Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2017.02.17 Friday
冒険やろう

 

 

 

 

 

 

浴室の鏡のくもりを

どうにかしようと考えていたところ

「スティックのりを鏡面にうすく塗るとくもり止めになる」

とかいう話を思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

スティックのりがない。

 

 

 

 

 

 

うーん、困った、

と一度頭をひねるがふとひらめく。

 

 

 

 

 

 

「のりだって? まてよ...じゃあ、こいつもいけるだろう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髭剃りジェル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前の髭剃りジェルをほどよく指にのせ、

うすく、うすく鏡面にのばしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事なまでに

くもらない

 

 

 

 

そし

 

 

 

すごいじゃん

オレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、すごいな、

ふと目の前のにあるもので

なんとかしちゃう、この感じ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、この感じ...

 

 

 

 

 

 

「冒険野郎マクガイバー」

である。

 

※とりあえず最初に検索ヒットした画像を貼っておく

 

 

 

 

 

 

 

おそらくアメリカのTVドラマだと思うこの作品、

金曜ロードショーで放映されていた記憶がある。

 

 

 

 

 

マクガイバー氏の所属、使命その他もろもろ

大筋はまったく覚えていないのだが

マクガイバーのおそるべき特技だけは

忘れられないのである。

 

 

 

 

 

それは

超人的な身体能力でもなく

超能力でもない。

 

 

 

 

 

 

ピンチに追い詰められると

たまたまそこら辺にある

ありふれた日用品と

類まれなそのひらめきで

難なくピンチを脱してしまうのである。

 

 

 

 

 

 

とにかく、

 

 

 

 

 

 

そのひらめきぶりと

腹立たしいくらいの

“難なく切り抜ける”感

がたまらないのである。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

 

 

閉じ込められた密室で、

(実にわざとらしく自然に)

スプーンを見つけ、

「こいつはいいものを見つけた」
と心の中でつぶやき、
さらにスプーンに続き利用できる
ものをうまい事見つけ、
それらを組み合わせて、
旨いことピンチを
切り抜けるのである。
※幼少期の記憶だけで語っているのでご容赦ください。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、

 

 

 

 

 

 

 

「こいつはいいものを見つけた」

 

 

 

 

 

 

のリアクションが絶妙で、

芸人のお約束ボケのようなわかりやすさが

なんともたまらなかったのである。

(ちなみに吹き替えはジャッキー・チェンでおなじみ、石丸博也)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この厳しい社会を

生き抜くために必要なものは

 

“”頭の良さ”

ではなく

“かしこさ”

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

冒険野郎マクガイバーはそれを教えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

お風呂の鏡に髭剃りジェルを

うすく塗ると、

鏡はくもらないことも

覚えておいてほしい。

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.12.17 Sunday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:44 | - | - |
Comment