Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2016.11.08 Tuesday
BLACK SWAN

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Natalie Portman in "Black Swan"

  

 

 

 

 

| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.12.23 Wednesday
GREMLiNS








 

約束やルールを守れない人

いうこときかないお子様

 

クリスマスの夜は
ケーキなんか食べてないで
グレムリンを見ましょう。

.








 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.12.18 Friday
STAR WARS THE FORCE AWAKENS






































May The Force Be With You













 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.12.18 Friday
フォースの覚醒
全日本の「スター・ウォーズ」ファンの皆さん、お待たせいたしました。
スター・ウォーズ「フォースの覚醒」

本日、12/18(金)18:30
全国同時一斉上映!!









もちろん見に行きます。
とっくに予約しています。







が、
どうして、
なぜだか、
想像以上に
興奮していないオレ。



















コイツです。






今回の主役ならぬ“主悪”、
カイロ・レン。






コイツが私の肥えた悪役観からいわせてもらえば、





いまだかつてない感情移入できない悪役ヅラなのである。








ダース・ベイダー(EP3〜6)







ダース・モール(EP1)








グリーヴァス将軍(EP3)





軒並みその顔立ちに
冷酷・
極悪・残虐さを秘めた
いかにも良くない極悪人ヅラが
ひしめいていた過去6作品。








この極悪さと裏腹なスター・ウォーズのお約束、
「つええヤツほど、あっけなく死ぬ」
という鉄の掟もまた悪役に並々ならぬ愛着をもたずには
いられないポイントだった。






で、今回のカイロ・レン、





コイツです。






はっきしいって
全然、コワないねん。












クールさ、底知れぬミステリアスさは認める。
J.J.エイブラムスもそういうところを狙ったのかもしれん。









しれんけど、








コワないねん。











もー、正直、







「影の軍団」ですよ。











恐怖・怒り・憎しみ...
暗黒面(ダークサイド)に通づる“何か”が足りない...










それはまさに“眼(力)”。











ダース・ベイダー(EP1〜6)








ダース・モール(EP1)








グリーヴァス将軍(EP3)









やはり過去6作品のイケてる悪役たちには
底知れぬ冷酷さ、非道さ、残虐さをのぞかせる
“眼”の力があった!













コイツ、眼、
ないねん。









魅力的な悪役、
それは映画のストーリーに暗黒面の華を添える
重要なエッセンスなのである。





私にとって、今回のこのカイロ・レンは
現在のところ非常に...非情なくらいに魅力不足。




このモヤモヤ感が新作全体のイメージに覆いかぶさり
果たして期待していいものか、疑心暗鬼な心持ちの今現在、
なのである。









ともあれ、全世界が期待して待った歴史的シリーズの最新作。





楽しみにしていないわけがない!







いち「スター・ウォーズ」ファンとして
心より明日の祭典を楽しもうと思う。





でも




「なんだかイヤな予感がする」




のも事実。






それでは皆さん、本日18:30、
劇場で世紀の一瞬をともに楽しみましょう!







 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.11.20 Friday
ゴジラ











 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.11.18 Wednesday
The Force Awakens













 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.07.20 Monday
Roman Holiday
























 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.05.23 Saturday
Nuovo Cinema Paradiso




 






 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.05.05 Tuesday
The ARTIST





 




















































 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
2013.08.05 Monday
「パシフィック・リム」公開迫る!


この夏一番の話題作!!!!



「パシフィック・リム」!!



ズバリ、「環太平洋地域」!!


...和訳するとなんとも意味不明であるが、古き良き昭和の時代に巨大ロボアニメ、特撮に胸を熱くした、かつて子供だった成人男性が胸を熱くせざるを得ない超大作!




全く興味ないけれど、読み始めてしまった、特に女性の皆さんのために簡単なストーリーを紹介すると、






太平洋の深海から突如出現した"KAIJYU"を倒すために、太平洋に面する主要各国が巨大人型ロボ"イェーガー"を建造し、決戦に挑む!







もう、
ロボ好き、
特撮好きの男子が大好物の
興奮MAXのストーリー!!






監督は、私も大好きな「ヘルボーイ」や、独特すぎてよくわからなかったけど世界観のスゴイ「パンズ・ラビリンス」などで有名な、ギレルモ・デル・トロ監督。





日本の巨大ロボ、怪獣が主役のアニメ・特撮映画へのオマージュ満載だという「パシフィック・リム」!









たとえば、各国のロボ。



ロシア、中国、アメリカ、オーストラリア、日本といった太平洋の主要国がKAIJYUを倒すために開発した人型兵器"イェーガー"
デザインにいまいち腑に落ちない点はさておき、アメリカ人が考えるお国柄を反映したキャラクターのこれらロボたちだけでも胸を熱くさせられる!!





この"各国代表"っていう感覚、





「キン肉マン」的で
大好きです。
(あるいは「聖闘士星矢」的な)








まあ、激闘の中で一機、また一機とやられていくんでしょうけど...。
どれがやられていくのかも、なんとなく予想つくんですけど...。(デザインで...(苦笑))






この次々と、仲間がやられ、哀しみの中で"想い"が高まっていく感覚、(まだ見てないけど決めつけ)






角川映画
「里見八犬伝」的で
大好きです。
(これまた、「聖闘士星矢」的な)











映画を見てませんで、なんですが、"KAIJYUを倒す"ために"巨大ロボでのガチンコバトル"を設定してしまうところが天晴れ。
(それを描きたかったので当然だろうけど。)






それまで対怪獣兵器といえば、忘れられないのが





「ゴジラ」(1984)に登場した
自衛隊「スーパーX」
であろう。



(機体下面にあるジェットファンで飛行します。)





対ゴジラ用の兵器ではなかったが、東京都心で暴れまくるゴジラを倒すために登場した
自衛隊製とは思えないスーパーな機体「スーパーX」




ゴジラに手を焼く首脳陣、なんか手はないのか?
みたいな場面で参謀みたいな人が言うんです。



参謀?「スーパーXです!」

大臣?「すうぱあ えっくすう?」


と、まあ当時、小学生だった私も、大臣?と同じ反応。
通称とはいえ、






「ヤケクソ気味の
だせぇ名前つけてん
じゃねえよ!」



って思いましたもん。「スーパーX」





ところがどっこい、「スーパーX」は強かった。惚れ惚れするほど強かった。




放射能をエネルギーとするゴジラに対して、放射能を吸収する?「カドミウム」を弾頭に搭載した「カドミウム弾」を、照明弾に咆哮するゴジラの口元へ打ち込みまくり、ゴジラの体内から放射能を排除させて、沈黙させたのだった!




そして、




ゴジラの放射能熱線にも
耐えられる装甲!!






ゴジラとガチンコ正面で対峙して、ゴジラの動きを止めることのできた「スーパーX」!
「スーパーX」いっぱい作ったらゴジラに勝てるやん!
小学生の私は歓喜した!




が、




不慮の事故で
復活したゴジラの前で
運悪く故障、あえなく不時着、
ゴジラが倒したビルの下敷き
にされて沈黙。という
あまりにあっけない最期。




盛者必衰、人生の不条理、はたまた
栄光から一転、奈落の底へ。
事を成す事の難しさをまざまざと見せつけられた「スーパーX」の活躍。
忘れない。









話がそれすぎだ。













で、各国の巨大ロボ"イェーガー"なんですが、





アメリカ代表
「ジプシー・デンジャー」!!
(たぶん主役)





KAIJYU KILL COUNT 5!




肉弾戦大得意そうな機体。人類の希望を一身に受け、こいつはやってくれるはず!!









ロシア代表
「チェルノ・アルファ」!!





KAIJYU KILL COUNT 6!




名前からして危険すぎる機体!!何しおうロシア大陸からの使者!ゴツイです!!
パワー、装甲とも最大値の10!!







中国代表
「クリムゾン・タイフーン」!!






KAIJYU KILL COUNT 7!




中国4000年の歴史の結集!! なんと、この機体は3本腕があるらしい!?
カンフューチャー!!










オーストラリア代表
「ストライカー・エウレカ」!!




KAIJYU KILL COUNT 11!



なんと、オージー製の最新鋭機種!!
驚きの怪獣撃破数11!!


主役のピンチを救うのは...コイツしかない?!
なんか、コイツだけ妙にかっこよすぎて腹立つのは私だけ?(笑)















さて、お待ちかね...






気になる我が祖国...






日本の、ジャパンのイェーガーは...!?

















コイツだ!!!!










日本代表





「コヨーテ・タンゴ」!!!















ウソだろ!?
デル・トロ監督!!!!!!

















コヨーテ・タンゴ?!





"端午"っすか?


"丹後"っすか?















オレの祖国ニッポンの
イェーガーがあああああ!!













KAIJYU KILL COUNT 2





驚きの怪獣撃破数"2"て!(泣)








哀しみの我が日本代表「コヨーテ・タンゴ」。
どうやら、初期の旧型のイェーガーという設定らしい。
まあ、ジャパンがイェーガーの礎を...と思えば...ですが...






もはや、デザインや立ち位置が...






コレとか、




コレとかにしか思えん。
















もー見た目からして、三番手キャラやないですか。
ひどいですわ、デル・トロ監督(苦笑)



名前もなんとかしてよ...。「コヨーテ・タンゴ」て。
「ダンス・ウィズ・ウルブス」のほうがまだまし...じゃねー!
とにかく、ひどい!(泣笑)



せめて、パイロットは日本男児の鑑らしい役者であってほしい。
主役機を守るため、身を盾にしてKAIJYUに討たれ散っていく...
そんな運命でも、甘んじて受け止めます。
(そんな気がすごくする。)











ちなみに、この「イェーガー」なる巨大ロボは、基本2人で操縦するらしいです。





この"2人で1つ"的な、融合感覚、






「ウルトラマンA」的で大好きです。
(はたまた、「バロム1」的な)













ともあれ、目が離せない超大作「パシフィック・リム」!!






ここ最近は、ふだんの歩き方が巨大ロボを意識した歩き方になっている私。






日本の巨大ロボ、アニメ、特撮、怪獣映画へのオマージュをふんだんに取り込みつつ、ハリウッドらしくアメリカナイズされた胸沸き踊る映画!
デル・トロ監督も日本のアニメ、怪獣映画に感化されて作ったと公言しているので、ふしぶしで、日本のアニメとか特撮で見たり、感じたりした"アレ"っぽさが飛び出すはず!
とても楽しみです!








必殺技の名前、絶叫!!
間違いないでしょう!!












"パクリ"だとかゴタむかずに、昭和のあの頃のアニメ・特撮が大好きな仲間同士で見に行って、「アレはまさにアレだよね〜」とオマージュ元ネタをワイワイと話して楽しむべし!




| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |