Profile
最近の日誌
月別日誌
カテゴリー
皆様の声
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2018.08.31 Friday
8/15(水) 名古屋市 DAYTRIVE 「ほがらか2018夏」【打上・観光編】

 

 

 

2018年夏、


ぼくたちは誰よりも

 

ほがらかだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の夏を締めくくる名古屋での管轄外捜査。

 

 

 

ほがらかな熱気に包まれ、無事終了した山本新主催の「ほがらか2018夏」

 

 

 

 

 

 

 

腰痛をおしての捜査だった第七警察、

大難なく捜査を終え、ホッと一息をつき後片付けもそこそこに済ませ、あとは打上げを待つばかりであった。

 

 

 

 

 

 

YAZROCKETTの2人とDJ Legi が翌日の予定もあり参加できないとのことで

山本新、お遊戯タイムズ、No.305、ユーキ、そして第七警察で打ち上げることとなった。

 

 

 

 

 

夜もふけ込んでいたため、捜査現場近所の居酒屋もラスタオーダー間近で断念、歩いてほど近い鳥貴族を会場に打上げる!

 

 

 

 

 

ちなみにそこそこ疲れていて、とっとと酒にありつきたかったためここまでのくだりから鳥貴族店内での模様を記録した現場写真などは一切ない。ご容赦のほどを

 

 

 

 

 

打上げではおのずと音楽談義...いろいろ語り合ったが...

 

 

 

 

 

 

詳細は覚えていない(汗)。

だが、楽しかった!

それだけは確かなのだ!!

 

 

 

 

 

日本のミュージックシーンの未来を熱く語るうち(イメージ)に、時間はあっという間に過ぎ去り、鳥貴族をあとにしなければならないことに!

(店を変えようと誰かが提案したのか、はたまたラストオーダーを過ぎての退店だったのか、全く記憶にない。)

ユーキは一足はやく宿へ帰っていった。

 

 

 

 

 

 

 

こうなったらもう

 

朝までオレたち、

 

ミュージシャン!

 

 

 

 

 

 

などとは、誰一人叫んでいない。心意気を文章化したまでである。

 

 

 

 

 

そんなわけで

 

 

 

 

 

何年ぶりのカラオケへ。

 

 

帽子はお遊戯タイムズのおにいさんから拝借...。

時計の針は記憶定かではないが(コレばっか...苦笑)、すでに午前2時はまわっていたであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

時間なんか、気にすんでねえ!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ばかりに歌う!第七警察!!

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは挨拶がわりに、いきます。

 

 

 

 

 

 

WANDS 「時の扉」

(じ、自分で自分にウットリ...するなんて...)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時の扉叩いて、ここから今飛び出そう

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにもカッコよすぎて...見てくれ、コレ。

DJ り・ぼ・んもオレにメロメロさ。

(書いていて恥ずかしくないのかって?ちょっとだけ恥ずかしいよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、酒におぼれた末のカラオケではあったが、ひさびさのカラオケ、それも捜査後の共演者とのカラオケ(初めてかも)とあってテンションの高まる第七警察!

ここぞとばかりにウケ度外視の「唄う機会のなかった唄いたかった歌」「ここでちょっと唄えるかチェックしたい歌」を中心にオールディーズを唄いまくる。

 

 

 

顔は笑っているが目が死んでいる...醜い...。

 

 

 

 

 

楽しい時間はあっという間に...気がつけば朝方!!(笑)

眠気を知らないオレたち、気がつけば空は白み始めていた。

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ帰ろう。

 

 

 

 

 

 

 

遅すぎる帰巣本能に駆り立てられ、カラオケをあとにする。

B'zを唄えなかったことは残念だが、ステージ以外での共演者たちの歌声を聞けたのはなかなか貴重な体験だった。

長年付き合いのある山本新のカラオケを耳にできる機会も今後あるかどうかわからない。

楽しくも貴重なひと時であった。

 

 

 

 

 

 

推定、明け方5時台。

宿に到着。

こんなにすがすがしく、眠いことはかつてあっただろうか?

いや、あったかもしれない。

とにかく明日...じゃない今日、あと3時間ほどでまた起きなければならない現実に恐怖を覚えながらも「3時間も眠れる。」とポジティブシンキングするまでもなく泥のように眠る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月16日 8:00ごろ起床

 

 

 

 

 

 

 

 

夜更かしをしても

 

寝覚めがすっきり

 

早起きがオレの自慢

 

(オッサン刑事のテーマ「オッサンノヴァ」より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい。

 

この日はなんぼなんでも

 

ねむい。

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、山本新からのモーニングコールがオレを覚醒へと導く。

 

 

 

 

 

 

「大須観音、行っこうずぇーい、イェイ」

 (当時の私のテンションをかなり脚色したイメージです。)

 

 

 

 

 

 

 

あの山本新の誘いとあらば、断るわけにはいかない。

身支度を整え、ほど近い山本新の宿へと向かう。

(実際は、前日に大須観音観光を山本新にほのめかしていたためであった。)

 

 

 

 

 

 

 

 

マイカーで名古屋入りしていた山本新!

霊験あらたか(?)新(あらた)カーに乗り込み、いざ大須観音へ向かう!

 

 

 

 

 

 

 

昨夜の捜査現場「DAYTRIVE」近所の謎の鳥獣店を激写!

 

 

伝書鳩だと思われる鳩を取り扱っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やって参りました、大須観音

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは間違いなく霊験あらたかな大須観音を拝観。

お線香も灯し、あとにする。

 

 

 

 

 

 

その後は商店街をいろいろ散策。

活気ある商店街は眺め歩くだけでも十分楽しめるのである。

 

 

 

 

 

DJとして覚醒した山本新、中古CD&レコードショップのチェックに余念がなく、この日は商店街で見つけた中古CD&レコードショップを3、4軒ハシゴ。

第七警察もつられてお宝CDを漁る。いや、実は自分も入りたかったんです、ハイ。

 

 

 

 

 

 

なんだかすごい、都会のお寺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰得?何目的?の防弾コーティング!?

 

 

 

 

 

 

 

都会はスゲーなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

条件反射です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいですね、落ち着きます。

こういう味のあるお店(これはおもちゃ屋さん)は逆に地方では消えつつあります。残念なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

とまあ、ぶらぶら商店街散策するうちに時計の針も進み、お昼。

第七警察は午後早々に金沢へ発つため、駆け込みの昼食(ラーメン!)をとってから駅前のバスターミナルへと山本カーで送ってもらう。

 

 

 

 

 

 

 

名残惜しくも、駆け足気味で山本新と別れる。

いずれ、また会う日まで。

 

 

 

 

 

 

帰りのバス車内で気になるのはやはり甲子園。

隣県・富山代表の高岡商業高校が大阪桐蔭高校と熱戦を繰り広げている様子をスマホでチェックしながらの道程。

結果は惜しくも高岡商業の敗退であった...残念!

 

 

 

 

 

 

金沢中心市街地に到着したのは19時ごろであったであろうか。

捜査本部(=自宅)で夕食を準備する気力もないので、「宇宙軒」で夕食。

 

この日の気分は野菜炒め定食。

ご飯はもちろん大盛だ。

 

 

 

 

 

 

 

甲子園観戦と間をおかずの捜査であったが、懸念された腰の不具合もさしてなく無事に名古屋の管轄外捜査終了。

今回の捜査も良き音楽仲間と知り合えたことが何よりの収穫。

 

 

 

 

 

 

過去の事件簿にまたひとつの記録。

 

 

 

2018年、ほがらかな夏の日の出来事。

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018.11.15 Thursday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:13 | - | - |
Comment