Profile
最近の日誌
月別日誌
カテゴリー
皆様の声
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2018.03.21 Wednesday
3/18(日) 金沢市 beat hall 「MIKI pole dance show」

 

 

ようせい世界の住人・山本新を知っているか?

 ⇒ 山本新のwebsite

 

 

京都の管轄外捜査では毎度お世話になりっぱなしの山本新!

いつもお世話になっております!

 

 

 

富山でのライブショーを画策中に某ライブハウスのスケジュールに載っている第七警察に

目を留めていただいたことがきっかけで、共演。

その後は山本新の地元・京都での捜査に度々誘っていただくなど、多大な恩恵を一方的に受けていた第七警察!

 

 

 

オレもいつか山本新を地元・金沢に呼ぶんだ!

と息巻こうと思案(...思案だけ...)していた矢先、山本新から「金沢でライブできませんか?」と打診を受け、急遽実現!

結局受身形(泣)!

 

 

 

   
経緯はどうあれ、

 

 

 

山本新、初来沢である。

 

 

 

 

 

 

山本新からの打診がきっかけとはいえ、地元金沢で山本新を迎えることになった第七警察。

気持ちは高ぶる。

 

 

 

 

 

山本新、前日の高岡ライブから1日置いての金沢入りとのこと。

金沢駅前で迎える第七警察。

 

 

 

 

 

 

せっかくの金沢、ホストとして恥ずかしくないもてなしを...と
何処か行きたい場所があるかと尋ねれば、
「白山比弯声劼帽圓辰討澆燭ぁ」

 

 

 

渋い。

そして、若干遠い。

 

 

 

 

 

 

だが、ホストとして恥ずかしくないおもてなしを心に誓った第七警察。

なんなく山本新を白山比弯声劼慙行する。

(所要時間が意外と短かった。)

 

 

 

 

 

 

参道

 

 

社にて本日のライブの成功祈願を行った。

 

 

 

 

 

 

 

ホストに徹するあまり写真をほとんど撮らずに

同神社を後にする。

実際はご近所のお寺も巡回したりと男二人渋めの探索を敢行したのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は金沢名物(?)ゴーゴーカレー

 

 

 

 

 

 

空腹を満たし、いよいよ本日の捜査現場「beat hall」へ。

第七警察にとっても初捜査現場である。

 

 

 

 

 

 

 

ビミョーな距離感をとって甘えてくるノラがお出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日共演のDIP PAPPLEさんにご挨拶。

リハーサルが始まる。

 

 

 

 

 

第七警察のセッティングは前回捜査の桃色祭と同じく。

顕微鏡はわかりにくいので、なしに...。

 

 

手際よくリハーサルを終え、しばしの休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の帳もおり、いよいよライブの幕開け!

 

 

この日はライブショーの後にMIKIさんによるポールダンスショーが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

 

 

 

 

またまたトップで捜査、

 

私、第七警察です。

 

 

 

後光さす第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

またまた登場の、新刑事・ケミカル刑事。

性懲りもなく、人間の恋愛感情を支配する“LOVE細胞”発見の記者会見を開く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初捜査現場、ツメの甘さを露呈するKEEP OUTテープ展開ミス...。

何年やってるんだ...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査終了。

捜査協力いただいた会場の皆様、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

さあ!

 

 

 

 

 

 

 

ついに登場!

 

 

 

 

 

 

 

 

山本新!!!

 

 

 

 

金沢がようせい世界に包まれる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーフ!

 

ポーク!!

 

チキン! チキン!! チキン!!

 

 

「けものたちに感謝」!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、打ち上げで出演者たちは“けものたちに感謝”することになろうとはこのとき予想だにしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このハイテンション!!!

 

 

 

 

 

 

 

この日も余すことなく、たべものシリーズのキラーチューンを連発!

興奮と黄緑の羽毛を巻き散らかし、ようせい世界へと帰っていった...。

 

 

山本新!

また、金沢に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブショーの、トリを飾るのは...

 

 

 

 

 

 

 

DIP PAPPLE


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いぶし銀のロックサウンドが会場全体に響く!!

客席でギターバトルを展開するなど見せる演出も!!

こんな風に歳を重ねたいぜ!!

 

 

 

 

 

 

徐々に盛り上がりを見せたところで一転、怪しげな雰囲気に包まれる会場...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dancer MIKI

 

pole dance SHOW!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれて初めて見るポールダンス。

艶かしい妖しさ。

 

 

それ以上に鍛錬されたボディが生み出す力強く、しなやかな動き!

ため息の出るひとときであった!

 

 

 

 

 

 

MAKIさん、山本新、第七警察で記念写真(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ポールに興味を示す山本新。

今後の山本新のライブショーでポールが登場する日があるのだろうか。

(いや、ない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブショー出演者の打ち上げは...

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!!

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉!!

 

 

 

 

 

 

 

 

けものたちに感謝。

(by 山本新)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスター「ごはんもあるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察の何かが弾けた。

 

 

 

 

 

 

第七警察

「ごはん、ください。」

 

マスター

「はーい。」

 

 

 

第七警察

「ごはん、おかわり!」

 

マスター

「は、はーい。」

 

 

 

 

 

第七警察

「ごはん、おかわり!!」

 

マスター

「レンジでチンするから、待って...(泣)」

 

 

 

 

 

 

 

今夜の格言

 

過ぎたるは 及ばざるが如し。

 

 

 

 

 

 

 

 

心もお腹も満たされ、

私服ならぬ、至福刑事!

 

 

 

 

 

山本新、DIP PAPPLEの皆さん、

beat hallマスター、

そして、捜査協力いただいた皆さん、

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました!!

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.21 Wednesday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【巡回編(複路)】

 

3/3(土)に奈良県は五條市で開催された「大和の國 桃色祭」。

無事、捜査を終えた第七警察は今回も例に漏れずに

奈良県各所で管轄を越えた巡回パトロール(観光)を行い、

その帰路についたのであった。

 

 

 

 

3/4(日)から明けて5日(月)、天候は前日とはうってかわっての

あいにくの雨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少々滅入りながらも捜査車両に乗り込み、帰路を急ぐ...

 

 

 

 

 

 

 

ことなく、道中の巡回を愉しむ第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

 

意図せず、側を通ることとなったので...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降りしきる雨の中、平等院へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ、観光パンフレット・ホームページなどでは見ることのない、

一般的観光目線では残念な平等院ではあったが、そこにこそ価値を見出す第七警察。
雨の日の平等院、そうそう見ることは...ない!
(強がりでは...ない...と思う。)

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
  
 
屋根に鎮座する金色に輝く鳳凰よりも鬼瓦に惹かれる第七警察。
目のつけどころがいちいち渋い。
(自分で言う...。)
 
 
 
 
 
 
 
平等院の鬼瓦にうっとりした後、隣接する最勝院で思わぬものを発見。
 
桃の鬼瓦?いや、ズバリ“桃瓦”!
 
 
 
 
これはあまり見たことのない造形の瓦。
桃は魔除けの意味合いもあるらしいので、
ここにあるのもさもありなん。
 
 
 
 
 
 
と、あとあと見てみると平等院の屋根にも...
 
 
桃瓦が。
 
 
 
 
 
 
皆さんも平等院に足を運ぶ機会があったら、是非屋根の上にご注目を。
 
 
 
 
 
 
 
隣接のミュージアム内で見た雲上菩薩の造形も素晴らしく、
思わずポストカードを購入。
平等院を後にする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ時間に余裕があったので、足を向けたのが...
 
 
 
 
 
三千院である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どんだけ満喫してるんだ、と。
 
 
  
  
 
 
 
 
 
自分にツッコミを入れつつ、ひた走る三千院への道のり。
 
 
 
 
 
  
 
ふもとの駐車場に捜査車両を停め、近道と書いてあった看板を
鵜呑みにして進む。
いわれのない不安感が先立つ近道である。

 

 

 

 

橋を発見...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うそでしょ?

 

 

もう、思わず一休さんの「この橋渡るべからず」を思い浮かべる。

いや、この橋、端しかないです、ハイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

えもいわれぬ不安が恐怖に変わりつつも先を進むと、

ようやく構造上間違いない橋を発見、安堵する。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日の月曜日。

土産店も店じまいである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ名勝、こんな日でも観光客の姿はちらほら。

 

 

 

 

 

 

三千院

 

 

 

 

 

 

 

三千院の見どころのひとつ、

わらべ地蔵。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光サイトでよく見る、“できた写真”がいかにズームを利かせたスナップであることかがわかり、一気にやる気を無くしたデジカメ刑事。(デジカメ刑事のカメラにはズーム機能がない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齢を重ねた今となっては雨煙る庭園に趣を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨露に輝く草木の葉もまた一興。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日だったからこそ味わえる風情を噛み締めながら三千院を後に。

 

 

 

 

 

道すがら、目に飛び込んだ蟷螂の卵。

 

 

ふと、童心に返り見入る。

 

 

 

 

 

 

 

遠い昔はおそらく集落もなく浮世から隔絶されたこの地では僧侶たちが修行に励んでいたのだろう。

山河と漂う空気だけはいまなお昔の姿を今に伝えているようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三千院から滋賀県へ、山道を進むに案の定道に迷う。

 

 

数百メートル先さえもおぼつかない農道に迷い込み、激しく狼狽(苦笑)

来た道を引き返す。
 
  
  
  
 
 
 
山を下ってからは琵琶湖西岸を北上、福井へ。
 
平野部に雪は残るものの、2月の大雪の痕跡はもうさほど感じ取れず。
とはいえ、道端には山のように積み上げられた“雪塊”がふしぶしで見られ、
積雪量のすさまじさが身にしみて伝わる光景であった。
 
 
 
 
 
 
 
 
春日大社でいただいた交通安全神鹿ステッカーのご利益に他ならないであろう、
無事、捜査本部に到着。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
永きに渡った奈良捜査とその道程を噛み締めるように、光誉祐華からいただいた奈良土産、吉野名物「柿の葉寿司」を食す。
 
      
  
   
   
賞味期限が翌日(3/4)だったらしいが、
      
そんなことは露知らず
         
ぺろりとおいしくたいらげ、
    
私はいま、こうして生きている。
    
(3/5以降、現在に至る。)
 
 
 
 
 
 
 
 
遠き地での人との出会いに感謝。
 
  
      
  
過ぎ行くも、心に残るは桃色祭。
 
  
桃色の春は、これから。
   
 
 
  
 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.10 Saturday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【観光編(吉野)】

 

 

光誉祐華主催「大和の國 桃色祭」から一夜明けた翌日。

この地にやって来た本来の理由を忘れたかのごとく、

パトロールの名目で名勝を闊歩する第七警察。

そのバイタリティーに誰もが驚嘆するのであった。

(だれ?)

 

 

 

 

3月4日(日)。

青空の下、宿を出た第七警察は神武天皇陵、橿原神宮とヤマトの国発祥の地を巡り、大和三山に囲まれた橿原の街から次なる地へと足を向けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良県吉野郡

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野といえば、かの南北朝時代において後醍醐天皇が南朝を開いた歴史的な地である。

 

 

 

 

 

 

 

 

その吉野を浄土宗西迎院副住職が案内してくれるということで

そのお誘いを快諾し、馳せ参ずる次第であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

このお方です。

 

 

 

昨夜の主催者であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

橿原市の宿にいったん戻り、橿原駅から近鉄線に。

西迎院の最寄駅・下市口まで電車に揺られながら向かう。

あっという間についたのは、寝ていたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下市口駅到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅長さん、いくらなんでも下手すぎませんか?

電車もまいっちゃってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下市口駅前

 

帰ってきた...オレはこの地に再び。

日曜の昼下がり、人通りは少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、腹が減った。

駅から西迎院までは十数分とのこと。

道すがら何か食事を...と探すが...開店している店がない...。

オレはここで餓死するのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお!?

 

 

あるやないかい!! 

食堂街!!

 

 

 

 

 

 

 

さっそく、ゴー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

食欲は行動の母である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ奈良だよ...な...

 

 

 

 

 

 

 

 

ビリケンで大和名物とかぶせられては放ってはおけない。

ビリケンラーメン、レッツ・イート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビリケンラーメンは

 

最強に

 

メシが

 

ススム

 

ラーメン

 

だった。

 

 

 

 

 

ラーメンの写真?

自分の目と舌で確かめてくれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、下市は標語が多い。

 

 

 

 

平和のダメ押しなのか、本当に物騒だからなのか。

勝手に謎を深めつつ、すぐに忘れる。

 

 

 

 

 

 

 

吉野川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野川を渡り、観光案内図を発見。

 

 

左下の方位イラストがイカすぜ。

 

 

 

 

 

むむむ、地図にしっかり載っている...。

 

 

 

 

 

 

 

 

川を渡りほどなく進むと...見えてきた!

西迎院に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専用バス亭つき

 

 

もう、だれも迷わない。

 

 

 

 

 

 

 

浄土宗西迎院

 

 

歴史を感じる門構え。

門をくぐると、光誉祐華様の手厚いお出迎えを受け院内へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※すべて光誉祐華様のおっしゃられるままに私はポーズを決めただけです。

 かっこよくて、すみません。

 

 

 

 

 

 

なにやってんだ...

 

 

 

 

 

 

 

 

少々はしゃいだ面(自分からじゃない!)もあったが、荘厳な本堂も見させていただいた。

 

 

 

 

 

 

窓のすりガラスに刻まれた紋様が目を引いたので光誉祐華様に伺ったところ

これは“寺紋”というそうです。家紋のように宗派で決まっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デジカメ刑事の記録のほうではモノクロにしようと思う、この鬼瓦。

見事な造形である。

瓦にもさきほどの寺紋。

 

 

 

 

 

 

 

他にも見るべきものがあった気もするが、

光誉祐華様が次なる名勝を案内してくださるということで西迎院を後に。

 

 

 

 

 

 

 

 

向かった先はこちら。

金峯山寺

 

 

 

 

 

 

 

 

御本尊は拝見できなかったが、これまた重厚な歴史を感じる仏閣。

ただただ圧倒される。

現代でもけっして容易くはないであろうこのような建築物を昔の人が

このような山奥で作り上げたことを思うと底知れぬ人々の力に驚嘆。

 

 

 

 

 

 

 

帰りのみちすがら

吉野神宮にも参拝。

 

 

 

 

清酒やたがらす

 

 

 

 

 

この吉野神宮の狛犬の吽形が見事な面構え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野山を下山した光誉祐華と第七警察は

夕食をとるべく、再び橿原市へ向かう!

 

 

 

 

 

カレーじゃ!ナンじゃ!

 

 

 

 

 

 

 

そして、あのTU-KOが合流!!!!

 

 

昨夜に続いての共演者の宴!

この夜もスパイシーなカレーに舌鼓をうち、音楽を語り、ネパール語を学んだ三人!

オレは思った。

 

 

TU-KOさん、次はくら寿司

 

行くよ!!(涙)

 

 

 

 

 

 

 

この夜も

長く短い宴は

終わりが近づいてきた。

 

 

 

 

 

 

地元の二人が共に去り行き、

一人になるこの瞬間というのはなんとも寂しいものである。

 

 

 

 

 

 

 

畝傍だけ、安すぎや。

 

 

三山格差。

 

 

 

 

 

 

今宵また世話になる宿。

今夜は門限前帰り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は四畳半

 

これぞ、男の一人旅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよクライマックスを迎える管轄外捜査。

懲りない巡回編(往路)に続く!

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.10 Saturday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【観光編(橿原)】

 

 

桃色一色に染まり、華々しく幕を下ろした

光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」

 

 

 

 

桃色の余韻に包まれながら、出演者一同は場所を橿原市に移し

互いのステージを讃え合い、音楽について語り合った。

 

 

だがこの日の第七警察の宿は門限23時というシンデレラ以上に過酷なものであった。

主人に交渉した。

 

七「たのむから24時にしてくんない?」

主「いいけど、なるべく早く帰ってきてね。」

 

この“なるべく”具合がどの程度のものかわからず、刻一刻と門限が迫り、

名残惜しさを胸にこの日の仲間たちと店を後にし宿へと急ぐ。

なんとか門限には間に合う第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋はツインだった。

 

 

とりあえず、修学旅行の設定で

「なあ、もう寝た?」

「まだー、おまえはー?」

「ぜんぜん眠れねー。」

ごっこをする。

 

 

 

 

 

さらに

 

 

 

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史上稀に見る

 

白電話が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けて3月4日(日)、天気は晴れ。(展開早い)

今回も性懲りもなく、折り畳み自転車を携行。

いざ、橿原の地へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナラネコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマトー ダイソー

 

 

地元のスーパーのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敬礼であります!

 

 

見づらいですが、橿原警察署です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気にも恵まれたこの日は自転車を飛ばし、神武天皇陵さらに橿原神宮を目指す!

 

 

 

 

 

 

 

 

地図によるとここが神武天皇陵の入口のようである。

 

 

(第七警察は、ここが裏門であることに気づいていない。)

 

 

 

 

神武天皇陵、誰もいません。

 

 

伝説の初代天皇の陵墓に足を運ぶ者はもういないのか?

独り占めの優越感以上に寂しさを禁じえない。

 

 

 

 

 

 

 

広大な陵墓前。

 

 

 

 

 

 

陵墓を前にして失礼極まりないが、厳かさ以上の寂しさ。

とはいえ、目には見えない歴史の重みを感じ、神武天皇陵を後にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどなく進むと...ここが神武天皇陵の正門...?

 

 

...まあ、いいけど。

 

 

 

 

 

 

 

今度こそ神武天皇陵を後にし、程なく進むと...

来ました!橿原神宮!

 

(第七警察は、ここが裏門であることに気づいていない。)

 

 

 

 

神聖にして厳かな鳥居。

悠久の時を刻んだ鳥居を前に身が引き締まる思いの第七警察。

(くどいですが、ここは裏門である。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成32年には御鎮座130年

 

 

平成って32年まであるんだっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英霊に感謝の念を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして境内へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここらで、ようやく気づくのだが...

 

 

 

 

 

 

 

 

出て行こうとしている、こちら側が...

 

 

 

 

 

 

 

 

正門だね、まちがいなく。

 

 

 

 

 

 

 

裏から正面に出た、なんともいえない気分で橿原神宮を去る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、橿原市観光案内図に遭遇。

 

 

 

 

 

 

 

ここ橿原は大和三山(畝傍山、耳成山、香具山)があることでも有名である。

 

 

 

 

 

 

 

 

畝傍山(うねびやま)

 

 

 

 

 

 

耳成山(みみなしやま)

                                宿の部屋より

 

 

 

 

 

香具山(かぐやま)

 

この香具山だけがビューポイントの悪さからか、いまひとつわからずおそらく

この方角のあたり...写っているはず...(汗)

 

 

 

 

 

いちまつの不安を抱きながら、大和三山を拝んだ気分でいったん宿へ向かう。

 

 

 

 

 

 

大通りは車とお店しか拝めないので奈良の街の風情を、とわき道に入ったらば

行きたい方角からどんどん道がはずれていき...あわてて修正、

結局、元の大通りへ...

 

 

とはいえ目にすることになった奈良の民家、灰色の屋根瓦が多い。

(先の耳成山の写真など参照。)

北陸は融雪効果を狙って(と聞いている)黒瓦が多い印象なので

この辺は土地の風情を感じた次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道中の梅はそろそろ咲き始め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは泥棒よけでしょうか?だれか教えてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜の捜査の疲れもどこ吹く風の第七警察。

もはや管轄外捜査では定番となった捜査翌日の観光をこの日も満喫。

本分とはいかに?

 

 

 

 

橿原市内の巡回(パトロール)を終え、宿に自転車を駐車。

次なる地へ。

 

 

 

 

向かうは吉野の里。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光編(吉野)へつづく。

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.08 Thursday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【捜査編】

 

奈良が生んだ奇跡の尼僧アーティスト・光誉祐華より

自身主催「大和の國 桃色祭」への出動要請を受け、

ついに第七警察初となる奈良捜査がいま、始まろうとしていた!

 

 

 

 

3月3日早朝に奈良県入、春日大社界隈で鹿を満喫した後、

宿泊地・橿原市で“飛鳥”をこれでもかと受け止め、

いざ今夜の捜査現場(=会場)のある五條市へ!!

 

 

 

 

まず、

五條小学校金管バンドクラブ全国大会出場おめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらが桃色祭の行われるライブハウス「Cafe My Dream」

 

 

 

 

 

 

ライブのない日はカフェとなっているようで、ライブハウス色がそれほどない外観。

とてもキレイなライブハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

達筆。

 

 

 

 

 

 

まずは主催の光誉祐華様にご挨拶。

その後、リハーサルを終えたTU-KO氏と数年ぶりの再開を果たす!

約3年前の共同捜査の模様はコチラ ⇒ 超人オリンピック

 

 

早速、ガンダムネタやキン肉マンネタで実のある他愛のない話で盛り上がる二人。

この両者の間に世代の壁は存在しない。

なぜなら同世代。

 

 

 

 

 

そんな二人をよそに

刻一刻と迫る桃色祭。

 

 

 

 

 

初の奈良の捜査になんの遠慮もせず、おくびもせずに己のフィールド展開をステージ上にて繰り広げる。

 

 

なにひとつない楽器。

 

 

 

 

 

 

虚しくも潔いセッティングである。

ちなみに事務机も持ち込みである。

(ある意味、スゲーよな、オレ。)

 

 

 

 

 

 

そして、ついに開場。

 

待ちかねていた西迎院檀家の皆々様が続々と入場してくる。

 

 

 

 

 

第七警察は思う。

 

 

 

 

 

 

 

「ちょっと、客層、

 (第七警察見るには)キツくね?」

 

 

 

 

 

 

 

ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、

 

祭は待ってはくれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大和の國

 

桃色祭

 

始まるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭の先陣を切るのは...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレです、第七警察です。

 

※今回は副音声解説付きです。

 

 

(副音声)いつになく媚売ってますねー。

 

 

 

 

(副音声)おや?ネクタイ、桃色ですねー。(ワ〜ォ)

 

 

 

 

 

西迎院檀家の皆々様を前に、かつてない丁寧・低姿勢の自己紹介と

第七警察とは如何なるものなのか?を解説。

すでに、ご理解いただけなさそうなこの雰囲気。大丈夫か、オレ!

 

 

 

 

 

ま、言うてますけど。

 

 

 

 

 

始まっちゃたら、止まらない。

 

 

 

 

 

(副音声)表情おもしろいなあ。

 

 

 

 

(副音声)オッサン刑事のテーマ「オッサンノヴァ」!!

 

 

 

(副音声)捜査現場の状況はどうですかあ?

 

 

 

 

...。

 

 

 

 

 

 

もはや、捜査現場は心の関ヶ原と化す!(意味不明)

薩摩の島津が如く、中央突破のパフォーマンスをどんどん進める第七警察!

なんて強いハート!

 

 

 

 

新刑事・ケミカル刑事

 

 

(副音声)お、新刑事ですね。なんかいろいろパクってますね。

 

 

 

捜査後、ケミカル刑事の弁

「現場の捜査協力者の大多数の頭上に“?”が浮かんで見えました?幻覚でしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

ついにこの日発表された、

人間の恋愛感情を自由に操れるという脅威の新細胞「LOVE細胞」

ケミカル刑事はこの世紀の大発見を記者会見で世にさらすのだが...

 

 

 

 

 

 

《副音声中断》

 

 

 

 

 

この後、狂ったケミカル刑事、

ケミカル刑事のテーマ「マッドサイエンディスコ」を熱唱。

“細胞ちょうだい 細胞ちょうだい”を連呼する。

 

 

 

 

 

(副音声)あ、デスメガネからの電話ですよー。

    それにしても、おもしろいおじさんですねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(副音声)これは、まぎれもなくデスメガネですね。生き生きとしていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(副音声)KEEP OUTテープ、上手に張れてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

(副音声)いいですよー、キマってますよー。

 

 

 

 

 

 

こうして、第七警察の桃色の捜査は終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の皆さん、

 

捜査協力、

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

この場所で、桃色祭で捜査できたことを

第七警察一同、誇りに思う。(涙)

 

 

 

 

 

 

桃色の悪夢(?)から一転!続いては、

 

 

 

 

 

 

本夛マキ!

 

マキさんが以前に結成されていた「アナム&マキ」をリアルタイムで

知っておりまして、地元・石川の音楽番組でもPVなどを見ておりました。

そんな方と巡り巡って、しかも地元から離れた地で共演というのも

なんとも不思議な縁を感じてしまいます。(一方的ですが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客をグイグイ引き寄せる少しハスキーさのある歌声。

パワフルでグルーヴをめちゃくちゃ感じるギター。

これこそが、“ライブ!”なステージ!!

 

埼玉県入間市にあるカフェ「SOSO」のテーマソング(勝手に作ったそうで、笑)、

観客も引き込まれる楽しく温かいテーマソング!
そしてこの日の主催・光誉佑華の「爪上の土」をカバー。

弾き語りアレンジでも心に響くのは名曲ゆえですな。

心に響き、温まるステージでした!

 

第七警察もテーマソング、見直そうかな。

あと誰かカッコよくカバーしてくれないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそして、シンガーソングライターベーシストにして

“王子”の名を欲しいままにする...

 

 

 

TU-KO!

 

 

 

映像と歌のシンクロしたステージ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というような桃色祭のオープニングロール的な映像からスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベース、ステージピアノと曲に合わせて楽器も自由自在!

そこにシビれる、憧れる。

(でも自分は到達できない境地。だから憧れることができる!)

 

母そして両親への想いを綴った「頑なオカン」「蒼空」。

これまた人の心に届く歌とはこうあるべきだと思う素晴らしい曲。

心、すなわち言霊の込もった歌はあらゆる時代(世代)の人の心を打つんでしょう、そんなことをあらためて考えさせられるTU-KOのステージ。

 

自分ではわかっていてもできないのは何かが足りないのだろう...

現実逃避の妄想ソング・妄想ステージの第七警察。

現実から逃げてはいけない...のである。ガクッ

 

 

 

 

 

 

そうこうして会場内も桃色に温まってきた中だが、

宴は終わりにさしかかる。

 

 

 

 

 

祭の最後はもちろんこの方、

 

 

 

 

 

 

光誉祐華

 

 

 

 

 

 

前アーティストネームのころからお世話になっている光誉祐華様。

奈良は吉野のお寺・西迎院副住職という現役の僧侶。

 

 

仏教から縁遠くなりつつある、特に若い世代がお寺に足を運ぶきっかけや仏の教えに少しでも触れてもらおうということで仏教をテーマにしたアーティスト活動を行っている。

そして昨年、満を持して戒名の“光誉祐華(こうよ ゆうか)”に改名!

さらなる音楽による布教活動を展開中。

 

 

 

 

そんな光誉祐華と不詳・第七警察、この度彼女の法事(ライブをこう呼んでおられます)で

共演させていただくことに!

恐れ多い!

 

 

 

舞台袖で出番を待つ第七警察。

ガラスが曇っているのは興奮している鼻息ではない。断じて。

 

 

 

 

 

と、せっかくいただいた共演の場でもこんな感じの第七警察。

 

 

もっと、マジメに生きよう。

 

 

 

 

 

そんな第七警察ですが、しっかりと作らせていただきました。

作詞・光誉祐華 作編曲・第七警察 作曲課

 

 

「生まれを問うことなかれ 行いを問え」

 

 

 

 

 

ああ...

 

 

物憂げな光誉祐華さま...

 

 

 

 

 

ああ〜

 

 

 

 

 

 

 

うしろ...こわい...

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンさん、なんか狙ってないですか?

(対比を...)

 

 

 

 

 

 

悲しいので、一番キマっているツーショットを。

 

 

この時の

 

西迎院御住職様のありがたい第七警察評

 

「まじめそうなサラリーマン」

 

 

 

 

 

 

こんばんは!はじめまして!

ぼく、“まじめそうなサラリーマン”です!

 

 

 

 

 

 

「生まれを問うことなかれ 行いを問え」

一昨年の年始あたりにまずはバックトラック(=カラオケ)を作って、メロディーも第七警察でということでしたので

光誉祐華作の詞を踏まえつつ作曲。

歌詞の前後のつながりや歌いまわしを修正し、第七警察のラップ(笑、詞はマジメに作りました。)を重ねて完成。

正直、自分の感性にない詞の世界だったので初めはすごく違和感を感じたんだけど、やはり詞に思いを重ねた本人が歌うことで、なんというか染みてくるというか...馴染んでくるというか...深みが増すというか。いまではこの詞であったから出来上がった世界と思う次第。

ラップもね、マジメに光誉祐華の詞の世界を受けて作りましたのでね、ノリはちょっとイケイケな風もありますが第七警察なりの“行いを問え!”というメッセージであります。

バックトラックはね、90年代を意識したりもしていて現在進行形のサウンドに慣れた人が聞くと痒くなるでしょうが、そこは狙った曲風です。

手前味噌ですが、自分の持ち歌にしたい。

そんな名曲「生まれを問うことなかれ 行いを問え」

 

 

 

 

 

 

そんな名曲、終わったので、

 

 

 

 

 

 

じゃ、オツカレー  あ...ども

 

別れ際が切ないねえ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、TU-KOの手がけたバラード「太陽と大地と」ではもちろんTU-KOが参加。

この日は貴重なピアノ伴奏バージョン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後を飾るのは先ほど本夛マキさんもカバーした「爪上の土」

大活躍のTU-KO!今度はベース!

 

 

TU-KOさん、ベースうまし!

長身で手も長いし、決まってる!

 

 

 

 

そして、いよいよ桃色の光に包まれる光誉祐華!

 


 

        

どこから 私は来たのか

 

何の為 ここにいるのか

 

どこへ 去っていくのか

 

          (「爪上の土」より)  

 

 

 

 

桃色祭の4人、

そして会場に訪れた人々、

この広い日本の、星の数ほどの人の中で

出会えたことこそが奇跡。

 

 

 

この日、桃色祭に参加しなければ

決して知る由もなかったであろう第七警察を

心温かく見守ってくれた人たち。

なにもなければ出会うことすらなかった人たちの目に

ほんのひとときでも自分の存在を知ってもらえたこと。

 

 

 

己の存在意義とは周りがあってのものだと、

この地を離れるほどにその想いは強くなっていくのだろう。

 

 

 

共演の本夛マキさん、TU-KOさん、

DJの太画士さん(フライヤーも担当!)、

写真撮影のぼのさん、

地元ならびに遠方からもご来場いただいた来場者の皆さん、

会場のCafe My Dreamスタッフの皆さん、

そして、主催の光誉祐華さん

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅は咲いたか、桜はまだか。

季節は3月、春はこれから。

 

 

 

桃色祭は終わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃色の打ち上げ。

(橿原市にて)

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.03.07 Wednesday
3/3(土) 光誉祐華 主催「大和の國 桃色祭」【巡回編(往路)】

 

日本という国の成り立ちから今に続く、

いにしえからの歴史の根ざす大和の国は奈良。

 

 

 

 

 

 

その奈良を愛する光誉祐華の主催イベント

 

 

「大和の國 桃色祭」

 

 

 

 

光誉祐華の出動依頼を受けた第七警察。

未だ雪の残り北陸を離れ、遠く大和の国へと管轄外捜査に赴く!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、奈良は意外と遠い。

 

 

 

 

 

毎度のことながら、深夜に捜査本部(=自宅)を捜査車両で出発。

道中といえば捜査(=ライブ)の車中練習に励んだり、この日のために入手したaccessのベストアルバムを聞きながら熱唱しつつアスファルトにタイヤを切りつけ暗闇を走り続けたのだが...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大津市過ぎたあたりから無言。

(だいたい午前5〜6時ぐらい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴くことを忘れてしまったなんとやらのようにただただ道路案内標識の指すがまま、街道をひた走る第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の車が進んでいかない道に踏み込む。

あきらかに、おかしい風景。

 

 

回り道も、また人生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ紆余曲折しながらもはるばるやって来ました奈良県。

(展開早っ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日に照らされながら山沿いの道を進むに、どうもかの有名な春日大社のそばを通るということで時間もあることなので立ち寄ってみることに。

ちなみに午前8時ごろ。「桃色祭」まであと9時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良っぽい標識が出てくる。

 

 

いきなり飛び出されたらもうシカたないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光とは縁遠かろう奈良ナンバーの車を尻目に春日大社へ。

駐車料金、高い。

 

 

 

 

 

 

                             鹿 鹿             鹿

 

 

 

 

いきなり駐車場で、早速の“鹿”の洗礼を受けた第七警察!

思わず車を止めて写真を撮っていると、後続車にクラクションを鳴らされる。

気の短い御仁は嫌いである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の鹿、とにかく逃げない。

 

 

 

 

             鹿

 

 

            鹿

            鹿

         

 

   鹿ストリームアタック!!

 

 

 

 

 

黒い三連星(ガンダム)よろしくキレイに一直線にフォーメーションを組んでくれる鹿たち。

シカと見届け、駐車場を後にする。

 

 

 

 

 

 

 

今年は春日大社御壮健1250年とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

し、しかまろくん...(ハート)

 

いまは旅の最中で、きっと興奮していて欲しいだけ...

ガマンだ。涙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかまろくんに後ろ髪をひかれながら参道を進むと、お出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿にされているのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと気のせいだ。

そう思って先へと進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿の建築様式美もさることながら、第七警察の目を引いたのは灯篭の彫刻。

 

 

彼の地の象徴たる鹿。

いろいろな姿の鹿が彫られているのである。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは福の神を背中に載せた鹿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょうたんも。

 

 

 

 

 

 

 

 

“ひょっこりはん”してる鹿も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去にない鹿の充実っぷりを堪能し、時間もあったので歩いて奈良公園から

東大寺へ足を伸ばす。

 

 

 

 

 

 

 

うーむ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守りを知らない、攻め一辺倒の鹿。

要注意である。

 

 

 

 

 

※この看板を見た後、第七警察の鹿の見方が一変するのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世を憂うこともなく、朝日に日向ぼっこする鹿たち。

(先の看板の影響で絶妙の距離感をとる第七警察)

 

 

生まれ変わるなら、私は鹿になりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は、誰もいません。(朝8時)

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、鹿はいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのとき

 

信じられない

 

光景が...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッファローじゃねえぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿だ!!

 

 

 

鹿なんだよ−−−−−−−!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この鹿の大群の大移動の先には...

 

 

餌やりのバイクのおっさんが...!!

 

 

 

 

 

わかりやすく図解するとこう

 

 

【奈良鹿大群大移動之図解】

 

 

鹿 鹿 鹿 鹿

 鹿 鹿 鹿 

 鹿 鹿 鹿

  鹿 鹿 鹿 鹿 

 鹿 鹿 鹿 鹿 鹿 鹿

    鹿 鹿 鹿 鹿

     鹿 鹿 鹿 鹿 鹿

  鹿    鹿 鹿 鹿 鹿 鹿

          鹿 鹿 鹿 鹿  

   鹿    鹿   鹿 鹿 鹿 鹿  餌 爺

                鹿    二輪車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイクを停車し、餌をまくオッサンのもとへ怒涛の勢いで走る鹿...

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

いま居るこの位置...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やばくない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ッギャーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳内フラッシュバック 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、

 

この成り行きを

 

ただ呆然と、

 

見送ることしか

 

できなかったのです。

 

(写真撮ってるやん。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この捜査日誌をご覧の皆さんへ、第七警察からの貴重な情報

 

 

 

奈良公園に午前8時ごろ行くと

 

鹿の大群大移動を見ることができます。

 

              第七警察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大自然の驚異を目の当たりにし、眠気も吹き飛んだ第七警察。

東大寺へと赴く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このころになると観光客がチラホラ。

ここでも、中国人の方が多い。

 

 

 

 

 

 

 

大仏殿本殿までは行かず。

時間もそろそろ...ということもあったが...拝観料が高かった(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大寺の帰り、手向山八幡宮境内の灯篭で見つけた愛らしい御神紋「向い鳩」

 

 

 

 

 

 

 

 

春日大社、東大寺、奈良公園界隈でこれまた稀な早朝パトロールを行い、

せっかくなので春日大社で鹿の交通安全ステッカーをいただき、同地を後にする。

充分寄り道をしておいてなんだが、まだ先は長いのである。

 

 

 

 

 

 

 

目指すは、この夜の宿地・橿原市である。

 

 

 

 

 

 

 

道中の道路状況を体感して思ったのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の人は安全運転である。

 

 

 

 

 

 

 

 

この道路の感じ(規格というか)だともう少し飛ばせるんじゃないか...という感覚なのだが、これがまた定速ぎみで自動車が流れるのだ。

奈良という土地柄、奈良県人の人柄なのか、自分も含めた北陸人の運転が粗く殺伐としているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

そして、ついに橿原市へ。

まず向かったのはこちら...。

 

 

 

 

 

 

スーパー銭湯

あすかの湯

 

 

なあ

 

などんん んないよねえん...

 

 

 

チャゲどこにおんねん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7番空いていてラッキー。

 

 

こういうの大事。

 

 

 

 

 

周到にリサーチしていたスーパー銭湯「あすかの湯」で長旅の疲れを湯につかり落とす

第七警察。

ヒゲも剃り、身を清め、いざ聖なる地・大和の国へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、その前に腹ごしらえだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向かったのはこちら...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

らー麺

あす香

 

 

なあ

 

などんん...

 

 

 

おいおい、チャゲは...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、ええて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体に優しい昔ながらのスープが五臓六腑に染み渡り、

のどごしの良い麺によって空腹感をあますことなく満たされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、周到にリサーチしていたクイックマッサージ(予約済み)で施術ついでに睡眠をとる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事なまでの計画!!

 

 

 

 

 

なあ

 

などんん... 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいかげんにSEE YA。

 

 

※『SEE YA』(シー・ヤ)はCHAGE & ASKA の13作目のオリジナルアルバム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中継地・橿原市で程よく体力も回復し、英気を養った第七警察。

いよいよ、捜査現場の奈良は五條市へ!

 

 

 

 

 

今宵

めくるめく桃色の世界へあなたを導く!!

 

「大和の國 桃色祭」

 

 

 

 

 

「捜査編」へ続く!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.11.18 Saturday
11/2(木) 石川県立翠星高等学校 文化祭捜査【庭園巡回編】

 

 

2017年11月2日(木)

第七警察は捜査史上初となる教育機関での単独捜査を行った。

 

 

詳しくはこちら。

⇒ 11/2(木) 石川県立翠星高等学校 文化祭捜査【捜査編】

 

 

 

 

 

 

早朝からの現場入り、午前中の捜査と老体には厳しい捜査内容ではあったが翠星高等学校の学生諸君・教員の温かい捜査協力もあり、無事終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま現場を去ってもよかったが...

 

 

折りしもまたとない秋晴れ。

そして陽気の誘いに加え、学校という場所だからこそ湧き上がる青春時代への懐かしさにも似た感情が第七警察を校内散策へと駆り立てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑なす校内の木々に沿って歩くうちにこのようなものを発見。

 

 

庭園案内図である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齢を重ねるごとに緑なす植物に寄せる思いが高ぶる今日この頃、

これは見過ごすわけにはいかない。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

 

ここ日本に居ながらにして、

‘本庭園、▲ぅリス庭園、イタリア庭園、ぅ侫薀鵐皇躅

と、かつての同盟国、連合国(←第二次世界大戦ネタ)入り乱れてのグローバルな庭園を一挙に満喫できるというゴージャスなロケーションが第七警察を待ち受けているのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、庭園巡回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘ 本 庭 園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭、日本の庭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ぅリス庭園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぞ、ブリティッシュ。

と、確信を覚えるには相当な想像力が必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、庭園の中心に根ざすこの木は開校百年記念樹であることだけは確かにわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎなる庭園、

ドーバー海峡はてはモンブランを飛び越え...向かうは...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア庭園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまたどのあたりがイタリアらしいのかはさっぱりわからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、ひときわ目を引いたパーゴラとその下のベンチ。

青き春の血潮たえぎる高校生カップルがこのベンチで...

...想像するだけで滾る、初秋の昼下がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過ぎたる妄想を振り払い、最後の庭園へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぅ侫薀鵐皇躅

 

 

 

 

 

 

あの、アンドレ・ル・ノートルが創造したとされる平面幾何学式庭園を見られるのは北陸狭しといえどもここだけではないだろうか。

ちなみにアンドレ・ル・ノートルが誰なのかを、私は知らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

占有面積としては4ヶ国中最大を誇るフランス庭園。

シンメトリーに配された樹木など、実に私好みの様相である。

さすが芸術大国・フランスの庭園。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭園の側面に回るとこれまでの庭園にはない像を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少女像であった。

 

 

その物憂げな表情から察するに永らく人間の目には触れられずにたたずんでいた事が想像できる。

この少女像を「オルレアンの乙女」ことジャンヌ・ダルクになぞらえ、「翠星の乙女」と勝手に命名した。

 

 

 

 

 

 

また会う日まで。

少女像に別れを告げ、フランス庭園を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本、イギリス、イタリア、フランス。

 

 

かつて大陸を、大海を股にかけ覇権を争った列国が庭園の名の下に一同に介する。

壮大な歴史の1ページをこの庭園案内図、そしてこれら庭園に垣間見るのは私だけであろうか。

いや、間違いなくそうであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

さきほどの捜査の余韻もどこ吹く風、翠星高等学校に人知れず存在していた4カ国庭園にむしろ万感の思いを抱き、同校を後にする第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどなく、

 

 

 

 

文化祭捜査でお世話いただいた先生にかの素晴らしい庭園の模様を伝えたところ、

 

 

「そんなものあったんですね。

 知らなかった。」

 

 

という言葉が返ってきたのであった。

 

 

 

 

 

 

大切なものほど近くにあって、

そして案外、

気づかないものなのですね。

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.11.08 Wednesday
11/2(木) 石川県立翠星高等学校 文化祭捜査【捜査編】

 

ふとした縁で捜査することに...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県立 翠星高等学校文化祭

(以下、翠星高校)

 

 

 

 

 

 

 

石川県白山市にある翠星高校。

創立141年目を数える日本有数の歴史と伝統のある農業高校なのである。

(同校ホームページ、学校長のお言葉より引用)

 

 

 

農業、食料、環境などの分野で学業はもちろん研究などにも取り組んでいる

同校生徒のみなさん。

なんでも先日開催された“農業高校の甲子園”と呼ばれている

「日本学校農業クラブ全国大会」で研究成果が優秀賞に輝いたとのこと!!

すごいなあ...。

くわしくはコチラでご覧ください → 翠星高校ホームページ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は午前中早々に全校生徒ならにび教職員の前で、

しかも体育館で捜査を行うということを知り、正直ビビッていた。

そして、朝7:30に現場入りという学生気分。

今回お世話になる担当先生と待ち合わせいざ、校内へ。

 

 

 

 

 

初めて歩く校舎とはいえ、かつての遠い昔の青い春の頃を

思い出す第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

体育館では第七警察の捜査前に行われる生徒の皆さんの

楽器演奏の準備中。

 

 

「芸能選手権大会」の垂れ幕が真っ先に目に飛び込む。

これは話に聞いておらず、担当先生に。

 

七「これ、僕も参加なんですか!?(一人勝ちできるかな?)

 

担当先生「第七警察さんはエントリーできません。」

 

ですよね。

 

 

 

 

 

この日は文化祭2日目、前日の来賓講義とはうって変わっての

生徒・教職員が主役(?)の1日のようである。

第七警察の捜査開始は9:30。

過去最早の捜査開始時間である(笑)。

“セブンケイサツ さん”の迷いともとれる語間(ブランク)がいい。

 

 

 

 

 

 

 

この日の捜査に使う同校で採れた野菜を準備していただいた。

 

 

しょうもない寸劇のために申し訳ありませんでした。

(このあと第七警察がありがたくいただきました。)

 

 

 

 

 

 

音響スタッフさんがいらっしゃったのでセッティングもスイスイ、

体育館内に不似合いな爆音を朝からまき散らしてのリハも無事終了。

あとは捜査に臨むだけ...

 

 

この日のセッティングはこんな感じ。

せっかくの機会なのでいまどきな子が見たことがないようなものを...

などと一丁前の気概を見せて、ショルダーキーボードを使う。

音源は最近めっきり現場に出ることのなくなったALESISのMICRONを

久々に出してやった。

そして...

 

 

 

 

 

 

 

問題は黒電話だ...!!

 

 

 

 

第七警察「最近の子、黒電話わかりますかね?」

 

担当先生「...わかんないかも。」

 

第七警察「...!!(汗)」

 

 

 

 

 

第七警察の捜査で重要なシーン、デスメガネ登場のフックとなる

“黒電話のベル鳴って、もしもし第七警察ですが?”の小芝居が

学生諸君に通じない可能性が...!?

 

 

 

 

 

だが、百戦錬磨の第七警察、気持ちを切り替える。

 

 

 

 

 

知るか。

 

 

 

 

相手のことなど知ったこっちゃない。

いつもと変わらない捜査を行うだけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校長先生に挨拶。

 

 

学生時代でさえ入った記憶のない校長室(笑)

そして校長先生へのご挨拶....!!

 

 

 

 

「ハ、ハジメマシテ、せぶんけいさつ、トモウシマス...。」

 

 

 

 

 

 

 

クっ...ツラい...!!

フォーマルな自己紹介で

“セブンケイサツ”

などと名乗らなくてはいけない己の名前がツラい...!!

 

 

 

こういう時ほど己の名前に恥ずかしさを覚える時はない。

 

 

 

 

 

ただ、この日は朝からの捜査ということで珍しく

ビシッとセブンケイサスーツで現場入りだったので

校長先生に対する好感度はキープ。

なんと言おうと初対面では、まず見た目が大事なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、担当先生と本日の控え室へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広すぎる気がする。

 

 

小芝居を妄想してしまいたくなる会議室であった。

 

 

 

 

 

 

 

「芸能選手権大会の優秀者に渡すプレゼントにしたいので色紙にサインをお願いします。」と言われましたので、

 

 

担当先生曰く、

「こんな難しい言葉の意味、生徒わかんないです。」

だそうです。

農業高校だったよな...。

 

 

 

 

 

 

 

と、そうこうしているうちに

あっというまに捜査開始時間が迫り、

体育館に赴く。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそうと廊下をスーツで歩く第七警察、

今日からでもすぐに「3年G組 金七先生」をやれそうなくらい

校内の風景になじんでいる気がしたのは私だけではないはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体育館はすでに全校生徒で埋め尽くされ、

なにやらザワついていた。

無論、私が体育館に登場したから、ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察史上初、学園祭捜査が

いま切って落とされようとしていた!!!

 

 

 

 

 

 

 

「続いて本日のゲスト・第七警察さんです...

 

 ...(中略)...

 

 ...静かに聴いてください。」

 

 

という、汚れた大人の心がむしり取られるような清廉・丁寧な紹介。

こんな捜査開始、いまだかつてあったであろうか(笑)

(いや、ない。これからも、ない。)

そして、できたら静かにはならないで...と思った。

 

 

 

 

とはいえ、いきなり第七警察が現れるのもなんだ、ということで

司会アナウンスの後、担当先生にコトのいきさつを解説していただき...

 

 

 

 

 

 

第七警察、

学園祭捜査が始まった。

 

 

実業系学校卒業の第七警察、

以前、農業土木に関する生業もしていたのでウケを狙って平板測量だの

トランシット(測量器具)だの専門用語を出したところ、学生諸君は無反応で

あったが捜査後、専門教科の先生の覚えめでたきお言葉をいただいた。

昔とったなんとやら、多少は人生の足しにはなるものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察  石川県立 翠星高等学校 文化祭捜査

 

「出動!

 第七警察!秋の圃場整備捜査!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先陣を切るのはデジカメ刑事!!

 

 

 

「野菜は採れたて!

 写真も撮れたて!」

 

 

学生諸君「...。」

 

 

(ク...ま、負けねえ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若さにはバカさで対抗!

オッサン刑事!!

 

 

 

全然売れていないニューシングル「オッサンノヴァ」では

ショルダーキーボードが唸る!!

弾いてる第七警察!引いてる学生諸君!

 

 

 

 

 

この日は真昼間の学園祭にまでデスメガネが容赦なく登場!!

全校生徒と教職員の皆さんを恐怖のドン底へ突き落とす!

 

 

 

 

 

 

第七警察が危険なステージ上を封鎖、

いよいよ「今夜はKEEP OUT」だ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今夜はKEEP OUT」ではノリのいい生徒さんが振り付けもしてくれた!

若いって、いいなあ!

ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査終了後、素敵な記念品と花束を贈呈いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまどってるな...(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翠星高校文化祭捜査、

無事終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分は晴れやか

第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査協力いただきました

翠星高校生徒の皆さん、

教職員の皆さん、
本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学園祭捜査に浮かれ気分の第七警察。

秋の陽気にも誘われて翠星高校の庭園を散策...そこで見たものとは...!?

この後の「庭園散策編」もお楽しみに...!

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.09.11 Monday
ヤング・デスメガネ

 

 

 

 

 

ヤング・デスメガネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒渕 一朗=デス・メガネ

 

誕生の回想

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.08.22 Tuesday
2017/ 7/ 7(金) 刑事祭【捜査編(後編)】

 

2004年の捜査活動開始から数え13年、

その無駄に長い捜査活動の集大成として企画・開催された「刑事祭」

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に第七警察の捜査を彩ってきた数々の刑事たちはもちろん、

第七警察最大の敵・デスメガネも例に漏れず登場する一大イベントとして

2017年7月7日(金)、富山市「Artist's」を捜査現場に開催されたのであった!

 

IMG_1831.JPG

 

 

 

 

祭前半、往年の刑事たちが続々登場する中、

この期に及んでもなお現れたデスメガネによって殉職する刑事!

そしてガチ泣いてしまう現場の子供!

波乱に満ちた「刑事祭」!

いよいよ後半へと突入するのであった...!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「刑事祭」後半戦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冒頭を飾ったのは某コミュニティラジオで
パーソナリティを務めていた某ラジオ番組の名物コーナーの再現...
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 第七警察
  
「取調室」
 
 
キィイイイヤァアアアアアッーーーーーーー!!(悲鳴)
 
 
 
 
 
 
 
 
数々の容疑者に、そのあまりの恐ろしさから
「地獄のほうがまだまし」とまで言わしめた第七警察伝説の「取調室」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この夜、
  
数年の時を経て
  
復活。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
取調べ一人目。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

この男...

 

IMG_1988.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっしぃ

 (from 石川)

IMG_1925.jpg

 

石川のインストゥルメンタルバンド・CaziCaziのリーダーにして

ベース担当・ふっしぃ。

CaziCaziオフィシャルWebサイト→ CaziCazi on line

 

 

 

 

 

この日は隣県・石川県から捜査現場に出頭、

第七警察の手厳しい取調べを自ら進んで受けようという剛の者である。

 

IMG_1922.jpg

 

が、いかなる相手も懐柔してしまう能力を持つ第七警察、

時にすごみ...時に優しく...

ベースというバンドの底辺をさまようふっしぃのすさんだ心を自白へと導くのであった。

(ちなみに当初はふっしぃにカツ丼をふるまい、

「うまいっス、セブンさん、全部吐きます(オェエエエエ)」という

ネタを思案したものの折からの猛暑、食中毒が懸念されたことと、

オチが吐き芸という見るに耐えない結末のため、カツ丼準備を

断念したのであった。無念。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの日、ふっしぃが誘拐してきたらしい女の子を保護した第七警察。

 

 

内心では、

 

マジ、キモい。

 

と思っていたのだが、記念すべき「刑事祭」の押収品として

現在も保管庫にしまっている。

誰かに見られたら、マジ、ヤバいとも思っている。

 

 

 

 

 

 

会心の取調べでふっしぃを改心させ(?)、捜査現場へと帰す第七警察。

心の中で第七警察は思った。

 

 

 

 

 

 

“また、イベントに誘ってください...”

 

 

 

 

 

 

 

 

罪を憎んで人を憎まず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取調べ二人目。

 

 

 

 

 

 

地獄の鬼も泣いて詫びる第七警察の取調べをほくそ笑む、この女...

 

IMG_1994.jpg

 

 

 

 

 

 

 

T中S子

 

IMG_1931.jpg

 

第七警察を執拗に狙い、闇に葬り去りたい第七警察の過去の歴史を

公然と暴露する恐るべき魔性の女・T中S子!

 

 

 

 

 

 

 

第七警察を愛するあまり、自ら取調室に赴くという狂気っぷり!

 

 

IMG_1997 (1).jpg

 

地獄の閻魔も土下座する第七警察の取調室で微笑むとは!!

 

 

 

 

 

あまりの大胆不敵さに第七警察も怯むばかりであったが、

SNSに掲載した数々の諸行を目の前に突きつけられ

最後は追い詰められ、第七警察の取調べの前に屈するのであった。

(文脈がもはや意味不明)

 

 

 

 

 

 

 

 

「刑事を愛したんやない

 

 愛した男が刑事やったんや!」

 

 

 

 

 

 

 

これからも第七警察に惜しみない捜査協力をすると誓った

T中S子を開放する第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

“第七警察、もっと知り合いに宣伝してください...”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刑事祭最大のヤマ場であった「取調室」を乗り越え、いよいよ怒涛のクライマックスへ...!!

(出頭した2名とはほぼ打ち合わせなしのフリートーク(笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日第2部から着用、新調のニュースーツをまとい、捜査はヒートアップ!

 

 

IMG_1966.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1997.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2013.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2023.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2025.jpg


 

恋のテーマ「恋の秘密は未必の恋」に続き、この日発売のニューマキシシングルにも収録のコンビニ刑事のテーマ「2番目のお客様」、デジカメ刑事のテーマ「キミに、FOCUS ON」を次々と歌い上げる!

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ、渾身かつ満身創痍で仕上げた入魂のニューマキシシングルのタイトル曲・オッサン刑事のテーマ「オッサンノヴァ」!!

 

 

 

 

 

 

間奏でコール&レスポンス。

 

IMG_2034.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2036.jpg

 

ただ歌うだけでは捜査協力者の賛同を得られないと考え、必死にこしらえたカンペで反強制コール&レスポンスを挙行する第七警察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オッサンノヴァ」の哀愁漂う世界観に包まれる会場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オッサンノヴァ」を歌い終わり、第七警察が一息をついたその時だった...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突如、

 

捜査現場に響く銃声...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2039.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2046.jpg

 

腹部に銃弾を受け、崩れる第七警察...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう...

 

もう、

 

これ以上

 

刑事の殉職は見たくない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな現場の捜査協力者の誰もが思ってもいない心の声を妄聴した第七警察、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奮起を促す

 

“セブン“コール

 

を強制する!!

 

IMG_2041.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査現場にこだまする

 

捜査協力者の生温かい

 

“セブン”コール...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、なんと...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀕死の第七警察に、

 

奇跡が!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査協力者の“セブン”コールによって、

いま新たな力を得た第七警察!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その手に

 

新たな武器を携え

 

いまここに復活...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「第七警察KX」!!

 

IMG_1979.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その手に携えるは伝説的ショルダーキーボード「YAMAHA KX5」!!

 

IMG_2061.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「第七警察KX」として復活した第七警察!!

 

IMG_2051.jpg

 

13年ぶりに披露するは幻のインストゥルメンタル、

「Shape Of Shadow」

 

 

 

 

第七警察黎明期数回の捜査でしか披露しなかった曲を

13年ぶりに再演。

「KX5」はMIDI鍵盤でしかなく、この日の音源はこれまた

第七警察の制作を支え続けた「YAMAHA EOS B2000」の

内蔵音源をこれまた十数年ぶりに使用。

第七警察にとっては感慨深い演奏となったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間強にわたった「刑事祭」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよその終わりの時が近づく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察・捜査のテーマ

 

「今夜はKEEP OUT」!!

 

IMG_2079.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2064.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2066.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2068.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2075.jpg

 

 

 

 

いまは一人 失うものさえ無く

 

刻んだ傷を胸の奥 しまいこみ

 

時はただ流れ 人は変われぬまま

 

過ちを犯し 悲しみは募る

 

それでもまだ救えると信じるから

 

(「今夜はKEEP OUT」より)

 

 

 

 

 

 

 

 

人を救うことに価値はあるのか?

 

IMG_2084.jpg

 

時に傷つけ、時に傷つけられることが常のこの人の世

 

 

 

 

この世界のために

自らの命をかける意味はあるのか?

 

 

 

 

 

憎しみを内に秘めている人々を

守るべき価値があるのか?

 

 

 

 

 

刑事の本分とは?

 

 

 

 

 

悪と死闘を繰り広げながらも、

葛藤しながら捜査を続ける刑事の苦悩

 

 

 

 

 

「今夜はKEEP OUT」、

故マイケル・ジャクソンの「今夜はBEAT IT」のような

語感のタイトル曲を作りたいということに端を発し、

夜の倶利伽羅峠をひた走る車中で生まれた。

 

 

 

 

 

 

いつの頃からか捜査の締めくくる

エンディング・テーマとなり、

いつの頃からか振付も付き、

また、いつの頃からか“KEEP OUT”のテープが

張られるようになり、

そして第七警察の捜査には無くてはならない

佳曲となった。

 

 

 

 

 

 

「今夜はKEEP OUT」ここまでの曲に育ててくれたのは

捜査協力者の熱い応援のおかげであることは言うまでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

IMG_2089 (1).jpg

 

 

 

 

 

 

万感の思いを胸に、

捜査協力者へ感謝の念を込めた敬礼。

 

IMG_2094.jpg

 

 

こうして第七警察単独企画「刑事祭」の幕は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降りなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査協力者から“アンコール”の声が...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う〜ん、ア、アンコール、用意していないんだがなあ...

と二の足を踏む何様の第七警察...

 

IMG_2102.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、最後はあっさり

 

アンコールに応える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、アンコール曲は実際用意していなかったので

捜査協力者のリクエストにお応えすることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査史上

 

初の

 

“もう一度、デス・メガネ”

 

IMG_2103.jpg

 

(カンベンしてくれ...)

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2108.jpg

(うう、つらいよお...)

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2109.jpg

 

(...。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇しくも

第七警察最大の敵・デスメガネのテーマで

「刑事祭」は締めくくられたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2089.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月7日(金)

 

第七警察単独捜査企画

 

「刑事祭」

 

ここに終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1835.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19808062_1047762608691267_1828899017_o.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19859349_1047762605357934_633855153_o.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thank You for Kouyo-Yuka  

光誉祐華

 

 

 

 

 

 

 


FullSizeRender (7).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察購買部 https://sevenkeisatsu.stores.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Special Thanks

すべての捜査協力者の皆さん

捜査現場「Artist's」マスター・ママさん

 

 

Staff

制作・捜査:第七警察

デザイン:Xbear http://xbear.jp/

写真:tak

受付:S・H

 

 

Cooperator

写真:Nさん

デスプレッソデザイン:よしざき ようこ

取調室容疑者:ふっしぃ、T中S子

 

 

 

 

 

 

 

 

「刑事祭」の模様を続々公開中!

第七警察公式チャンネル

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |