び込んだ蟷螂の卵。

 

 

ふと、童心に返り見入る。

 

 

 

 

 

 

 

遠い昔はおそらく集落もなく浮世から隔絶されたこの地では僧侶たちが修行に励んでいたのだろう。

山河と漂う空気だけはいまなお昔の姿を今に伝えているようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三千院から滋賀県へ、山道を進むに案の定道に迷う。

 

 

数百メートル先さえもおぼつかない農道に迷い込み、激しく狼狽(苦笑)

来た道を引き返す。
 
  
  
  
 
 
 
山を下ってからは琵琶湖西岸を北上、福井へ。
 
平野部に雪は残るものの、2月の大雪の痕跡はもうさほど感じ取れず。
とはいえ、道端には山のように積み上げられた“雪塊”がふしぶしで見られ、
積雪量のすさまじさが身にしみて伝わる光景であった。
 
 
 
 
 
 
 
 
春日大社でいただいた交通安全神鹿ステッカーのご利益に他ならないであろう、
無事、捜査本部に到着。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
永きに渡った奈良捜査とその道程を噛み締めるように、光誉祐華からいただいた奈良土産、吉野名物「柿の葉寿司」を食す。
 
      
  
   
   
賞味期限が翌日(3/4)だったらしいが、
      
そんなことは露知らず
         
ぺろりとおいしくたいらげ、
    
私はいま、こうして生きている。
    
(3/5以降、現在に至る。)
 
 
 
 
 
 
 
 
遠き地での人との出会いに感謝。
 
  
      
  
過ぎ行くも、心に残るは桃色祭。
 
  
桃色の春は、これから。
   
 
 
  
 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.10 Saturday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【観光編(吉野)】

 

 

光誉祐華主催「大和の國 桃色祭」から一夜明けた翌日。

この地にやって来た本来の理由を忘れたかのごとく、

パトロールの名目で名勝を闊歩する第七警察。

そのバイタリティーに誰もが驚嘆するのであった。

(だれ?)

 

 

 

 

3月4日(日)。

青空の下、宿を出た第七警察は神武天皇陵、橿原神宮とヤマトの国発祥の地を巡り、大和三山に囲まれた橿原の街から次なる地へと足を向けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良県吉野郡

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野といえば、かの南北朝時代において後醍醐天皇が南朝を開いた歴史的な地である。

 

 

 

 

 

 

 

 

その吉野を浄土宗西迎院副住職が案内してくれるということで

そのお誘いを快諾し、馳せ参ずる次第であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

このお方です。

 

 

 

昨夜の主催者であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

橿原市の宿にいったん戻り、橿原駅から近鉄線に。

西迎院の最寄駅・下市口まで電車に揺られながら向かう。

あっという間についたのは、寝ていたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下市口駅到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅長さん、いくらなんでも下手すぎませんか?

電車もまいっちゃってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下市口駅前

 

帰ってきた...オレはこの地に再び。

日曜の昼下がり、人通りは少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、腹が減った。

駅から西迎院までは十数分とのこと。

道すがら何か食事を...と探すが...開店している店がない...。

オレはここで餓死するのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお!?

 

 

あるやないかい!! 

食堂街!!

 

 

 

 

 

 

 

さっそく、ゴー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

食欲は行動の母である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ奈良だよ...な...

 

 

 

 

 

 

 

 

ビリケンで大和名物とかぶせられては放ってはおけない。

ビリケンラーメン、レッツ・イート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビリケンラーメンは

 

最強に

 

メシが

 

ススム

 

ラーメン

 

だった。

 

 

 

 

 

ラーメンの写真?

自分の目と舌で確かめてくれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、下市は標語が多い。

 

 

 

 

平和のダメ押しなのか、本当に物騒だからなのか。

勝手に謎を深めつつ、すぐに忘れる。

 

 

 

 

 

 

 

吉野川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野川を渡り、観光案内図を発見。

 

 

左下の方位イラストがイカすぜ。

 

 

 

 

 

むむむ、地図にしっかり載っている...。

 

 

 

 

 

 

 

 

川を渡りほどなく進むと...見えてきた!

西迎院に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専用バス亭つき

 

 

もう、だれも迷わない。

 

 

 

 

 

 

 

浄土宗西迎院

 

 

歴史を感じる門構え。

門をくぐると、光誉祐華様の手厚いお出迎えを受け院内へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※すべて光誉祐華様のおっしゃられるままに私はポーズを決めただけです。

 かっこよくて、すみません。

 

 

 

 

 

 

なにやってんだ...

 

 

 

 

 

 

 

 

少々はしゃいだ面(自分からじゃない!)もあったが、荘厳な本堂も見させていただいた。

 

 

 

 

 

 

窓のすりガラスに刻まれた紋様が目を引いたので光誉祐華様に伺ったところ

これは“寺紋”というそうです。家紋のように宗派で決まっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デジカメ刑事の記録のほうではモノクロにしようと思う、この鬼瓦。

見事な造形である。

瓦にもさきほどの寺紋。

 

 

 

 

 

 

 

他にも見るべきものがあった気もするが、

光誉祐華様が次なる名勝を案内してくださるということで西迎院を後に。

 

 

 

 

 

 

 

 

向かった先はこちら。

金峯山寺

 

 

 

 

 

 

 

 

御本尊は拝見できなかったが、これまた重厚な歴史を感じる仏閣。

ただただ圧倒される。

現代でもけっして容易くはないであろうこのような建築物を昔の人が

このような山奥で作り上げたことを思うと底知れぬ人々の力に驚嘆。

 

 

 

 

 

 

 

帰りのみちすがら

吉野神宮にも参拝。

 

 

 

 

清酒やたがらす

 

 

 

 

 

この吉野神宮の狛犬の吽形が見事な面構え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野山を下山した光誉祐華と第七警察は

夕食をとるべく、再び橿原市へ向かう!

 

 

 

 

 

カレーじゃ!ナンじゃ!

 

 

 

 

 

 

 

そして、あのTU-KOが合流!!!!

 

 

昨夜に続いての共演者の宴!

この夜もスパイシーなカレーに舌鼓をうち、音楽を語り、ネパール語を学んだ三人!

オレは思った。

 

 

TU-KOさん、次はくら寿司

 

行くよ!!(涙)

 

 

 

 

 

 

 

この夜も

長く短い宴は

終わりが近づいてきた。

 

 

 

 

 

 

地元の二人が共に去り行き、

一人になるこの瞬間というのはなんとも寂しいものである。

 

 

 

 

 

 

 

畝傍だけ、安すぎや。

 

 

三山格差。

 

 

 

 

 

 

今宵また世話になる宿。

今夜は門限前帰り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は四畳半

 

これぞ、男の一人旅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよクライマックスを迎える管轄外捜査。

懲りない巡回編(往路)に続く!

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.10 Saturday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【観光編(橿原)】

 

 

桃色一色に染まり、華々しく幕を下ろした

光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」

 

 

 

 

桃色の余韻に包まれながら、出演者一同は場所を橿原市に移し

互いのステージを讃え合い、音楽について語り合った。

 

 

だがこの日の第七警察の宿は門限23時というシンデレラ以上に過酷なものであった。

主人に交渉した。

 

七「たのむから24時にしてくんない?」

主「いいけど、なるべく早く帰ってきてね。」

 

この“なるべく”具合がどの程度のものかわからず、刻一刻と門限が迫り、

名残惜しさを胸にこの日の仲間たちと店を後にし宿へと急ぐ。

なんとか門限には間に合う第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋はツインだった。

 

 

とりあえず、修学旅行の設定で

「なあ、もう寝た?」

「まだー、おまえはー?」

「ぜんぜん眠れねー。」

ごっこをする。

 

 

 

 

 

さらに

 

 

 

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史上稀に見る

 

白電話が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けて3月4日(日)、天気は晴れ。(展開早い)

今回も性懲りもなく、折り畳み自転車を携行。

いざ、橿原の地へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナラネコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマトー ダイソー

 

 

地元のスーパーのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敬礼であります!

 

 

見づらいですが、橿原警察署です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気にも恵まれたこの日は自転車を飛ばし、神武天皇陵さらに橿原神宮を目指す!

 

 

 

 

 

 

 

 

地図によるとここが神武天皇陵の入口のようである。

 

 

(第七警察は、ここが裏門であることに気づいていない。)

 

 

 

 

神武天皇陵、誰もいません。

 

 

伝説の初代天皇の陵墓に足を運ぶ者はもういないのか?

独り占めの優越感以上に寂しさを禁じえない。

 

 

 

 

 

 

 

広大な陵墓前。

 

 

 

 

 

 

陵墓を前にして失礼極まりないが、厳かさ以上の寂しさ。

とはいえ、目には見えない歴史の重みを感じ、神武天皇陵を後にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどなく進むと...ここが神武天皇陵の正門...?

 

 

...まあ、いいけど。

 

 

 

 

 

 

 

今度こそ神武天皇陵を後にし、程なく進むと...

来ました!橿原神宮!

 

(第七警察は、ここが裏門であることに気づいていない。)

 

 

 

 

神聖にして厳かな鳥居。

悠久の時を刻んだ鳥居を前に身が引き締まる思いの第七警察。

(くどいですが、ここは裏門である。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成32年には御鎮座130年

 

 

平成って32年まであるんだっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英霊に感謝の念を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして境内へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここらで、ようやく気づくのだが...

 

 

 

 

 

 

 

 

出て行こうとしている、こちら側が...

 

 

 

 

 

 

 

 

正門だね、まちがいなく。

 

 

 

 

 

 

 

裏から正面に出た、なんともいえない気分で橿原神宮を去る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、橿原市観光案内図に遭遇。

 

 

 

 

 

 

 

ここ橿原は大和三山(畝傍山、耳成山、香具山)があることでも有名である。

 

 

 

 

 

 

 

 

畝傍山(うねびやま)

 

 

 

 

 

 

耳成山(みみなしやま)

                                宿の部屋より

 

 

 

 

 

香具山(かぐやま)

 

この香具山だけがビューポイントの悪さからか、いまひとつわからずおそらく

この方角のあたり...写っているはず...(汗)

 

 

 

 

 

いちまつの不安を抱きながら、大和三山を拝んだ気分でいったん宿へ向かう。

 

 

 

 

 

 

大通りは車とお店しか拝めないので奈良の街の風情を、とわき道に入ったらば

行きたい方角からどんどん道がはずれていき...あわてて修正、

結局、元の大通りへ...

 

 

とはいえ目にすることになった奈良の民家、灰色の屋根瓦が多い。

(先の耳成山の写真など参照。)

北陸は融雪効果を狙って(と聞いている)黒瓦が多い印象なので

この辺は土地の風情を感じた次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道中の梅はそろそろ咲き始め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは泥棒よけでしょうか?だれか教えてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜の捜査の疲れもどこ吹く風の第七警察。

もはや管轄外捜査では定番となった捜査翌日の観光をこの日も満喫。

本分とはいかに?

 

 

 

 

橿原市内の巡回(パトロール)を終え、宿に自転車を駐車。

次なる地へ。

 

 

 

 

向かうは吉野の里。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光編(吉野)へつづく。

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |