Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2017.03.12 Sunday
丸腰刑事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R-1グランプリのネタより

 

ふつうに丸腰刑事がすき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.03.11 Saturday
ボビイ ブラウン

 

 

 

 

 

 

 

ボビー ブラウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボビイ ブラウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.03.10 Friday
Lily Was Here

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンディ・ダルファーといえばコレ

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.03.09 Thursday
ディズニーをディスる

 

 

 

 

昨年末公開された

スター・ウォーズのスピンオフ作品

「ローグ・ワン」

 

 

 

 

 

 

 

早くも商品化となったわけだが...

 

 

 

 

 

 

 

 

通販サイト・南米熱帯雨林の

ユーザーコメント欄が

発売前にして

すでに炎上気味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番高いパッケージがコレです。

 

 

 

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプレミアムBOX:数量限定商品

[ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド]

[Blu-ray](オリジナルステッカー&ギフトバック付)

 

 

 

 

 

 

 

 

「フォースの覚醒」ソフト発売時にもあった

アホ丸出しの特典「ギフトパック」なる袋が

またもや付属。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

無駄な商品バリエーション。

 

 

 

 

 

 

 

男心を吸引する

マニアックなありがたみ皆無の

特典の数々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“映画”はいい。

“商品”はカス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネズミとお姫さまのおわす

地球上のかの王国の権威は

遥か彼方の銀河系には

とうてい及ばないのである。

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.03.08 Wednesday
日本の特殊部隊

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.03.03 Friday
あなたらしい漢字一文字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
2017.03.02 Thursday
哀悼 かまやつ氏  戦国自衛隊・根元二等陸士

本日のニュースでかまやつひろし氏が亡くなったとのこと。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

かまやつ氏の音楽について語りたいところではあるのですが

正直に言うと、スパイダーズに関しても私の生前のことで
何一つ気の利いた文章は書けません。
 
 
ただ、どうしてもかまやつ氏の存在を忘れ得ないものはあります。
 
 
 
それは角川映画「戦国自衛隊」(1979年、千葉真一主演)。
  
 
 
陸上自衛隊の一部隊が超常現象で戦国時代にタイムスリップするという冒険活“非”劇。
 
 
現代には戻れないと覚悟した自衛隊員が戦国武将と天下取りの野望に乗り出し、
結果、一人また一人と仲間を失い、最後は“歴史”に葬り去られる...
という胸を熱くする戦闘シーンもさることながら歴史の中の“人間の存在”を
後味悪く語りかけてくれる映画でした。
 
 
戦国時代へ放り出された自衛隊員のほとんどが
意図的に、無理やりに戦闘に駆り立たされていく中
一人、異彩を放つ身の振りをする登場人物がいました。
 
 
それが、かまやつひろし氏の演じた根元二等陸士です。
 
 
長髪で色つきグラサン...こんなので自衛隊員?というビジュアル。
まあ、映画ですし、かまやつさん色を第一に考えましょう。
 
 
この根元二等陸士
ほかの自衛隊員が(再びタイムスリップで現代に戻る前提で)戦国時代での
戦いに身を投じていく中で、彼はなんと戦いから身を引いて仲良くなった農家の子供たちと
暮らすことを選んだのです。
 
 
 
つまり、タイムスリップした“この時代”で生きていくという
ある意味、常軌を逸した選択をする唯一の自衛隊員。
 
 
 
  
他の自衛隊員が出撃が迫り、彼に言います。
「おい、いくぞ!」
 
根元二等陸士
「おれは...ここに(この時代に?)残るよ。」
 
 
 
当然、あきれた他の自衛隊員は根元二等陸士を残して出撃。
   
 
  
結果、死出の出撃となる戦国自衛隊たちを
農家の子供たちを抱いた根元二等陸士が見送るシーンが記憶に残っています。
 
 
冒頭に触れたように自衛隊員、
正確には歴史を変えようと、再び現代へもどろうと戦いに赴いた者たちは
みな死んでしまいました。
戦いを捨て、すべてを受け入れ、今いる時代で生きていくことを選んだ
根元二等陸士ただ一人が生き残ったんです。
(ここもキャラクター描写のせいでしょうか、悩んで悩んで...残る。
という様子ではなく、子供たちと平和に暮らしていたほうがいいから...残るわ...という実に自然体な雰囲気なのです。)
 
 
 
根元二等陸士はその後どうだったのでしょうか?
 
 
 
全滅した他の自衛隊員たちとのコントラストとして、生き残った者の立ち位置。
それでも少年のわたしでさえ「あの人、大丈夫なのかな?いいのかな?」とは思いました。
やはり、“元の時代には戻れない”、うっすらとした無情感・悲壮感を持たざるを得ないんですね。
(現代人の我々は。)
 
 
 
根元二等陸士のその後は当然ながら物語の中では触れられませんが
少年たちと一緒に平和に暮らしていった、と思わざるをえません。
  
 
争いを善しとせず、安穏な生活を選ぶ
根元二等陸士の、まさにそのやさしい人柄がかまやつ氏の人柄そのものだったのでしょう。
 
 
 
 
 
 
そんな唯一無二の登場人物を演じた、かまやつひろし氏が、
私たちの手の届かない世界へ旅たたれました。
 
 
氏の音楽にまつわることを何一つ書けない私ですが
かまやつ氏の存在は形は違えど私の記憶の中に生きています。
 
 
重ねて
かまやつひろし氏のご冥福をお祈りいたします。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.03.01 Wednesday
Overhead Bridge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.02.25 Saturday
Thousand Knives

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

THOUSAND KNIVES OF

 

Ryuichi Sakamoto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.02.24 Friday
PREMIUM FRIDAY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“花金”

でいいんじゃないのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花金を知らない新世代の人はこちらで学んでください。

花金とは

 

 

 

 

 

 

 

| 第七警察 | 捜査日誌 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |