Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2017.05.18 Thursday
Getting Away With It

 

 

 

 

 

 

 

ダンスミュージックの洗礼を受け続けた90年代

 

 

 

 

 

この曲もはずせない

マスト・ピースのひとつ

 

 

 

 

 

 

ジョニー・マー&バーナード・サムナーのユニット

「Electronic」

 

 

 

「Getting Away with It」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴォーカルは

「Pet Shop Boys」

ニール・テナント

 

 

 

 

 

そして

なによりも

美しいストリングスアレンジは

「The Art Of Noise」

アン・ダッドレー

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | ハウス刑事の試聴室 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
URL : http://poli7.jugem.jp/trackback/1130