Profile
最近の日誌
月別日誌
カテゴリー
皆様の声
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2018.08.23 Thursday
大甲子園

 

小学生のころに出会った水島新司著の野球漫画「ドカベン」、

そしてその後、知ることになった水島野球漫画の集大成的作品「大甲子園」

 

 

 

本格的なスポーツに打ち込むこともなかった私だったが、

「ドカベン」「大甲子園」という作品を通じて野球(漫画)のおもしろさを

知ったことは間違いない。

そして、「甲子園」という高校野球の頂点たる舞台を

自分には縁遠い存在とは思いつつ、いつかは行ってみたい聖地のように

思い続けていた。

 

 

 

 

そして時は流れ、齢を重ねた今年、2018年。

夏の甲子園こと「全国高校野球選手権大会」は第100回という記念すべき年を

迎えたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

また今度でもいい...。

 

 

 

 

 

 

なら、いまでいい!

 

 

 

 

 

 

というわけで、長年温めてきた聖地への発作的衝動に駆り立てられ、

(第100回だから、というミーハー的動機が多分に。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七警察、甲子園へ!!

 

カキーン! ズワァァァァァァ

(↑効果音(打撃音&歓声))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで、

まいりましょうか、熱く、そして長い甲子園への道を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園へ向かったのは12日(日)

郷里石川県代表の星稜高校の2回戦が開催されるとあって、

この日に行かずして、なんとすると息巻く。

 

 

 

 

 

 

 

昨今の甲子園の盛況(混雑)ぶりはかねてより耳にしており、

この日もお盆ど真ん中・日曜日という当り日程の予感。

 

 

 

甲子園の混雑予想...と

この記事掲載時に気づいたが、よく見ると「甲子園」ではなく

「甲子園駅」の混雑予想...。

後述するが、甲子園そのものの現場はこの“やや混雑”どころではない様相であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園の入場に至るまでの混雑の模様だが、

ネットによれば地元の人が始発電車で甲子園に向かっても

入場できない日もあるとかいう、にわか客泣かせな情報も...。

だが、私は泣かずに覚悟を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

夜中から並ぼう。

 

 

 

 

 

 

 

独り身の軽々しさを最大限に活用。

そうと決めこんでの道程は、というと...

 

 

 

 

 

 

車で現地入りすれば駐車料金の高騰が目に見えているのと

運転疲れが予想されたので、ここは公共交通機関で。

 

 

 

 

 

 

 

2018年夏、

私が選択した甲子園への道、最良手は...

 

 

 

 

金沢駅発(ローカル線)

  ↓

加賀温泉駅発(バス)

  ↓

天王寺着・夕食

  ↓

JR西宮駅前漫画喫茶 泊

  ↓

午前4時 甲子園球場到着

 

 

 

 

 

どうだ!!!!

 

 

 

 

 

 

これならイケる。

絶対、入れる。

このときの私は大差の得点で九回裏を迎える守備側野球部監督のような

勝利を確信していた。

(だが、その確信は一転、逆転ミラクルな絶望にも近い恐怖に変わるのであった...)

 

 

 

 

 

 

 

いざ、甲子園へ。

 

 

およそスポーティ感ゼロのルックス、意気だけ揚々。

(いちおう陽射し対策でオフホワイト仕様)

 

 

 

 

 

 

金沢駅発のローカル線に揺られること約1時間、

生まれて初めての加賀温泉駅で下車。

その後、高速バスに乗り込む。

 

 

 

 

 

 

お盆真っ只中とはいえ格別の渋滞もなく大阪は天王寺へ到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月11日(土) 20:30

天王寺

 

 

 

 

ここで腹ごしらえと通天閣でお馴染みの新世界へ。

 

 

 

グルメの聖地(と思いこんでいた)・新天地

わたしの空腹を満たす、明日への活力へとつながる

美味いラーメン屋を...

探せど、探せど、あるのは

 

 

 

 

 

串カツ屋、串カツ屋、串カツ屋!!!

(バース・掛布・岡田、風...意味わからない人はすみません。)

 

 

 

 

 

 

 

これでもかと、串カツ屋!

大阪の人はどれだけ串カツを消費しているのか?

串カツシンパシーゼロの私にとっては賑やかな生き○獄の様相。

(その後、不承不承入ったひなびた場末の中華屋で不本意なラーメンを食す...泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園以外眼中にない私、

この日はいかなる観光名物ランドマークも単なる建造物。

アベノハルカスを横目に西宮へ向かう!

 

 

 

 

 

 

 

 

西野宮駅に無事到着。

事前に調べておいた駅前の漫画喫茶で仮眠をとるべく

ドラッグストアでアルコールを仕入れ、

人生2回目の漫画喫茶へ、いざ!

 

 

 

 

 

 

 

個室、まさかの満席!

 

 

 

苦渋の選択で一般シート席で睡眠導入剤(=アルコール)を注入!

だが、興奮しているのか、眠れない(笑)!

 

 

 

しかし、漫画喫茶。

私が入店してから以降も続々と来店し、空いていた席もあっという間に満席に。

お金を払って漫画を読むという暇つぶしが日常生活にない私には驚きの実態。

 

 

 

 

23時過ぎから都合、3時間少々...

結局寝付けずに漫画喫茶を出て西宮をあとにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は

8月12日(日) 2:30 

(ぐらいだったと記憶する。)

 

 

 

 

 

 

いざ、甲子園球場へ!!!!

 

 

 

 

 

距離感のわかる人にはアホの極みだと思うが、

何を血迷ったか西宮駅から甲子園まで徒歩で向かう。

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、45分ほどの道程...

辛抱たまらない、というほどではないと判断。

(腰痛を抱えつつ...汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

寝静まりかえった真夜中の住宅街をひた歩く。

少々蒸し暑いが、時折吹く夜風が心地よく。

 

 

 

 

 

 

そして、ついに到着...!

 

 

 

 

 

 

 

 

阪神甲子園球場!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

そのとき、信じられない光景が....!!!!

 

 

 

 

 

 

 

眼前に広がる、

阿鼻叫喚の○獄絵図!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月12日(日) 3:30

阪神甲子園球場前 

 

 

 

 

 

 

あんたら、

 

いつから居んの?!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

予想を凌駕する当日入場券待ちの列(大汗)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとまて、

今、夜中の3:30ですよ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

地元衆が始発で向かっても間に合わないよ、どころじゃないこの様相!!

確かに、この12日は広陵高校、仙台育英高校など有名校のカードが軒並みであったが...

 

 

 

 

 

 

 

正直、着いた!という感動より

「やばくない?」という驚愕にも似た焦りで狼狽するニワカ田舎野球観戦者、オレ。

 

 

 

 

 

 

気分を落ち着かせるため球場を巡回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち着きをとりもどしたつもりで、もう恥じも外聞もなく警備員に内野自由席の列の場所を聞き、向かう。

 

 

 

 

 

案内された15番ゲート付近、順番待ちの列最後尾付近で警備員が叫ぶ...

 

 

 

 

 

「えー、ここに今から並んでも入場できないつもりでお並びくださーい。」

 

 

 

 

 

 

 

え?

(注:私以外の人もみんな(苦笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警備員、

 

アタマ、イッっちゃってる?

(注:これは私だけ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自問自答して言い聞かせる。

「まてまてまて、入場できない“つもり”で、って言ってたよな?ウン。“つもり”ってことは、つまり、その“できないこともあり得る”って解釈ができるよな?可能性ゼロ、じゃないよな?そうだよな?」

 

 

 

 

 

 

と、いうような言い気かせを自らに課し、私も含めたここの人々は並んだに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにもビビりすぎて暇つぶしに持ってきた本を読書する余裕すらなく、刻々と時間が過ぎていく...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして空も白みかけ、6:30近くだったであろうか...

ついに列が動き出した!!

 

 

 

 

い、いけんじゃあないのか?

 

 

 

 

徐々に正面の当日券発売所のほうへ進むにつれ、警備員のアナウンスが。

どうやら7:00すぎから当日券を発売開始するらしい。

 

 

 

 

 

 

高速道路下をくぐり、ようやく甲子園駅前まで。

このあと、向こう側で折り返して球場側(背中側)へ!(泣)

列は、たしかに進んでいる!進んでいるんだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに入場券販売窓口が見えるところへ!!

 

 

 

 

 

 

いけるだろ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおお!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、

 

ウソでしょおおおおお(泣)!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬおおおおおおおお(号泣)!!!!!

 

 

 

 

齢四十を越え、ついに憧れの大甲子園への切符を手にした私。

(注:観客として、です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校球児たちの熱き闘いの大舞台へついに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の第3試合、星陵高校 対 済美高校。

劇的な試合展開の連続。

同点延長のタイブレークの末、済美高校が逆転満塁ホームランで勝利。

地元・星陵高校が敗れたことは残念だったが、

両校の歴史的な名試合を間近で観ることができた、このうえない一日となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の頃から夢見ていた甲子園。

一度でいいから足を運んでみたい、その夢をようやく叶えることができた。

 

 

 

目の前で繰り広げられる球児たちの熱いプレーはもちろんだが、

その背景に広がる、本当に美しい芝生、澄んだ青空、真っ白な入道雲、吹き抜ける浜風、

すべてを体感したこの日、甲子園、高校野球が人々の心を掴んでやまない理由が確かにわかったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

球けがれなく

 

道けわし

 

 

 

 

 

高校球児たちの闘いはこれからも続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.09.23 Sunday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:42 | - | - |
Comment