Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
2015.12.18 Friday
フォースの覚醒
全日本の「スター・ウォーズ」ファンの皆さん、お待たせいたしました。
スター・ウォーズ「フォースの覚醒」

本日、12/18(金)18:30
全国同時一斉上映!!









もちろん見に行きます。
とっくに予約しています。







が、
どうして、
なぜだか、
想像以上に
興奮していないオレ。



















コイツです。






今回の主役ならぬ“主悪”、
カイロ・レン。






コイツが私の肥えた悪役観からいわせてもらえば、





いまだかつてない感情移入できない悪役ヅラなのである。








ダース・ベイダー(EP3〜6)







ダース・モール(EP1)








グリーヴァス将軍(EP3)





軒並みその顔立ちに
冷酷・
極悪・残虐さを秘めた
いかにも良くない極悪人ヅラが
ひしめいていた過去6作品。








この極悪さと裏腹なスター・ウォーズのお約束、
「つええヤツほど、あっけなく死ぬ」
という鉄の掟もまた悪役に並々ならぬ愛着をもたずには
いられないポイントだった。






で、今回のカイロ・レン、





コイツです。






はっきしいって
全然、コワないねん。












クールさ、底知れぬミステリアスさは認める。
J.J.エイブラムスもそういうところを狙ったのかもしれん。









しれんけど、








コワないねん。











もー、正直、







「影の軍団」ですよ。











恐怖・怒り・憎しみ...
暗黒面(ダークサイド)に通づる“何か”が足りない...










それはまさに“眼(力)”。











ダース・ベイダー(EP1〜6)








ダース・モール(EP1)








グリーヴァス将軍(EP3)









やはり過去6作品のイケてる悪役たちには
底知れぬ冷酷さ、非道さ、残虐さをのぞかせる
“眼”の力があった!













コイツ、眼、
ないねん。









魅力的な悪役、
それは映画のストーリーに暗黒面の華を添える
重要なエッセンスなのである。





私にとって、今回のこのカイロ・レンは
現在のところ非常に...非情なくらいに魅力不足。




このモヤモヤ感が新作全体のイメージに覆いかぶさり
果たして期待していいものか、疑心暗鬼な心持ちの今現在、
なのである。









ともあれ、全世界が期待して待った歴史的シリーズの最新作。





楽しみにしていないわけがない!







いち「スター・ウォーズ」ファンとして
心より明日の祭典を楽しもうと思う。





でも




「なんだかイヤな予感がする」




のも事実。






それでは皆さん、本日18:30、
劇場で世紀の一瞬をともに楽しみましょう!







 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.11.20 Friday
ゴジラ











 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.11.18 Wednesday
The Force Awakens













 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.07.20 Monday
Roman Holiday
























 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.05.23 Saturday
Nuovo Cinema Paradiso




 






 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.05.05 Tuesday
The ARTIST





 




















































 
| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
2013.08.05 Monday
「パシフィック・リム」公開迫る!


この夏一番の話題作!!!!



「パシフィック・リム」!!



ズバリ、「環太平洋地域」!!


...和訳するとなんとも意味不明であるが、古き良き昭和の時代に巨大ロボアニメ、特撮に胸を熱くした、かつて子供だった成人男性が胸を熱くせざるを得ない超大作!




全く興味ないけれど、読み始めてしまった、特に女性の皆さんのために簡単なストーリーを紹介すると、






太平洋の深海から突如出現した"KAIJYU"を倒すために、太平洋に面する主要各国が巨大人型ロボ"イェーガー"を建造し、決戦に挑む!







もう、
ロボ好き、
特撮好きの男子が大好物の
興奮MAXのストーリー!!






監督は、私も大好きな「ヘルボーイ」や、独特すぎてよくわからなかったけど世界観のスゴイ「パンズ・ラビリンス」などで有名な、ギレルモ・デル・トロ監督。





日本の巨大ロボ、怪獣が主役のアニメ・特撮映画へのオマージュ満載だという「パシフィック・リム」!









たとえば、各国のロボ。



ロシア、中国、アメリカ、オーストラリア、日本といった太平洋の主要国がKAIJYUを倒すために開発した人型兵器"イェーガー"
デザインにいまいち腑に落ちない点はさておき、アメリカ人が考えるお国柄を反映したキャラクターのこれらロボたちだけでも胸を熱くさせられる!!





この"各国代表"っていう感覚、





「キン肉マン」的で
大好きです。
(あるいは「聖闘士星矢」的な)








まあ、激闘の中で一機、また一機とやられていくんでしょうけど...。
どれがやられていくのかも、なんとなく予想つくんですけど...。(デザインで...(苦笑))






この次々と、仲間がやられ、哀しみの中で"想い"が高まっていく感覚、(まだ見てないけど決めつけ)






角川映画
「里見八犬伝」的で
大好きです。
(これまた、「聖闘士星矢」的な)











映画を見てませんで、なんですが、"KAIJYUを倒す"ために"巨大ロボでのガチンコバトル"を設定してしまうところが天晴れ。
(それを描きたかったので当然だろうけど。)






それまで対怪獣兵器といえば、忘れられないのが





「ゴジラ」(1984)に登場した
自衛隊「スーパーX」
であろう。



(機体下面にあるジェットファンで飛行します。)





対ゴジラ用の兵器ではなかったが、東京都心で暴れまくるゴジラを倒すために登場した
自衛隊製とは思えないスーパーな機体「スーパーX」




ゴジラに手を焼く首脳陣、なんか手はないのか?
みたいな場面で参謀みたいな人が言うんです。



参謀?「スーパーXです!」

大臣?「すうぱあ えっくすう?」


と、まあ当時、小学生だった私も、大臣?と同じ反応。
通称とはいえ、






「ヤケクソ気味の
だせぇ名前つけてん
じゃねえよ!」



って思いましたもん。「スーパーX」





ところがどっこい、「スーパーX」は強かった。惚れ惚れするほど強かった。




放射能をエネルギーとするゴジラに対して、放射能を吸収する?「カドミウム」を弾頭に搭載した「カドミウム弾」を、照明弾に咆哮するゴジラの口元へ打ち込みまくり、ゴジラの体内から放射能を排除させて、沈黙させたのだった!




そして、




ゴジラの放射能熱線にも
耐えられる装甲!!






ゴジラとガチンコ正面で対峙して、ゴジラの動きを止めることのできた「スーパーX」!
「スーパーX」いっぱい作ったらゴジラに勝てるやん!
小学生の私は歓喜した!




が、




不慮の事故で
復活したゴジラの前で
運悪く故障、あえなく不時着、
ゴジラが倒したビルの下敷き
にされて沈黙。という
あまりにあっけない最期。




盛者必衰、人生の不条理、はたまた
栄光から一転、奈落の底へ。
事を成す事の難しさをまざまざと見せつけられた「スーパーX」の活躍。
忘れない。









話がそれすぎだ。













で、各国の巨大ロボ"イェーガー"なんですが、





アメリカ代表
「ジプシー・デンジャー」!!
(たぶん主役)





KAIJYU KILL COUNT 5!




肉弾戦大得意そうな機体。人類の希望を一身に受け、こいつはやってくれるはず!!









ロシア代表
「チェルノ・アルファ」!!





KAIJYU KILL COUNT 6!




名前からして危険すぎる機体!!何しおうロシア大陸からの使者!ゴツイです!!
パワー、装甲とも最大値の10!!







中国代表
「クリムゾン・タイフーン」!!






KAIJYU KILL COUNT 7!




中国4000年の歴史の結集!! なんと、この機体は3本腕があるらしい!?
カンフューチャー!!










オーストラリア代表
「ストライカー・エウレカ」!!




KAIJYU KILL COUNT 11!



なんと、オージー製の最新鋭機種!!
驚きの怪獣撃破数11!!


主役のピンチを救うのは...コイツしかない?!
なんか、コイツだけ妙にかっこよすぎて腹立つのは私だけ?(笑)















さて、お待ちかね...






気になる我が祖国...






日本の、ジャパンのイェーガーは...!?

















コイツだ!!!!










日本代表





「コヨーテ・タンゴ」!!!















ウソだろ!?
デル・トロ監督!!!!!!

















コヨーテ・タンゴ?!





"端午"っすか?


"丹後"っすか?















オレの祖国ニッポンの
イェーガーがあああああ!!













KAIJYU KILL COUNT 2





驚きの怪獣撃破数"2"て!(泣)








哀しみの我が日本代表「コヨーテ・タンゴ」。
どうやら、初期の旧型のイェーガーという設定らしい。
まあ、ジャパンがイェーガーの礎を...と思えば...ですが...






もはや、デザインや立ち位置が...






コレとか、




コレとかにしか思えん。
















もー見た目からして、三番手キャラやないですか。
ひどいですわ、デル・トロ監督(苦笑)



名前もなんとかしてよ...。「コヨーテ・タンゴ」て。
「ダンス・ウィズ・ウルブス」のほうがまだまし...じゃねー!
とにかく、ひどい!(泣笑)



せめて、パイロットは日本男児の鑑らしい役者であってほしい。
主役機を守るため、身を盾にしてKAIJYUに討たれ散っていく...
そんな運命でも、甘んじて受け止めます。
(そんな気がすごくする。)











ちなみに、この「イェーガー」なる巨大ロボは、基本2人で操縦するらしいです。





この"2人で1つ"的な、融合感覚、






「ウルトラマンA」的で大好きです。
(はたまた、「バロム1」的な)













ともあれ、目が離せない超大作「パシフィック・リム」!!






ここ最近は、ふだんの歩き方が巨大ロボを意識した歩き方になっている私。






日本の巨大ロボ、アニメ、特撮、怪獣映画へのオマージュをふんだんに取り込みつつ、ハリウッドらしくアメリカナイズされた胸沸き踊る映画!
デル・トロ監督も日本のアニメ、怪獣映画に感化されて作ったと公言しているので、ふしぶしで、日本のアニメとか特撮で見たり、感じたりした"アレ"っぽさが飛び出すはず!
とても楽しみです!








必殺技の名前、絶叫!!
間違いないでしょう!!












"パクリ"だとかゴタむかずに、昭和のあの頃のアニメ・特撮が大好きな仲間同士で見に行って、「アレはまさにアレだよね〜」とオマージュ元ネタをワイワイと話して楽しむべし!




| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
2013.05.09 Thursday
愛、おぼえていますか

昭和の名作アニメ映画「超時空要塞マクロス 愛、おぼえてますか」 
を観た。
















リン・ミンメイ最高!!













美樹本キャラはちょっとダメだったオレも考えをあらためねばならんと思った。













あと、
アイドルは
数(集団)じゃない。
オンリーワンな
絶対的存在で
あるべき。
















愛、おぼえていますか


























| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
2013.02.22 Friday
「情熱のピアニズム」 小さな巨人・ミシェル・ペトルチアーニ
 



フランスのジャズ界を代表するピアニスト、“小さな巨人”ことミシェル・ペトルチアーニ。





若くして世を去ったミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリー映画。





これは観なくては。

「情熱のピアニズム」公式HP





映画公開情報に後押しされて、ようやく購入
「MICHEL PLAYS PETRUCCIANI」




なんといっても名曲「It's A Dance」に尽きます。
オムニバスCDで持っていましたが、この期に及んでは
オリジナルを買わずしてなんとするか。




地元での映画公開は若干先ですが、今から待ち遠しいです。





| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
2012.06.11 Monday
2(つう)な話 愛すべき続編

こんばんは、ムービー刑事です。




映画にはつきもの(?)なのが、続編、“2”(以降)。





「スター・ウォーズ」や最近(?)では「マトリックス」、「ロード・オブ・ザ・リング」など
最初から続編ありきの大作映画もありますが、大半はそうでもないことが多いと思う。





多くの続編がやはり、“1”のヒット、という実績のもと作られているといってもいいだろう。





“2”




ヒットした“1”の世界観を引き継ぎ、さらなるスケールの膨らみや趣向を凝らした内容で
“1”以上のヒットとなる作品。




はたまた、




“1”のヒットで調子こいて“あー、やっちまったなー”





というケースがあると思う。






今回はムービー刑事の独断と偏見で愛すべき名作映画の“続編”を語りたいと思う。
(お願いだから、熱烈なファンの方々、本気のレスはやめてほしい(笑))





いうても、







“2”って“1”よりオモろくて、
ナンボだろうが!!









そんな期待に見事応える、不朽の傑作、コレ!!









「エイリアン2」



「ターミネーター2」



「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」





ムービー刑事がハズせない“2”はもう、



今度は戦争だ!



の屈指の名コピーが超有名な「エイリアン2」。
今の映画、こういう名コピーがないんだよなあ。



スペースSFホラーの金字塔「エイリアン」を、一転、バトルムービーに仕立て上げた名作!
未知の異生物VS科学兵器という構図もたまらんのだが、エイリアンと宇宙海兵隊との
あくまで至近距離、ガチの肉弾戦!そして忍び寄るエイリアン...とスリル満点!
何べん見てもいいです。
主人公たちが立てこもる司令室で、ドアを溶接して封鎖して待ち構えていると、
センサーに近づいてくるエイリアンたちの反応が!

10メートル、5メートル...「おい!もう部屋の中だぞ...(焦)!!」(なぜだ...!?)

ああ、たまらない!!


しかし、残念ながら、そのさらなる続編“3”、“4”はクソつまらんかった。
“2”の高揚感をそのままに期待度マックスで見たものの、何も得るものはなかった。
“3”は“2”でアンドロイドを好演したランス・ヘンリクセン(名前間違っていたら失礼ながら、すいません)を無理やり登場させ、「あのアンドロイドのモデルは私だ。」って、どこに自分とクリソツのアンドロイドを大量生産するヤツがおるねん!ともう、つっこみどころ満点のトホホ設定。


というよりも、露出過多になったエイリアンに“恐怖心”を抱けなくなった、というのが一番の誤算(?)だったのかもしれない。









そして、いまさらながらの「ターミネーター2」、通称“T2”



監督は、「エイリアン2」と同じ、ジェームズ・キャメロン。
もう、ジェームズ・キャメロンは“2”の巨匠ですね、ホント。


なんつっても、衝撃だったのが"液体金属"という、メカニカル感とモンスター感を共有する
悪役ターミネーター“T1000”。
その能力がわかっていても、次はどうくるか?ドキドキの展開、たまりませんな。


残念ながら、そのさらなる続編“T3”は劇場で見たけど、クソつまらんかった。
最大の敗因(?)は女ターミネーターのお色気シーンが皆無。コレにつきる。










で、“1”からの続編のフリを引っ張って引っ張って公開された
「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」



コイツだけは“2”じゃなくて、“PART2”なんだよな。



単純におもしろいよな!
タイムスリップものの醍醐味を痛快に見せてくれた!イイ!


残念ながら、そのさらなる続編“PART3”は、クソつまらんかった。
西部開拓時代までの拡張は余計だったんじゃなだろうか?(日本人だから?)
“3部作”にこだわりすぎた感がある。
撮影も“2”と同時進行だったらしいけど、ムービー刑事としては残念な尻切れ感を多分に感じたのだった。







“2”として、ギリギリ、イケていた、




「ロボコップ2」




アメリカらしい、不幸な生い立ちのヒーローを地でいく「ロボコップ」の続編。




“1”はロボコップの苦悩と、街の平和を守るための戦いを(比較的)クールに描いていたが、“2”では敵役の“ロボコップ2号”やバラエティーに富んだギャングの面々のせいもあって、展開が妙に小気味よくなってしまった感がある。もう少しクールさを残してほしかった。
それでも“ロボコップ2号”のデザインやバトルシーンはなかなかみもの。
CG技術そこそこのこの作品では“ロボコップ2号”はミニチュアのコマ送りでその動きを再現しているのだ。泣けるぜ!


残念さに拍車がかかり、もはや痛々しいのが続編“ロボコップ3”。
まず、シリアスさが皆無。
なんだか設定が軽い。
悪役に負の感情移入ができない。コレはヒーローものとしては致命的!
敵の忍者ロボも、クライマックスに出てくるにしては情けないくらいの体たらく(泣)
ガッカリだよ...。







「グレムリン2」



邦題サブタイトルは確か“新種誕生”


続編らしいサブタイトルだ。


“1”ではギズモの極悪版=グレムリンが基本1形態だったのが、この“2”ではいろいろなバリエーションで登場。
まあ、それはそれとして、それ以上のものもなく、倒す相手のキャラクターバリエーション(目先)が増えただけって感じで、基本的展開は“1”と同じ(苦笑)
数を増やすよりも、先のT2のように極悪度を割り増ししたさらなる強敵ってほうが断然いいな。

だから、最近のガンダムや仮面ライダーもムービー刑事はダメなんだな(笑)










さて、












あんなに興奮した“1”が、







なんでこうなる?という“2”、








それが、










「プレデター2」




ジャングルに潜入した特殊部隊に、見えない敵“プレデター”が襲いかかる―!!




アーノルド・シュワルツェネッガーをはじめとした歴戦の傭兵たちを一人一人と葬り去っていく、ジャングルに潜む謎の敵。



エイリアン目線のサーモグラフィー画像もあいまって、誰もが“見えない敵・プレデター”の存在に心臓の鼓動を高めたはず。



そして、最後の最後にようやく正体を現した、そのまがまがしい姿。



「プレデター」はテレビ放送をビデオに録画し、保存版にして何度も見たものだ。



地球上で映画...いや栄華を極める人類、その中でも死線をくぐりぬけてきた歴戦の傭兵達をまるで狩のように次々としとめていくエイリアン。
動物達を狩っていた人類が、ここでは一方的に狩られるの立場に。



徐々に追い詰められていく切迫感と、プレデターの存在がいつ明らかになるのか?というスリルがたまらない「プレデター」だった。





が、





もう、プレデターの正体が
バレバレの“2”に
ドキドキもスリルも
あったもんじゃない。




全ての敗因はそれ。





プレデターのキャラクターも然り、やられる側のやられ方(方法ではなく)も、もう見当がついちゃってるから、もうドキドキもなにもない、恐怖感もない、単なる予定調和。
それなりに期待して見たけど、もう前半から「なんだかなあ。」の疑問符が(苦笑)
クライマックスのバトルも、ラストのオチ(?)も含めて、









高揚感ゼロ。







もう、「ゼロがいい ゼロになろう」ってB'zの「ZERO」の歌詞が思い浮かぶくらい。
(B'zファンの皆さん、引き合いに出してすいません。)














90~00年代の"2"ってのは、80年代の"1"からのインターバルもあって、すなわち映像技術の進化も手伝って、それも"おもしろさの増幅"につながっていたとは思うんだけど、CG全盛の最近の映画の続編はわりと早く見られるようになっているから、あんまり新鮮味がないんだなあ。








ドキドキする続編、いいよな。

| 第七警察 | ムービー刑事の試写室 | 22:41 | comments(0) | - |