Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2017.05.27 Saturday
Elegibo

 

 

 

 

 

 

Margareth Menezes

「Elegibo」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生のころの

音楽嗜好は雑食感が顕著で

4つ打ちと言われるダンスビートなら

もうなんでもこいで。

(それはいまでもか。)

 

 

 

 

この

マルガレッテ・メネーゼスの

「エレジボ」

 

 

 

 

歌手のパーソナルはいまだに

まったく存じ上げていないのだが

とにかく、熱い。

高揚感がたまらない。

 

 

 

 

意味はわからないが

絶対に

サビでは叫んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

えーり

 

えり

 

えっれえじぼおおおお

 

えっれえじぼおおおお

 

えっれえじぼ

 

えり えり いい

 

 

 

 

 

 

 

 

大合唱

 

 

 

 

 

南米は熱い

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.05.26 Friday
Full Term Love

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Full Term Love

 

 

 

 

 

 

one of my best remix

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.05.20 Saturday
Synaesthesia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブミュージックにおいては

ハウス好きを自称していまして

トランスはほとんど聞かないのですが

この曲はトランシーな雰囲気を匂わせつつも

骨太トランスまではいきすぎていない

大好きな曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.05.18 Thursday
Getting Away With It

 

 

 

 

 

 

 

ダンスミュージックの洗礼を受け続けた90年代

 

 

 

 

 

この曲もはずせない

マスト・ピースのひとつ

 

 

 

 

 

 

ジョニー・マー&バーナード・サムナーのユニット

「Electronic」

 

 

 

「Getting Away with It」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴォーカルは

「Pet Shop Boys」

ニール・テナント

 

 

 

 

 

そして

なによりも

美しいストリングスアレンジは

「The Art Of Noise」

アン・ダッドレー

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.05.16 Tuesday
HIGH CRIME

 

 

 

 

川口大輔

 

「HIGH CRIME」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと最後のキスなのに 最初のときより

 

甘く感じてしまうのは まだ好きだから

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.04.26 Wednesday
JOY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I can't help myself

 

You know how to bring out the best in me

 

We're two of kind baby

 

 

 

You give me joy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.04.11 Tuesday
The Brand New Heavies

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UKを代表するアシッド・ジャズ・グループ

The Brand New Heavies

 

 

 

 

 

色あせない4thアルバム

「brother sister」

 

 

 

 

 

中でも群を抜いてのお気に入り

「World Keeps Spinning」

 

 

 

 

ファンタスティックなシンセ

グルーヴィなベース

ドラムのヤン・キンケイドと

ゲストボーカルのエンディア・ダベンポートの

絶妙のツインボーカル

 

 

 

 

1994年の

The Brand New Heavies

そして

「World Keeps Spinning」を

超える彼らの曲には、その後出会っていない。

おそらくこれからもそう。

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.04.10 Monday
What A Fool Believes

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.04.09 Sunday
Funkin' For Jamaica

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jamaica funk,

that's what it is let it get into you

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.04.05 Wednesday
Around The World

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My Best “Daft Punk”!

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |