Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2016.09.14 Wednesday
8/27(土) 富山市 Artist's 「Artist's Live」

 

8月終わり、宿題に追われる学生諸君をよそに久々に富山市のライブハウス「Artist's」で捜査を行った。

 

 

 

IMG_6754.JPG

 

漢字表記がちょっと違う...程度ではカリカリしない。

 

 

リハを終え、捜査前に腹ごしらえ。

IMG_6756.JPG

 

IMG_6757.JPG

 

チャーシュー丼大盛り

IMG_6758.JPG

 

 

 

 

腹ごしらえも済みましたので…

 

 

 

 

Artist's LIVE開始!

IMG_6767.JPG

 

 

 

 

 

マツバイナモト

IMG_6762.JPG

 

 

IMG_6765.JPG

 

当日発覚した旧知のミュージシャンがメンバーのバンド「マツバイナモト」

察するに及ばず、B'zのコピーバンド!

ギターのブライアン、ドラムのふーみんとの久しぶりの再会!

それにしても演奏曲のほぼずべてが知らない曲だったという悲しさ。

(打ち込みサウンドのB'zやってください。)

 

 

 

 

みいすけ

IMG_6768.JPG

 

 

IMG_6769.JPG

 

シンプルなアコースティック弾き語り。

この後の細川バンドの細川先生も飛び入りで参加。

 

 

 

 

 

 

 

細川バンド

IMG_6772.JPG

 

カバー曲でしたが細川先生のハスキーな太い声で既存曲も雰囲気が違って聞こました。

ハスキーボイスを出せる人うらやまし!

 

 

 

 

 

 

 

 

番長

IMG_6774.JPG

 

IMG_6776.JPG

 

名前だけでは強面のオッサンバンドを勝手に想像したのですが、ギター&パーカッションの

トリオユニット。

曲によってボーカルが変わるなどサウンドの幅広さがGOOD!
この日デビューだったそうだが、堂々たるライブ!

 

 

 

 

 

 

さて、本日のトリ。

 

 

 

 

第七警察

 

 

 

管轄変更直前捜査

「本気で忘れられるくらいなら
もう捜査なんてしないなんて言わないよ
絶対ゴキゲンだぜっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

捜査開始!!!!

1.jpg

 

 

 

 

2.jpg

 

 

 

 

3.jpg

 

ブレッブレですが絶好調です。

 

 

 

 

 

 

 

 

4.jpg

 

数年ぶりのカバー刑事の捜査では珠玉のJ-POPバラードを披露。

手前味噌ですが、最近喉の調子がかつてないほど良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は念願(?)の

 

"メジャーバンドがコンサート最後に

突然の解散宣言"

の演出で管轄移動を激白!

 

5.jpg

 

 

 

 

宣言後のKEEP OUTテープ展開、からの...

6.jpg

 

 

やめないで~

7.jpg

 

なにやってんだか...(笑)

 

 

8.jpg

ともあれ、この日も捜査協力者、共同捜査していただいた共演者の皆さんのおかげで久しぶりの捜査にもかかわらず、かつてない充実感をもって楽しむことができました。

本当にありがとうございました。

 

 

Artist'sのマスター、ママさん、スタッフの皆さんも大変お世話になりました。

また是非、捜査に出動します!!

 

その日まで!

 

IMG_6770.JPG

おまえも元気でな。

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.08.11 Thursday
7/2(日) 京都市 DEWEY 「超人オリンピック」【後編】

 

地球の裏側、ブラジルはリオでついに開幕した人間界のオリンピック。

その1ヶ月ほど前に、京都市で“超人オリンピンク”がひそやかににぎやかに開催されていた!

昨年に引き続き、同オリンピックに招聘された第七警察。

久しぶりすぎる捜査に油断しまくり、自ら招いたトラブルに見舞われながらも

超人オリンピック開幕の時を迎える!!

 

 

 

 

 

超人オリンピック

 

 

 

 

会場

京都市木屋町「DEWEY」

 

 

 

 

2016年7月2日

 

 

 

 

17:30

 

 

 

 

ついに開幕!!

 

 

 

 

 

 

オープニングアクト

カジワラコウジ

 

02.JPG

 

 

03.JPG

 

 

04.JPG

 

 

愛$菩薩のイベントでもお名前を拝見するカジワラ氏!

自然体で狙った笑い(決して笑いメインではないが。)を見事にとれる才人!

 

軽妙なラップで“もやいぐい”を熱く歌い上げるぜYO!

 

こういうナチュラルな笑いの才能が備わっているところがやはり関西なのかなあ。

うらやま。

 

 

 

 

 

 

続いて、

この春についに2ndアルバムを発表した、

 

 

愛$菩薩

05.JPG

 

 

06.JPG

 

らほつ(髪型)も衣装も、そしてサウンドも新たに、愛$菩薩。

スガシカコのうなだれぶりがいつも気になるけれど。

 

 

 

愛$菩薩が師と仰ぐ、オープニングアクト・カジワラコウジ登場!

07.JPG

 

08.JPG

 

09.JPG

 

菩薩とコージでチェケラッチョ!

う〜ん、第七警察も「今夜はブギー・バック」久しぶりに歌いたくなってきた!

 

 

 

 

 

 

 

この日も伸びやかな歌声と心にしみる法話を聞かせてくれた愛$菩薩。

ニューアルバムが現世に降臨!

 

 

 

 

愛$菩薩「菩薩Calling」

 

 

愛$菩薩のオフィシャルHPからお買い求めください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越後の虎ならぬ、

越中の...

10.JPG

 

12.JPG

 

 

13.JPG

 

第七警察と同じく、富山から選抜されたキトキトロッケンローラー超人・寅!

この日はのきなみスタジアム来場客を巻き込むアゲ上手な超人ばかり!

無論、寅も例に漏れず...見事なアゲっぷり!

富山にある!

 

 

 

メディアへの進出やタイアップ、ワンマンライブなどもうノリノリの寅!

若さ、若さってなんだ?

振り向かないことさ!

寅ちゃん!その勢いでどこまでも突っ走ってくれ!

14.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出た、

信濃の生ける伝説の巨人

ユーキ

15.JPG

 

 

16.JPG

 

 

 

17.JPG

 

 

18.JPG

 

 

あ…ありのまま 

この時 起こった事を話したいけど、

伝えられないね。

 

ユーキのステージだよ。

 

このパフォーマンスを天然自然体で

やっているとは思えない。

ズルいんだよ。

狡猾なんだよ。

 

ユーキのようなパフォーマンスは

もうだれもできないよ。

だって、もうユーキがいるわけだし、

なんといっても、

あれはユーキしかできないからね。

 

 

と、プロスポーツ選手の談話的にまとめてみました。

皆さん、生で、本物を見てください。

動画で満足しないでください。いえ、満足はできませんから...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常に潜む切ない出来事をリリックで切りとる!

前座MC

19.JPG

 

 

20.JPG

 

 

21.JPG

 

今スタイルのR&Bトラックにのせて自身の体験をリリック!

競技(?)の合間にトラックメイキングの秘密や音楽談義を交わしたナイスメン。

彼のライブを見ると、私もマーク・パンサーばりのラップをかましたくなります。

 

 

 

 

またまた登場!

カジワラコウジ!

22.JPG

 

ラップでつながる世界。

 

 

 

 

 

 

 

競技(?)の間のイカしたBGMを演出してくれたのは

DJ ハンメ

01.JPG

 

京都の老舗名門クラブ「METRO」でもパーティをオーガナイズしていたという

超ベテランDJ!

マルーン5、ジャミロクワイ、スケッチショウ...TM NETWORK...
この日の選曲は第七警察の琴線にふれまくりのナイスセンスな曲ばかり。
会場の空気を読む絶妙の感性に脱帽!

 

 

 

 

 

 

スタジアムの熱気も高まる中、
ついに登場...

 

 

 

 

 

 

 

第七警察

26-00.JPG

 

 

 

26-01.JPG

 

 

26-02.JPG

 

この日はあろうことか、DA PUMP「ゴキゲンだぜ!」をカバー!

つかみは上々だッぜ!

 

 

 

オッサン刑事「オッサンノヴァ」をしめやかに歌い上げるも

ここで、またもや宿敵デスメガネが登場!

興奮のあまり、デスメガネも落としたメガネを自ら踏み潰し大破させて

しまうというかつてないピンチ!(どっち目線だ...)

26-3.JPG

 

 

 

 

 

が、ここで奇跡が...!!

 

 

 

 

!!

26-04.JPG

 

 

 

 

なんと、第七警察のピンチに、

山本新、愛$菩薩、寅、ユーキの4人が

駆けつけてくれたのだ!!

26-5.JPG

 

26-06.JPG

 

26-07.JPG

 

 

 

 

今夜は5人でKEEP OUT!!

26-61.jpg

 

 

26-62.jpg

 

 

26-63.jpg

 

4人の、そして捜査協力者の皆さんのおかげで素晴らしい捜査を行うことができました!

みんなありがとう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよここからは終盤!

オリンピックの盛り上がりもうなぎ上り!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前田正志

24.JPG

 

 

26.JPG

 

日常ネタを軽妙に、しかもしっかりとオチを用意したトークで笑いを誘いつつもしっとりとした弾き語りでメリハリのある雰囲気を演出する前田氏!

この辺のナチュラルなおもしろさも、くどいですがやはり関西ならではなんですねえ。

当然、オチは考えているトークなんだろうけど、すごーくナチュラル(笑)

この雰囲気、うらやましいなあ。

 

 

 

が、

突如、マイクだけを握り

上田正樹の替え歌で
捨てるに捨てられない
○VのDVDについて
とうとうと歌い上げる姿に
私は悶絶した。

 

25.JPG

 

 

かなしいエロやね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようせい界からやってきた男

山本新

27.JPG

 

 

28.JPG

 

 

 

愛$菩薩もノリノリ

29.JPG

 

 

 

 

おそらく、第七警察が捜査現場で

そのレパートリーを一番歌っている...歌わされている(笑)アーティスト、山本新

30.JPG

 


 

31.JPG

 

生き物、食べ物という身近にあるものをテーマに

めくるめく楽曲で歌い上げる山本新、彼もまた常人...いや超人たちでさえも

たどりつけない境地を開き、達してしまったまさに“超人”である。

合唱...もとい、合掌。いただきーます。

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックのトリはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モバイルファンクの帝王!

サイモンガーモバイル

32.JPG

 

 

34.JPG

 

 

35.JPG

 

 

NINTENDO DSのソフトやカオシレーター(ちいさいほうのやつね)など、

モバイル系打ち込みマシン(最近はガジェットとも言ってますが)を駆使して

おっさん(=私)の琴線をギュンギュン突いてくる楽曲を送り届けてくれます、

サイモンガーモバイル!!

 

もう、ソツのないアレンジもそうですけど、

楽曲で取り上げているテーマや歌詞の言葉遣いも絶妙ですね。

 

そして、

音楽は機材の優劣で決まるものではない!!

(優劣...というと語弊がありますが、まあ、あえていうなら価格ですかね。)

 

33.JPG

 

36.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして

熱く、長い

オリンピックの一夜は

静かに幕を降ろした。

 

36-01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱い戦いを繰り広げた超人たち。

37.JPG

 

すべてが終わった時、

彼らはそれぞれに確かな“何か”を得て、

ひとつになった。

 

 

 

 

 

 

エキシビジョン

 

38.JPG

39.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こうして超人たちは

またそれぞれの故郷へと帰っていった。

 

 

 

 

 

 

この夏も

またどこかで

超人たちは

熱いパフォーマンスを

繰り広げていることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.07.20 Wednesday
7/2(日) 京都市 DEWEY 「超人オリンピック」【前編】

ご無沙汰しておりました、みんなの街の第七警察です。

 

 

 

 

地球の裏側で開催されるというオリンピンクにまつわる悶着をまったくのよそに、

わが国日本での古き良き都の地・京都で、屈強の超人たちが密かに集い(宣伝バリバリやったけどな)、

激しいパフォーマンスを繰り広げていたことをご存知だっただろうか?

 

 

 

 

 

「超人オリンピック」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのパフォーマンスにおいて

一線を“超えてしまった”人、すなわち“超人”たちが集い

激しいも楽しいパフォーマンスを繰り広げる夢のような舞台なのである。

 

 

 

 

 

 

その「超人オリンピック」に第七警察、昨年に引き続き富山代表として招聘され、

参加してきたのであった。

 

 

 

しかも、今回は同じ富山から、キトキトロッケンローラーを名乗る

キトキトロッケン超人・寅がともに出場するというのだ!

 

 

 

 

富山の熱い魂を、京の人々に寅とともに見せつけてやろうではないか!

 

 

 

意味もなく熱い闘志を胸にした第七警察と寅(勝手に仲間に。)だが

それぞれ別々に京都へ向かったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

毎度おなじみ、たった約20分間の新幹線の旅を満喫する。

(ここだけの話、現在、北陸新幹線は金沢が終点。

 なぜ、ここだけの話にするのかは意味不明。)

01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景色を眺めながらこの世を憂いていた車中の模様は、

大幅に割愛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいでやす、京都。

 

 

あっという間に到着しました。

02.jpg

 

ムンムンの熱気に輪をかける観光客の多さ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、Wi-Fiよりも

激しく飛び交っていること間違いない

アジア系外国語。

 

 

 

 

 

 

異国情緒にさらされながら、バスで祇園へ。

 

 

 

 

 

 

八坂神社。

03.jpg

 

 

 

 

 

 

身の回りに頻発するよくないことの厄払いのため

この日は八坂神社への参拝をしめやかに行ったのであった。

 

04.jpg

 

 

 

 

 

05.jpg

 

 

 

062.jpg

 

霊験新たかな祇園祭期間限定内輪と厄除け箸、御守りを手に晴れ晴れとした気分で

八坂神社を後にする。

ご利益のあらんことを...

 

 

 

06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地上がゆるキャラに支配される日もそう遠くはない。

08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピック会場の「DEWEY」に向かう前に、時間もあったので

この夜の宿にチェックインすることにした。

 

 

 

 

 

 

春先、なかなか宿が見つからず

やっとの思いで、とるものとりあえず予約していた結果、

 

 

 

 

 

 

 

予想外の

カプセルホテルだった、という事実。

09.jpg

 

 

が、

 

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい

 

そんな昭和の教育理念のもとで育った第七警察は

この程度のことで動じるわけがないのであった

 

 

 

 

 

これが今夜のオレの寝床、

上等じゃないか。

10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

己を納得させるように、寝床に上等感を無理やり抱きながら

ひとまず荷物整理。

 

 

 

 

会場までは徒歩15分少々といったところなので

リハーサルにはいったん機材だけを持ち込もうとキャリングケースを開いたところ...

 

 

 

 

 

ま・さ・か・の

PAへアウトプットの

ラインケーブル忘れ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵に描いたようなピンチ!

(自爆だけどね!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、捜査の神は第七警察を見捨ててはいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルのとなりに

あった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家電・デジタルの

エディオン!!!!

11.jpg

 

 

 

オレ、憑いてる...

イヤ、ツイてる。

 

 

 

 

 

早速の八坂神社参拝のご利益なのか、

苦もなくラインアウトのオーディオケーブルを購入、

事なきを得た第七警察であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

意気揚々と本日のオリンピック・スタジアム、

「DEWEY」へ。

13.jpg

 

 

12.jpg

 

 

 

14.jpg

 

 

 

 

 

 

リハーサルを終え、腹ごしらえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンカツ定食だ。

15.jpg

 

 

 

 

今日は

オリンピックなんだよ!

トンカツ、

トンカツが食べたい、

食べたいんだよう。

 

 

 

 

その思いだけで、なりふり構わずに飛び込んだトンカツ定食屋さんは

「さすがは京都だぜ(汗)」と、田舎もんリアクションをとらずにはいられない

驚きのプライスだったが、オリンピック出場という気分の高揚から平静を装い、

なに食わぬ顔でお値段上等なトンカツ定食を頼んでしまうのであった。

 

 

 

16.jpg

 

その分、おかわり自由と

置かれたおひつの麦飯はすべて、

いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

お腹も満たされ、準備万端。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピック開幕

刻一刻と迫る!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開場前からいつもとは違うただならぬトラブル(?)ひしめく京の都、

果たして第七警察は「超人オリンピック」で捜査を遂行することができるのか?!

 

17.jpg

 

 

 

 

後編へ続く...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 過去の事件簿 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.12.25 Friday
12/12(土) 京都市 BlueEyes 「妖精菩薩の摩訶不思議X’masパーティー」【捜査編】


2015年
12月12日
18:00




京都市
四条大宮
Blue Eyes





妖精菩薩の
摩訶不思議
X’masパーティー











32.jpg






さあ、パーティタイムだ!!

33.jpg











トップを飾るのは、愛$菩薩の妹分

愛$子!
34.jpg








35.jpg

歌うは2曲、

アイスクリーム
(作詞/作曲・ユーキ)

恋の秘密は未必の恋
(作詞/作曲・第七警察)


そう、愛$子、
この日はなんと、
共演のユーキ、第七警察の各々が提供した曲を歌ったのであった!


アイドルソングをイメージして作り上げた
第七警察・恋のテーマ「恋の秘密は未必の恋」、
念願かなって本物のアイドルに歌い上げてもらったのであった。




感無量でした!
また、歌ってください!







ユーキさんの「アイスクリーム」も正統派のアイドル歌謡曲ですごくよかった。
曲は歌う人によってさらに輝きを増すものですな。












大阪湾の深海からの使者、









Bugって花井!!
36.jpg


名前がもう、アレなんで、わかる人にはわかるだろうが、
解説が面倒なのだが、高橋名人も公認とのこと!(すご。)




メガマウスという深海ザメを心から愛してやまないメガマウス啓蒙アイドル・Bugって花井さん。
好きすぎて、頭部にメガマウスをパイルダーオン。
メガマウス啓蒙のために日夜活動中とのこと。




もはや仮面ライダーでいうところの改造人間!!

37.jpg

38.jpg






メガマウスえかきうた。
39.jpg








Bugって花井、描く。

40.jpg


42.jpg


43.jpg











第七警察、眺める。

45.jpg

.










第七警察、撮る。

46.jpg











Bugって花井、獲られる。
もとい撮られる。

47.jpg























こうして、
メガマウス啓蒙アイドルBugって花井は
次なる生息地を求め、去っていった。

※この日は次のご予定があったそうです。








この世界には
まだ我々が知らない
未知の生物の存在があることを
忘れてはならない。















だがこの日、我々には
人知の及ばない未知の存在との
さらなる接近遭遇が待っていたのだ。


















ユ−キ





4801.jpg


48.jpg


もはや、
存在そのものが、
ズルい。
ズルすぎる。







49.jpg50.jpg


反則に近い楽曲タイトル、
驚愕の身体能力から繰り出される振り付け、







この衝撃は
見た者にしか
わからない。






51.jpg

MCの語り口調の温度差もまた、たまらない。







53.jpg


ユーキの前では(後でも)、どんな運動量を誇るアーティストもその存在に陰りが。




これまで出会った数あるアーティストの中でも最大級の衝撃(笑撃)のユーキ。
表現者の真髄を見た気分。
すごいわ...。




イベント後の食事で南野陽子のファンということを聞き出した。
お土産でもらったお菓子が如実にその事実を裏付けていたのだった。

4802.jpg














続いて登場、








愛$菩薩!
55.jpg




56.jpg


スガシカ子が物憂げに見えてならないのだ。







57.jpg



58.jpg

この日はしっとりとした曲調が多く、アゲアゲ(すぎ)な出演者の中、良い意味で際立った法事だった。








が、










59.jpg










菩薩音頭、やります。

60.jpg


61.jpg


62.jpg





おまえは相変わらず淋しそうだなあ...。

63.jpg

その奥で温かくステージ上の音頭を見守る山本新。





64.jpg

達成感に包まれるステージ。




この日は法事の最後を新曲「善知識」でしっとりと終えた愛$菩薩。
良い形で雰囲気を変えてくれたと思う。










その雰囲気をガラリと変える...














妖精世界の打ち込みロッカー、
山本新!
66.jpg

これはBlue Eyesのバーカウンター奥に映し出されたステージ映像。
(ステージ前に酒が陳列されているのではない。)









会場を黄色ならぬ、
黄緑色の声援が包む!


67.jpg


69.jpg


70.jpg









山本新 with 愛$菩薩  「寒天寒天」

72.jpg


73.jpg








76.jpg


それにしても山本新は無論、本日出演したアーティストはみな、会場を巻き込む盛り上げ方が巧い。
一体感を作り出すスキルが半端ない。
(第七警察の演出はどうしても劇場観覧型だから。)


真似する方法はあるだろうが、もはや今さらできない(苦笑)。
そういう無いものねだり(?)な部分が良く言えばシンパシーにつながるのだろうなあ。




黄緑色の妖精世界の住人はいつまでも色褪せないのだ。





お決まりのおいなりポーズ。(貴重な背面から)

75.jpg









ここで恒例のプレゼントタイム!








アラタサンタ with ツリー子が観客にプレゼントを振舞う!



77.jpg


来場の皆さんも大満足!








パーティもいよいよ大詰め。











気がつけば、







トリでした。













第七警察!!!!
78.jpg


2015年最後の捜査でトリを拝命し、恐れ多い限り。






この日は体力を
充分に温存していたので
いまだかつてない調子のよさ!

79.jpg





5年振り復活のキリマンジャロ刑事。
80.jpg

キリマンジャロ刑事のテーマ「キリマンジャロ・ストーム」。
テクノロジーの進化で失った人間(生物)本来の“野性”を取り戻せ!と高らかに歌う。


近年のハイテク化・デジタル化によって
古き良き人間同士のコミュニケーション能力の退化が著しくなっていると感じるのは第七警察だけ?







目と目で通じ合う超常的な野性は不要だが、少なくともだな、







会話でね、
主語のない若いやつ
ホント、多すぎね。







いかんいかん、世相をディスっては波風が立つ。
(と、言いつつ書いたまま。)







81.jpg






この日も宿敵・デスメガネが密かに開発した殺○缶コーヒー「デスプレッソ」を誤飲した
キリマンジャロ刑事はあえなく殉職。


33.jpg
※写真はイメージです。






高らかに自身のテーマソング「デス・メガネ」を歌い上げ、
演説をぶっちぎる、デスメガネ。
82.jpg



83.jpg

静止画の写真ではあるが立ち振るまい、目つきで「デスメガネ、やってんな。」と手前ミソながらもわかるというもの。








京都では初披露の新曲「2番目のお客様」




コンビニ刑事のテーマとはしているが、第七警察・恋のテーマ(その2)といった位置づけでもある。



曲調やメロディーはこの春夏に聴きすぎた「みんなの歌」や昭和アニメ主題歌、
90'sJ-POPの影響を受けて、第七警察にしてみれば実にPOPな位置づけの作品。
...なのだが、いかんせんコンビニで出会ったレジカウンターの店員の女の子に恋したけど、好きだといえないまま、レジ待ちの時に"2番目のお客様〜"と声をかけられ、"え?オレ、オレは2番目なん?(泣)"と絶望感にさいなまれるものの、最終的には"2番目でもいい"と諦めながら女の子への淡い思いを一方的に抱き続ける...という実に歪曲した設定がどうもわかりづらいようで。








それでも、歌います。








2番目のままでいい。

84.jpg






そんなコンビニ刑事も
歌い終わった後、
渇いたのどを潤そうと
「デスプレッソ」を誤飲。









生死の狭間の中で、
愛$菩薩の呼びかけ、
山本新、ユーキら仲間の声援で
死の淵からよみがえったのであった!












オレは一人じゃない!!!!
85.jpg





今夜は4人でKEEP OUT!!!!!
86.jpg



仲間たちの
そして捜査現場の
捜査協力者の皆さんの
熱く力強い後押しによって
2015年最後の捜査は終了した。
















共演者の皆さん、
捜査協力者の皆さん、
本当にありがとうございました!



87.jpg

※Bugって花井さんはこの後のご予定のため途中退場されました。










2015年最後の捜査、無事終了。









メリーポリスマス。

















































 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.12.24 Thursday
12/12(土) 京都市 BlueEyes 「妖精菩薩の摩訶不思議X’masパーティー」【道中編】
メリー・ポリスマス!


今年も一足早くのクリスマス、
行ってきました管轄外捜査。



 「妖精菩薩の摩訶不思議X’masパーティー」



昨年に引き続いての捜査依頼、
主催者の山本新、愛$菩薩、今年もお世話になります!





過去の出張捜査の反省、
肝心の捜査時に疲労困ぱい、を避けるため
今回は万全の対策を講じた。


張り切って出発しない。

道中、麦酒を飲まない。

余裕こいて観光しない。

捜査現場(会場)には徒歩で行かない。




以上の4点を厳しく遵守したのであった。





というわけで、捜査本部(自宅)から駅までの道のりもタクシーを使用、
くれぐれも余計な体力を消耗しないように徹底的にセルフコントロール。


列車もいつになく余裕を持って正午過ぎに到着予定の便でいざ出発。





今年は暖冬のおかげでブーツもいらず、道中はずいぶん楽であった。
年波の寄せくる老体には重いブーツもジワジワとジャブとなって下半身を攻めたてるでの...。




列車は無論、自由席、なかなかの混雑具合である。
なんとか座れたものの、何用かは知らないが
世の人々は旅行、遠出がお好きなのね...と心で悪態つく。
(...↑おまえもな...。)




というわけでやって来ました。
京の都。

01.jpg


今回は徹底して“体力の温存”に配慮し、京都駅周辺でクイックマッサージ店にて旅の疲れを癒す。
年は取りたくないものである。







疲労回復したところで、時間をもてあまし気味だったので。








登ることにした。

02.jpg



観光はしないと心に決めたはずだったが
その誓いはもろくも崩れ去り、
「これは観光ではない、高所から行う下界のパトロールなのだ。」
という大義名分を掲げタワー入り口へ足を向けたのだった。







03.jpg

よい、デザインである。





04.jpg

文学的な助詞の京都タワー解説図。




1階のチケット売り場で展望台への入場券を購入し、
いよいよタワー部(根元)のエレベーターへ。


05.jpg

よい、デザインである。




エレベータには頂上まで(現在標高?)のカウントダウンが。
なぜかよくわからないがエレベーター内を映すのカメラ画像も。

07.jpg







展望台、到着。






08.jpg





10.jpg




09.jpg


はるかに清水寺を望む。








11.jpg





12.jpg

通天閣のビリケンさんへの対抗心(?)なのか、京都タワーのマスコットを御神体に奉る神社。











と、













御神体発見!!
13.jpg.








京都タワー
マスコットキャラクター

たわわちゃん

15.jpg

ゆるキャラグランプリ 第89位











いっしょに写真撮影。

14.jpg



なにやってんだ?










クリスマス間近とあってクリスマス衣装のたわわちゃんとの貴重なツーショット。
登ってよかったー。











京都にやってきた本来の目的も忘れかけ、充実の満足感で再び下界へ。

16.jpg






下界に降り、













記念写真を押収。

17.jpg




...。













うるせえ!
楽しんでいけないのかよ!


















京都タワーを後にし、師走の人であふれかえる京都駅地下街で食事をとろうとパトロールをしていると...










ううむ、同業のにおいが....

18.jpg





KYOTO POLICE

19.jpg















ここでもか!

20.jpg


もう今日はどうなってんだ...というか世の中、官民問わずにゆるキャラであふれかえっております。
日本は平和です。













食事も済ませ、いよいよ捜査現場へ。








タクシーをつかまえ、「前の車を追ってくれ。」と心の中でつぶやきながら、いざ捜査現場の「Blue Eyes」へ。






昨年は京都駅から徒歩で同現場へ向かったのだが...
タクシーの車中で外を眺めながら、






この距離、歩いたって
オレ、バカ?







と呆れた驚きを感じずにはいられない距離だった(笑)
まさに無謀...一年前は、若かった...。










ほどなくこの日の捜査現場「Blue Eyes」に到着、会場にはすでに山本新、愛$菩薩が。
半年前の富山での共演依頼の再会であった。







リハーサルを済ませ、この日の宿へ向かう。






秋にさしかかろうかという頃に宿泊先の予約を試みたのだが、
捜査現場周辺のホテルなどは軒並み予約で埋まっていたのだ!




世の人々、
どんだけ旅行
好きやねん(怒)






と悪態づいたところで後の祭り...
むしろ相当焦りながら、ようやく見つけたこの日の宿はというと...






ゲストハウス、
である。

22.jpg


まあ、ようは“民宿”。
最近は言い回しをかっこよく言う。






若奥さん風なお姉さんに「3人部屋で、なんだか申し訳ないですけど...」と恐縮されるが「そうですね、やはりやめます。」という訳はなく、ありがたくとまらせていただきます、ハイ。
















この日の部屋。

23.jpg






24.jpg


こういうイメージが脳内条件反射ですぐ浮かぶ自分がたまらなく好き。







たしかに、思えば久しぶりの畳。
い草の香りが妙に心地よい。







なかなかいいじゃないか、ゲストハウス。








古き良き昭和に戻ったような気分に浸り、小休憩の後、いざ捜査現場へ!









宿から捜査現場までの道中でも見かけた風景だが、京都のこういった裏路地の味わい深い民家の外壁の意匠、心惹かれずにはいられない。

21.jpg










こちらは翌朝、京都駅に向かう際に歩いた小路の軒並み。

27.jpg






25.jpg





26.jpg






28.jpg






30.jpg







31.jpg




都会でありながら、生活感の漂うこういった路地裏では昔ながらの趣を守っているところがさすが。
北陸などがむしろ再開発で都会化・近代化・スタイリッシュ化していっているように感じる中、都会の京都の方にむしろ保守的な部分を守るスタンスが現れていて実に良いと思うのである。
住んでいる人も京の町並みを愛しているんだろう。そんな気がする。
はたして北陸(地元)はどうだろう。
味のある古いアーケード街が無くなり、四角四面の再開発ビルが建つ中心市街。
妙な気分になる。


と、柄にもない都市景観論はここまで(苦笑)。


















2015/12/12/18:30











刻一刻と迫り来る、
摩訶不思議なクリスマスパーティータイム。






次編・捜査編、
つわものぞろいの
出演者が織り成す、
驚愕の
摩訶不思議クリスマスパーティの
全貌が明らかに!





 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.12.22 Tuesday
11/28(土) 富山市 フォルツァ総曲輪 「FUJI POP FESTIVAL 2015」



“J-POP”でもなく、

“K-POP”でもない、

“J”と“K”

その間をいくもうひとつのPOP。



“J”-POPと“K”-POPの
狭間に隠れた第3のPOPの
華々しくも儚い、一夜限り(?)の
フェスティバルが
ここ富山で開催された。









「FUJI POP FESTIVAL 2015」







富山を代表する...(枕詞浮かばず)バンド「藤木屋」が
ひとときの眠りから目覚め復活を果たす一大イベントとして企画されたフェスティバル、




それが



「FUJI POP FESTIVAL 2015」だ。






FUJI ROCK FESTIVALすら行ったことがない第七警察だったが
主催・藤木屋の熱い捜査依頼を快諾し、参加の運びに。






今年6月の捜査以来の捜査依頼とあって
不安感と高揚感の入り混じる久々の捜査。




だが、5ヶ月弱のブランクは伊達じゃない。
密かに完成させた新曲「2番目のお客様」(コンビニ刑事のテーマ)と
これまた5年ぶりとなるキリマンジャロ刑事を擁し、
満を持しての捜査となったわけだ。




とはいえ久しぶりの現場である。
のどを壊してはならぬとのど飴、マスク着用と万全の外気対策でいざ捜査現場の「フォルツァ総曲輪」へ

01.jpg



急遽、リハーサル時間を入れ替えてもらい、見事な遅刻で現場入り。
貫禄の現場入り、誰も文句を言わない。
(怒っていたのだろう。)




リハーサルを終え、開演に向け楽屋で出演者の顔合わせ。



フェスティバルの主催者、「藤木屋」、
バンドの藤木屋を除いては唯一のグループ「ひだまりjapan」、
そして最近、自称“ヒューマンビートボクサー”を名乗り出したどこまでも腐れ縁を感じる盟友(迷友)、「タカヒロシ」、



いずれも実力者ぞろい(もちろん私も、だ。)のフェスティバル。
興奮を隠さずにはいられた、なんとか。






開場時間が迫るにつれ、第七警察に緊張感が走る...





のど飴がもう、少ない(焦)!!





そんな心配をよそに17:00、






フェスティバル開幕!!








トップをかざるのは、この日唯一の清涼剤の如しハーモニーを奏でるアカペラグループ、




ひだまりjapan

02.jpg



ひだまりjapan、石川からのフェスティバル参加。
12名のメンバーから、その時々に応じてメンバーを選出し、パート編成するスタイルだとか。
なかなかの戦略集団である。






第七警察にはとうてい叶わぬライブスタイルである。



03.jpg



04.jpg



5人が織りなす美しいハーモニー。




よし、オレもアカペラグループ「BOYZ MEN」(ボーイズ・セブン・メン) を結成しようと思ったが、歌がうまく、かつ仲良くしてくれる友達を7人思い浮かべられず、即断念した。



ひだまりjapan、待望のCDを作成したとのこと。
ライブ会場限定販売とのことなので、活動状況をチェックされたし!
ひだまりjapanツイッター
https://twitter.com/hidamari_japan







清らかな時間は、
あっという間に過ぎ去りました。






タカヒロシ!!!!
05.jpg


第七警察に負けず劣らずの久々のステージ、と豪語していたタカヒロシ。



練習、一回もしてない。



と、にべもなく豪語されてしまい「そうなん。」としか返答できなかった第七警察。





が、そんな心配(?)をどこ吹く風のステージング!

06.jpg






出た、メガネピック!


07.jpg


08.jpg


09.jpg


全然わかんない、という声が聞こえてきそうだが間違いなくメガネでピッキングしている。
見た私が言うのだから、そう信じて写真を見なさい。




タカヒロシ、
締めのキラー・アンセム「ぶちまけろ!!」で会場を熱く盛り上げたのであった。










そして、









そこそこ長い捜査休眠を経て
ついに捜査再開、








第七警察!!




いきなりエンディングの「今夜はKEEP OUT」。




この日はコンビニ刑事の新曲「2番目のお客様」の初披露。




結論から言えば、第七警察にしてはキレイすぎる正統派テクノポップの曲調はウケがいまいち。
重ねて、よくわからないシチュエーションソングとくればこれまた捜査協力者は「?」である。



「2番目のお客様」に秘めた楽曲哲学的な講釈はまた後に...




あわせて久しぶりに登場の「キリマンジャロ刑事」。
オルガンの音を加えファンキーさを増したキリマンジャロ刑事のテーマ「キリマンジャロ・ストーム」はなかなかの按配。




これまた久々の殉職シーンに、現場は涙に包まれた(ように思えた)。




イラストレーター・よしざきようこさんの協力で生まれた
恐怖の缶コーヒー、





“デスプレッソ”

33.jpg


この日もキリマンジャロ刑事があえなく犠牲(殉職)。







ブランクをものともせず臨んだ捜査であったが、意気込みだけでものの見事にブランクのしっぺ返しをくらいほうほうの体で捜査終了。
捜査協力いただいた現場の皆さん、ありがとうございました。









徐々に妙な空気感に包まれながらもヒートアップするフェスティバル、







ついにトリを飾る、あのバンドが現れる...!!








藤木屋

10.jpg










いきなりビジーフォーかよ!!

11.jpg



これね、第七警察も初期の頃によく言われたのよ、やってよ、って。
でもこの方向に進むとね、責任感の無い外野はどんどん要望をエスカレートさせてくのよ(苦笑)。
だから、第七警察は絶対にやらなかったんだけど。





藤木屋、やっちゃったよ。

12.jpg











ステージ上でのバカバカしさならぬ華々しさとは裏腹の
ステージ裏での殺伐とした現場写真。



13.jpg





14.jpg



15.jpg   




16.jpg



心なし彼女たちが泣いているように見えるのは私だけだろうか。








圧巻のオープニングからさらに熱いステージが続く藤木屋。

19.jpg




20.jpg




21.jpg




22.jpg



24.jpg


テクニックに裏打ちされたサウンド、時に激しく、時になまめかしいボーカルが絡まり、懐かしい昭和歌謡が次々と登場。





25.jpg



会場のボルテージが高まりゆく中、藤木屋のステージは終わりを迎えた。



26.jpg











そして、お約束のアンコールが、すぐ始まった。

27.jpg





ここで、花束がボーカル・鮎りんに進呈される。

28.jpg



29.jpg









驚愕の事実が
ここで明かされた。
(バレていたという説も。)







なんと、藤木屋は
このライブを最後に
解散するというのだ。


会場は絶叫に包まれた。


(ような気がした。)










もう、アンコールはない。
これが、最後。






惜しみない歓声と拍手に包まれ、見送られ、
藤木屋はこの夜、伝説のバンドとなった。













31.jpg



32.jpg




FUJI POP FESTIVAL 2015 
終幕






初共演にして、最後の共演となった藤木屋。
来場者を楽しませるというエンターテイメントを追求したそのステージパフォーマンス、他に類をみないバンドだった。





またいつの日か、復活の時を信じて。




唯一の気がかりは彼女たちが、この後どういった運命をたどるのか?
その一点に尽きるのであった。

14.jpg









そんな気がかりもすぐ忘れ、
会場を移し、出演者で打ち上げを盛大にとり行った。





藤木屋、タカヒロシ、第七警察で敬礼。













「FUJI POP FESTIVAL」



いつか、
またどこかで、
あのいわくつきのロゴに似た
ポスターを見る日が来ることを
信じて。 


















記念に「KEEP OUT」
















 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.07.21 Tuesday
6/14(日) 富山市 Artist's 「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」【後編】







「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」



京都から山本新、奈良から愛$菩薩を迎え、
県内外のソロアーティストが稀代の熱いステージを繰り広げてきたこの夜にも
終焉(終演)の時が近づいていた。



濃すぎるキャラクターの出演者をこれでもかと立て続けに見せつけられた
疲労困憊ぎみの来場客に最後の試練が待ち受けていた。








「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」
最後の出演者、



























ハイ、第七警察です。















狂気のデスメガネ登場















「デス・メガネ RaganMix」








間奏では永らくご無沙汰のテルミンを披露









緊張のあまり、ピッチの取り方はさんざん(自嘲ぎみに言ってますが)であったが、
あえて虚勢をはらせてもらえるのであれば、テルミンで音階を奏でることは可能。
おもしろおかしい効果音装置ではない、立派なメロディー楽器なのだ。
(という、力説に説得力を持たせられない演奏力を反省...。)



















ここで、まさかの
機材トラブル発生!!!!



バックトラックが沈黙!!
(泣)




















鑑識課写真班のtak撮影の生々しい現場写真(苦笑)
充分あわててるのだが、原因がわかっていたりすると意外にも落ち着いて対応している
自分がいたりするわけだったりして、己のふてぶてしさに嫌気も感じたりする有様。








顔でうろたえ、心で号泣しながら
つたないトークで間をつないで復旧。
(本音を言うなら、あたりまえに死ぬほど悔しかった...。)








そんな機材トラブルにも負けずに新曲「デカノポリス」熱唱!
まだメンタルはくじけきっていない!!
愛してやまない「90年代ハウス」へのオマージュ!





新しい小道具は「御用提灯」
楽器以外の出費がかさむのは正直心苦しい。でも必要性を感じ買ってしまう。





















そして、この日もう一曲の新曲を披露。
それはなんと...



















第七警察えかきうた

昭和アニメ主題歌のオマージュというテーマで曲を考えた今回、
往年のアニメ主題歌っぽい曲調とか歌詞をイメージするとか、ありきたりのものではない
それでいて昭和のアニメにあって、今に(ほとんど)ないもの、
それは“えかきうた”ではないかとふと思ったのだ。


私にとって忘れがたい往年のアニメえかきうたといえば
「ドラえもん」「パーマン」。



子供が大好きなアニメキャラを音楽とアートで簡単に表現できる、
えかきうたこそ昭和のアニメを代表する主題歌といえるのではないだろうか。


良くも悪くも高くなりすぎたクオリティが、いまどきの子供にとってアニメを
身近に感じにくくさせてるのではないのかな。
(根本的に、純子供向けアニメがテレビ放映されていない現実が悲しいけど。)








第七警察(右)と、デスメガネ(左)










えかきうたで一息つくも束の間、、
第七警察にはまだ捜査が残っていた。







危険な捜査現場(ステージ)を封鎖!!
捜査の締めはこの曲、
「今夜はKEEP OUT」!!!!





今夜も孤独な戦いを繰り広げるのか?!
そんな第七警察に....







共に戦った仲間たちが...!!!!








お、おまえら....!!!!



熱く激しいイベントを共にくぐり抜けてきた5人が、一堂に介し
第七警察・捜査のテーマ「今夜はKEEP OUT」!!










だが、音楽のジャンルもそれぞれ異なる5人、
悲しいかな本当に心は通じ合えていたのか?!






突如、演出の方向性を巡って、
寅と第七警察がもみ合いに!!!!

   







人はわかりあうことが
できないのか−?!

















だが、
奇跡は起こった。












愛$菩薩の何もかも包み込むような慈愛に満ちた仲裁によって
再び二人は固い握手を交わし、互いを認め合ったのだ...!!





ちなみにこの小芝居、
ステージ上で寅ちゃんと耳打ちして
相談してやった即興アドリブ!!!!(笑)




ま、クオリティはおいといて、こういう感じのアドリブがいきなりできてしまうところが
今夜の5人の強さたる部分だと思うのね。!
最高!!






























心を通わした4人の仲間に支えられた
史上初の「今夜は5人でKEEP OUT」が
この夜の最後を飾った。


















一人勝手に万感の思いにふける第七警察。


(もう機材トラブルやらかした反省を忘れている。)











タカヒロシ





愛$菩薩





山本新







最高の笑顔。















































この日、写真撮影担当のtak(右)

素晴らしい現場写真を本当にありがとう!









「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」
おかげさまで大盛況のうちに終了。


遠く離れた地に、そして地元に
音楽を通じてつながることができた素晴らしい仲間
がいることに感謝。

そして、なによりもこの日ご来場いただいた皆さん、
本当にありがとうございました。
来場の皆さんのおかげでこのライブはここまで熱く盛り上がったことは
間違いありません。
重ねてありがとうございました。


そして、飾りつけなど無理なお願いを快諾してくれた
Artist'sスタッフの皆さんもありがとうございました。




















甘く、ほろ苦い余韻に浸り、
迎える夏、終わる夏。







 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 03:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.07.21 Tuesday
6/14(日) 富山市 Artist's 「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」【中編】




山本新、愛$菩薩の呼びかけで集った
寅、タカヒロシ、第七警察の5人が
富山のライブハウス「Artist's」をわがもの顔で
熱いライブを繰り広げるた伝説級のイベント、
 「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」

寅、タカヒロシの熱いライブですでに会場は
火の海、ヒートアップ!

そして、ついにあの二人が登場する...!!









奈良が生んだキセキの子











愛$菩薩。





一昨年の第七警察企画から、
満を持しての2回目の富山での法事!
神々しさも増し、らほつ(?)もブルーバージョンで登場!




エンターテイメントだけではない、本物の僧職ならではのありがたい法話も聞き所。







で、まあ、こういう流れに...。











この日の最強タッグともいえる妖精×菩薩のコラボレーション!











そして、一体誰がこの夜、
この「Artist's」が会場全体を巻き込んだ
和風ディスコフロアになろうと
想像していただであろうか?!









いけにえの如く、ハッピ着用者を無理やり指名した後...









みなさま、お手を拝借とばかりに...





















菩薩音頭!!!!!!!












みな踊る!!!!!!!




この時、
ライブハウス「Artist's」は
和風ディスコフロアと化した。

(「その時歴史は動いた」風に)







いまだかつて
このライブハウスで
盆踊りを観客と一緒に踊った者が
いたであろうか?









この盛り上がりぶり、この事件簿を読んだだけでは
全く伝わらないと思うが、それこそが現場でしか体感できない
まさにライブの醍醐味。










見事、ありがたいハッピ着用と、さらにありがたい愛$菩薩特製色紙をゲットした
この信者(?)は、私もよく知る富山でも屈指のギタリスト・Nっちだった。
ふだんクールなNっちのこんなニヤける顔を見てしまい、私は正直おののいた。
よかったな、Nっち。
合唱...もとい合掌。








会場をひと足早くお盆ムードにしたまま、愛$菩薩はステージを後にした...。






素敵な笑顔の愛$菩薩。
会場の皆さんはそれ以上の笑顔だった。
アーティストそれぞれで志向するものは違うであろうが
エンターテイメントとは、合歓(あいよろこぶ)の精神が
体現されてこそ本物だと思う第七警察、
この日の愛$菩薩の法事は文句なしのエンターテイメント!
感服の至り!
























あなたは信じますか?
ようせい世界。





















わたしは信じています。
彼の存在を知ってからは。








山本新






もはや富山ではおなじみの、ようせい世界の打ち込みロッカー・山本新!















今夜もよくハネる!!!!









お客も応える!
















うぎゃああああああああああああ?! 


と、「寒天寒天」でのコラボ待機中の愛$菩薩でした...。










山本新の新作「ダイニングイレブン」にも収録の「寒天寒天」を妖精×菩薩で熱唱!













「寒天寒天」が終わりかける中...






第七警察のガサ入れが!!



「なに?この会場に白い粉持ってる怪しい男がいる...?」








「....!おい、コレ、あれやろ?!(汗)」










「この白い粉、絶対あかんやつやろ!!」







経験豊富な刑事は違法薬物を
臭いを嗅いだり、あるいは舐めるだけで
判別できるという...






おもむろに舐め出す第七警察...










「...じゅうそう...」












「重曹」なのか!!











三文コントから流れるように同じみの
「重曹」スタート!!









白い粉に誘われ、
これまた全身白のタカヒロシが乱入!!













タカヒロシ、
やりたい放題の
こわれっぷり。










やはりこの日のタカヒロシは何かが違う...何かがおかしい。
見ていて気持ちよすぎるはじけっぷりであった。













唯一無二のようせい世界の打ち込みロッカー・山本新。
常にハイテンションなパフォーマンスを崩さない

誰もが引き込まれるその魅力はまさに人間離れした黄緑の使者。
第七警察が敬服してやまないアーティストの一人。


この日も会場を熱く盛り上げ、また去っていくのだった。


















観客の疲労は度外視、果てない盛り上がりを見せる
「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」





寅、タカヒロシ、愛$菩薩、山本新、
いずれ劣らぬ面々が登場。





そして






残すはあと一人。








後編へ続く


















 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 00:32 | comments(1) | trackbacks(0) |
2015.07.20 Monday
6/14(日) 富山市 Artist's 「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」【前編】

自然が猛威を奮う夏を前に
地震・台風・大火事が同時多発するかのごとく
かの地をゆれ動かした一大イベントがあった...。









捜査だ
法事だ
キトキトライブショーで
ぶちまけろ!!







ようせい世界の打ち込みロッカー
山本新(京都)、


奈良が生んだキセキの子、尼僧アイドル
愛$菩薩(奈良)


富山を歌せたら天下一、キトキトロケンローラー
寅(富山)


後付の自称“ヒューマンビートボクサー”
タカヒロシ(富山)


そして、第七警察(富山)

(枕詞考えるの面倒くさいので省略)







もはや他ではありえない
最強ラインナップ。
驚天動地・大山鳴動の
ライブショー。



会場のArtist'sはこの日、
異様な空気に包まれていた。




そう、この日は特別な夜とあって、なんと愛$菩薩が会場デコレーションの飾り幕を
Artist'sの天井に出演者で協力してあつらえたのだった!


 
ワクワク感割り増しの心憎い演出!どうだ!(笑)
開場と同時にお客様もそぞろに集結!
このメンツなら、うなづけるというもの!
刻一刻と開演時間が迫る...。






そして、6月14日午後6時。






世紀のライブショーが、幕を明けた。






トップバッターは、



寅!!

 
この日はなんと、寅の初音源「富山にある!」のレコ発ライブツアー初日でもあった!
初お披露目のCDがおがめるとあって寅ファンにはたまらない夜!







さらなる目玉は、コラボレーション!






寅&愛$菩薩で「のんびり」











山本新が飛び入り参加で「キトキトロック」!!




剛の寅、柔の山本新。
ラオウ×トキの共演を思わせるスペシャルな共演!!








そして、あの藤子・A・不二雄先生も絶賛(本当の話)したという、

「富山にある!」









富山にある!
富山にある!






この一体感!
ああ、地元愛!



のっけから、この盛り上がり(笑)!!







出演後の物販で飛ぶように売れる初音源「富山にある!」
うらやますごい!





富山にある!
寅がある!

(モノっぽく言ってすいません。)





想定を超え、想像以上の盛り上がりでスタートした
「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」。


来場のお客様は先が思いやられる心地よい火照り具合、間違いなし。
だが、このイベントは休む間もあたえず、突き進むのだった!








次なる出演者は...












え?









タカヒロシ!!







今回、一番の新境地開拓の感のあるタカヒロシ...。
初めて聞く"ヒューンマンビートボクサー"の肩書きに加え、
マントをまとった謎のマスクプレイヤーとなって、登場!!!!!!





何かに目覚めた
今夜のタカヒロシは
いつもと違う。










さらに、私のあずかり知らないところで恐るべき展開をはらんでいたのだった。






マスクトークショー。



ぶっつけ本番過ぎて、とりとめのない感漂いすぎの謎のマスクトークコーナー...。



















ここで一句。







カオ隠し

カオスな空気

醸しだす

















マスクをぬぐい捨ててからは、いつもの(?)タカヒロシ。




必殺のメガネピック健在!!








〆のピアノ打鍵!(押さえてるのはEらしい。)



その身にまとう衣装の如く、
真っ白な灰に...

いや、ハイになったタカヒロシであった!!



















ついに幕を明けた
 「捜査だ法事だキトキトライブショーでぶちまけろ!!」






オール4番打者!

オール怪獣大進撃!

オールタイムクライマックス!


















この後、富山の夜に再び菩薩が降臨。







中編へ続く







 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.05.08 Friday
4/29(水・祝) 京都市 DEWEY 「超人オリンピック」【後編】

通常の人間ではおよそ超えることはできない
“一線を超えてしまった”超人たちが集う
「超人オリンピック」、ついに開幕!

祝日の昼下がりの京都の街を
歓喜と狂気に包み込む壮絶な超人たちの
熱い戦いに観客はただただ圧倒されるのみであった...。

そして、さらなる強力な超人たちがこの後も続く...!


B20150429 00.jpg






前振り受けて...






史上初!!
刑事超人
第七警察 (出身地:富山)




現場写真、これだけです。



よりによって捜査ミスの証拠写真...。
フリップの左右が逆ですね...これはイタイですね...。


ところで、気になる「キ○肉マ○」ネタ、
アシュラマン、ジェロニモなど、わかる人にわかるものを仕込んでみたのだが。


そんなネタ仕込にかまけてばかりのせいではないだろうが
今回は体力の無さや仕込みの甘さが目立つしょっぱい捜査。









この日、二人目のアイドル...








尼僧超人
愛$菩薩 (出身地:奈良)
B20150429 050.jpg


B20150429 043.jpg


B20150429 047.jpg

頭髪(らほつ?)も青くなっての愛$菩薩、
マイクも持参のヘッドセットを装着とパフォーマンス力が向上している。



今回は恒例の生着替えがなかったのだが...













新曲?「菩薩音頭」で
スタジアム内が祭と化す!!




日本人の心、忘れない。











そして、菩薩は去っていった。
B20150429 061.jpg



















B20150429 062.jpg





スタジアムがにわかに黄緑色に...

B20150429 063.jpg








妖精超人
山本新 (出身地:京都)

B20150429 065.jpg





こ、この盛り上がりはッ...!?
B20150429 068.jpg

妖精世界からやってきた黄緑の超人・山本新。


ホームの強さをいかんなく発揮してのステージ!
そのエナジーは一体どこから?!


食べ物尽くしのキラーチューンでお腹いっぱい。
重曹って食べられるの?




愛$菩薩、山本新とは6月に富山で共同捜査!
待ってるぜ!!







いぶし銀のマスク
木村三郎 (出身地:京都)

B20150429 071.jpg

B20150429 072.jpg

この日唯一のアコースティックなスタイルの木村三郎さん。


が、やはり超人。
堂に入った一人芝居の合間にアクセントのように力強い弾き語りを。


B20150429 073.jpg

一人芝居の物語を交えての、まさに“弾き語り”。
テンション高めのオリンピックの流れを良い意味でガラリと変えるいぶし銀的存在だった。


完成度の高いステージを見ると、己の稚拙なステージが恥ずかしくなる。







ついに登場、衝撃のタッグ、





モバイルファンク界の頂点の降臨!





モバイルファンク超人タッグ
サイモンガー・モバイル (出身地:東京)

B20150429 081.jpg

なんと、ニンテンドーDSのソフト「KORG M01D」を駆使し、
唯一無二の「モバイル・ファンク」の世界を繰り広げる超人!


本当にゲームソフト(ちゃんとしてますけどね。)で制作されたのか?
と、疑いたくなる完成度の高いトラック!



ファンク愛と絶妙なアレンジスキルがあればこそ!
巧い!すごい!


B20150429 083.jpg





B20150429 089.jpg

コール&レスポンスでの観客との一体感やアジテート能力は本日最強クラス!
ライブは、ファンクは楽しんでナンボのもんじゃい!





B20150429 092.jpg


ウィ・ガッタ・モバイル・ファンク!!

















超人オリンピック、最後の超人。






情熱ダンス超人
情熱マリ子 (出身地:東京)

B20150429 099.jpg

ハウス、歌謡テイストのダンストラックに合わせ華麗に歌い、踊る情熱マリ子!
ダンスのキレが尋常ではない。
まさに超人!


ハニワをにぎりながら歌う「ハニワ・システム」!
第七警察が身もだえする、なつかしいハウステイストのトラック。
これはたまらんです!(泣)


B20150429 094.jpg

B20150429 101.jpg

海外でも活躍中の情熱マリ子。
JAPANの大和撫子の魅力をこれからも世界に発信してください!

ハニワで世界征服!





















B20150429 00.jpg


こうして
超人たちの熱い戦いは
幕を閉じた。



それぞれの視力...いや死力を尽くしての戦いを終えた超人たちは
お互いの健闘をたたえ合った。





プリンセスやす子と第七警察
B20150429 102.jpg



前座MCと第七警察
B20150429 104.jpg






TU-KOと第七警察
B20150429 108.jpg



TU-KOと第七警察(バグ状態)








情熱マリ子と第七警察
B20150429 109.jpg





サイモンガー・モバイルと第七警察(スタンド(JOJO)で山本新)
B20150429 123.jpg





山本新と愛$菩薩と第七警察
B20150429 126.jpg

6月に富山で会いましょう。









こうして、
超人たちは
また次なるステージに向け
ぞれぞれ旅立っていった...。






B20150429 128.jpg

                           2015年4月29日(水) 京都市 DEWEYにて











超人オリンピック閉幕。












 
| 第七警察 | 過去の事件簿 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |